ヒヨドリ攻防

b0008825_22183878.jpg
 朝窓を開けると、決まってピーと鳴き声を挙げてヒヨドリが庭木から飛び去る。
 最近、ヒヨドリ被害の話題やニュースが目立つ。
 我が家でも、家庭菜園のキャベツが見る影もなく食べられ、残していた温州みかんもいつの間にか無くなってしまい、綺麗に咲いていた蝋梅の花も無残に食いちぎられている。

b0008825_22362748.jpgb0008825_22363964.jpg


無残なキャベツ





 我が家は街中だからヒヨドリの被害で済んでいるが、山に近い農家ではヒヨドリに猪・猿の被害も加わり、死活問題になっている。
 畑の雑草を食べてくれれば大歓迎であるが、キャベツ・ブロッコリー・ほうれん草以外には目もくれない。
 そのうち日本は、野獣・野鳥の楽園、鳥獣王国になるのでは?

 ヒヨドリは、日本のほか朝鮮半島南部、台湾、フィリピン北部以外には生息していないので、主に国内で移動しているようだ。 その証拠に津軽海峡や関門海峡を渡るヒヨドリの大群が観察されている。
 人里で食べ物を漁っているのは、山にヒヨドリの餌が少ないのか、あるいは北から南下してきたヒヨドリが山に入れなくて、里に餌場を求めているのか何れかだろうと思われるが、よく分からない。

 ヒヨドリを見ると、子供の頃、裏山に木の枝をバネにした手製の罠を仕掛けて、よくヒヨドリを捕獲していたのを思い出す。
 当時は極度の食糧難でましてや鳥肉なんて貴重品だったから、罠で捕獲したヒヨドリを持ち帰るのが子供ながらに自慢だった。
 今、こっそりこの手製の罠を仕掛ければ、毎日美味しい鳥鍋が出来るのだが・・・と冗談話をしたところ、ヒエ^~食べられるの~?気持ち悪~い、と返ってきた。
 このような人は、自給自足の時代になれば、真っ先に飢え死にするだろう。
[PR]
by matutaka31 | 2011-02-05 22:31 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14866664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2011-02-06 21:09
ヒヨドリ、名前だけ聞けば可愛いのですが、ロウバイまで食べるのですか。
ヒヨドリは食べたことありませんが、スズメは四国ではつい最近まで食べていました。
今でも、焼き鳥屋では食べさせているかも知れません。
Commented by matutaka31 at 2011-02-06 22:31
dojyou38さん
地面に黄色い花びらが落ちていますので、多分花の蜜を吸っているのではないかと思います。
椿の花の蜜を吸っているのをよく見かけますので。
ヒヨドリは、スズメより肉も多いし、良い出汁が出ますよ。(^。^)
Commented by hiro at 2011-02-07 05:21 x
鳥が増えているような気がします。自然保護団体は喜ぶでしょうが、鳥の被害も度を越すと、何とかせにゃならん。
カラスだけは絶滅してもいいと思うが、なかなかしぶとい~
Commented by hibochan at 2011-02-07 07:39 x
我が家周辺でもヒヨドリが王者
軒先に餌を置いておきますがどこからとも現れ小鳥を追い散らします。
枇杷 柿などの実は 食べつくし今もとり残したユズまでも格好の餌になってます。
Commented by ippu at 2011-02-07 08:28 x
≪ヒヨドリ攻防≫
わが家でも被害に遭っています。
キンカンは食べられてしまいますし、女房が買ってきたばかりの鉢植えのピンクの花びらもついばまれてしまいました。
Commented by matutaka31 at 2011-02-07 09:05
hiro さん
カラスは電柱や木にとまって様子を見ながら、隙を狙って「悪さ」をする
ずる賢さが嫌いです。
時には、人を覚えていて攻撃してくることもある嫌なやつ。
Commented by matutaka31 at 2011-02-07 09:09
hibochan さん
我が家より大分被害が大きいようですね。
柚子までも・・・深刻ですね。
山が荒れているのが、最大の原因でしょうね。
Commented by matutaka31 at 2011-02-07 09:14
ippu さん
我が家の金柑は、今のところ無事ですが、そのうち狙われるでしょう。
防御は最大の武器と言いますが、空から来るやつは、防ぎようがありません。
このままだと、年々野鳥の被害が大きくなるでしょう。
Commented by taminamikawa1 at 2011-02-07 21:11
ヒヨドリは花の蜜や昆虫等をエサにしていることは
知っていましたが、キャベツ等も食べつくすとは、
驚きです。
スズメやカラスは別にして、小鳥は森に住んでいるのが
普通ですが、森にエサが少ないために里に下りて来るんでしょうね。
こうなると小鳥もまさに鳥害で、対策が急がれますね。
人間とヒヨドリの知恵比べです。
Commented by matutaka31 at 2011-02-07 22:06
taminamikawa1さん
街中に住んでいると気がつきませんが、市周辺の山に近いところでは
、カラス・カササギ・スズメ・ヒヨドリ等の鳥害、猪・猿等の獣害がひどいですね。
防鳥ネットを張ったり、電気牧作柵を設置したり・・・収入の少ない小規模農家にとっては深刻な問題です。


<< 産地直送 福岡市原爆被害者の会 >>