空豆の手入れと春ジャガイモの植え付け

 ここ2~3日の陽気で、家庭菜園の作業が急に気ぜわしくなってきた。
 一番乗りは空豆の手入れ
 これまでじっと寒さに耐えて来た空豆が、一気に生長し始めたからだ。
 株の分けつも順調で、多いのは既に10本の側枝が出て、平均すると8本くらいになって日に日に伸びる勢い。
 この時期に必要な手入れは、追肥と土寄せ。

b0008825_21262848.jpg


 追肥は化成肥料(窒素8:燐酸8:加里8)を株周り施した。
 土寄せするのは、根元をしっかり支えて倒伏を防ぐのと、側枝に広がりをもたせて日照と風通しを良くして頑丈に育てる狙いがある。




次は春ジャガイモの植え付け
 この辺ではバレンタインデー前後が春ジャガイモ植え付けの適期とされている。
 しかし今年は寒さが厳しかったので、芽が出た後の遅霜の被害の恐れがあるので、何時もより10日ほど遅らせた。
b0008825_21312321.jpg
 植えた品種は男爵・メークイン・キタアカリ・ベニアカリの4品種。
 大きい根芋は3個に、中くらいのものは2個に夫々切り割りして、腐敗防止のため切り口に木灰をつけ、1日乾 燥させた。
 種ジャガイモは切り口を横乃至上に向けて植える。(ものの本には、切り口を下にして芽を上にして植えると書いてある)



 あれこれ品種を植えるのは、品種の違いを見る楽しみがあるから。
 昔はジャガイモと言えば男爵とメークインであったが、最近いろんな品種が出回り、夫々に収量・味に特徴があるので、夫々の違いをそれとなく比べてみる楽しさがある。
 家庭菜園ならではの楽しみとでも言おうか。

[PR]
by matutaka31 | 2011-02-22 22:03 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14955852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ippu at 2011-02-23 07:11 x
おはようございます。
≪空豆の手入れと春ジャガイモの植え付け≫
家庭菜園を楽しんでいる人は多いようですね。
私の弟や従兄妹たちもやっていますが私は・・・です。
Commented by hibochan at 2011-02-23 07:42 x
我が家でも先日種芋購入
暖かくなったらと思ってます。
只今もっぱら山で藤ツルの整理や下草刈 桜も3-5年目今年は 開花するか楽しみ
Commented by matutaka31 at 2011-02-23 09:29
ippu さん
手前味噌ですが、・・・
家庭菜園には、体を動かして野菜を作る楽しさ、成長する姿を見守る楽しみ、それに収穫の喜びがあります。
Commented by matutaka31 at 2011-02-23 09:36
hibochan さん
我が家の桜の蕾が、少し膨らんできました。
近所の河津桜は3部咲きになっています。
今日も日中、13℃くらいになりそうです。
Commented by hiro at 2011-02-24 11:36 x
家庭菜園いいですね! 母はやっていましたが、父は全くやりませんでした。
私は爺さんから仕込まれましたので、知識はそこそこに?
やりたい気持ちはあるのですが、怠け者になりました。講釈だけ~~
Commented by dojyou38 at 2011-02-24 16:15
これから忙しくなりますね。 
でも、一雨ごとの生長が何よりも慰めになるでしょう。
最近は馬鈴薯も種類が多いのですね。
主夫見習いで買い物に行ってますが、
煮崩れしないメークイーンばかり買っています。

Commented by matutaka31 at 2011-02-24 18:27
hiroさん
安心・安全・安価それに新鮮・・・と、ありったけの言葉を並べて
自己満足の日々です。
時には諸手を挙げて、白旗を揚げたくなる時もありますけど。(^。^)
Commented by matutaka31 at 2011-02-24 18:35
dojyou38さん
最近人気の「キタアカリ」は、煮崩れも少なく味もいいですよ。
一度試食されてはいかがですか。
一雨ごとの成長を見るのは本当に楽しいですが、同時に雑草の生長も
勢いを増しますので、忙しさが倍増です。
Commented by taminamikawa1 at 2011-02-24 22:43
野菜の植え付けから手入れ等、時期・成長・タイミング等、スケジュールに合せてやらなければならないですね。
手を加えた分だけ、収穫の喜びも大きいですね。
Commented by matutaka31 at 2011-02-25 14:09
taminamikawa1さん
昔から“農家にボケ老人はいない”とよく言われますが、毎年季節の
タイミングを逃さないように、作付けや収穫のをやらなければ
ならなかったためと思います。
私もあやかりたいと願っています。


<< 菜の花畑がなくなった 都市高ウォーキング >>