オーケストラ

 先日本当に久しぶりにオーケストラの演奏会に行った。
 最近クラシック音楽を聴くことは、テレビで見る以外、めっきりと言うよりほとんどなくなっていたので、最後に行った演奏会は何時だったか思い出せない程久しぶりの演奏会だった。

b0008825_11205424.jpg

「フィルハーモニア福岡」の創立10周年記念演奏会。
演奏曲目:  モーツワルト交響曲第36番「リンツ」
         ハイドン交響曲第94番「驚愕」
         ベートベン交響曲第5番「運命」
会場:アクロス福岡 シンフォニーホール
         固定席1,867席が満席の盛況


 若い頃はよく演奏会に出かけもし、レコードを買っては家で聴いたりしたものだが、今ではアウトドアー中心の生活のためか、すっかりクラシック音楽とは縁がなくなりレコードもプレーヤーも処分してしまった。
 でもアウトドアー活動が鈍るこの時期や梅雨時等、思い出したようにクラシックを聴きたくなりテレビ演奏を見ることがある。
 最近街中で演奏会の広告を見たり話を聞く度に、生の演奏会に行ってみたい思いが募っていた所に、ふとしたきっかけでその機会に恵まれた。
 「フィルハーモニア福岡」は創立10年の若いオーケストラで、料金も全席自由席で千円と手頃で、しかも直前でもチケットが手に入る演奏会だったのが、私みたいな素人でも気軽に入場できる機会に恵まれたというわけ。

 私はクラシック音楽を批評するような知識も何もないが、演奏を聴いていると、自分が勝手に想像する世界に引き込まれ、現実の生活を忘れてしまう、・・・そんな不思議な魅力を感じる。
 日頃は自然相手の趣味に明け暮れしている人間だが、たまには音楽の世界で命の洗濯をするのも悪くないと思えた演奏会であった。
 またの機会が楽しみだ。

[PR]
by matutaka31 | 2011-02-14 23:01 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14914921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2011-02-15 14:09
音痴の私は招待券を貰ったとき以外は演奏会に行ったことがありません。
でも、何にも分からないのにクラシックを聞くのが好きです。
テレビの演奏会番組(主にNHK) はいつもBGM代わりに掛けています。
クラシックは不思議なもので分からなくても心が癒されます。
Commented by matutaka31 at 2011-02-15 18:39
dojyou38さん
私も何も分からないのですが、ただ聴くのは好きなんです。
クラシックには、心地よい旋律のせいか自然と引き込まれる、不思議な魅力がありますね。
Commented by hibochan at 2011-02-16 07:11 x
市内に最高級のホールがありますが
オーケストラの経験なし
でも車のむCDには クラッシックがとりこんであります。
もっぱら孫のピアノ発表会
たまにプロのコンサートです。
Commented by ippu at 2011-02-16 09:11 x
≪・・・最後に行った演奏会は何時だったか思い出せない程久しぶりの演奏会だった≫
恥ずかしながら、この歳になってまだ1度もクラシックの演奏会場へ行ったことはありません。
Commented by matutaka31 at 2011-02-16 09:42
hibochan さん
お孫さんのピアノ演奏を聴くのは楽しいでしょう。
私は孫のダンスのビデオを見せられています。
Commented by matutaka31 at 2011-02-16 09:46
ippu さん
人夫々好みの分野がありますので、・・・。
音楽は、歌謡曲であれ、民謡であれ、クラシックであれ、人の心を
和ませてくれる不思議な魅力がありますね。
日ごろは、もっぱら演歌です。
Commented by yyyanoy at 2011-02-16 21:35
matutakaさんは音楽もくわしいんですよね。
千円でアクロスなんてしんじられません。
福岡のアクロスで演じてみたいという演奏家や歌い手が多いときいております。
わたしは全く音痴でよくわかりませんがバイオリンや歌い手のコンサートにいきましたがたしかに音響はいいとおもいました。自分なりに解釈していい気分でした。

ところでお体はなおりましたか?
Commented by taminamikawa1 at 2011-02-16 21:57 x
音楽には全く疎いので、学生時代に習った事を思い出しながら、コメントしています。
クラシックと言えば、古典音楽・交響曲?
作曲家で言えば、ベートベン、モーツアルト、シューベルト、バッハ、ショパン、シュトラウス等ですかね。
私もアウトドア派なので、文化芸術には縁遠いですが、
たまには、オーケストラに耳を傾けるのも良しですね。
また、必要かも・・・。
Commented by matutaka31 at 2011-02-17 09:22
yyyanoyさん
音楽が詳しいなんていうもんじゃなく、聴いているうち、勝手に自分の想像の世界に入るだけです。(^^♪
シンフォニーホールの音響効果が、そうさせるのかも知れませんね。
≪ところでお体はなおりましたか?≫
有難うございます。
あまり進化していない野生に近い体質のようで、まだ自然治癒能力が
残っていたようです。
Commented by matutaka31 at 2011-02-17 09:28
taminamikawa1 さん
自然の中に浸っているときは、俗世間のことが脳裏から消え去る
素晴らしい世界が開けます。
それと同じように、私の場合、コンサートホールという密室の中で、
自分勝手に、アウトドアと異なる想像の世界を作って楽しんでいます。
Commented by maimai at 2011-02-20 10:39 x
昭和40年代まだレコードが主流の頃クラシック、バロック音楽の限定版レコードを求め、真空管アンプのキットを組み立て、ボーナスが出るたび好きな音のスピーカーを1個づつ買い大きなスピーカーを完成させ楽しんだものですが、CDが主流の現在クラシック熱も冷めましたがオーケストラの生演奏は格別ですね。
Commented by matutaka31 at 2011-02-20 17:18
maimai さん
≪空管アンプのキットを組み立て、・・・大きなスピーカーを完成させ≫
かなりボルテージが上がった時期があったようですね。
それ程、音楽には人を夢中にさせる魅力がありますね。
私も若い頃、スピーカーがだんだん大きいものになり、
ついに粗大ゴミに・・・なんてこともありました。(^。^)


<< 日本一周の旅 血管年齢 >>