健康ウォーキング

 昨日(27日)、地元公民館主催の史跡めぐりウォーキング大会に参加した。
 コースは元岡公民館→飯氏二塚古墳→舟つなぎ石→三界万霊塔→兜塚古墳→飯石神社→丸隈山古墳→伊覩神社→公民館の約8km。
 コースの案内役は、西区よかとこ案内人の松本昭紀・川島貞雄両氏。
b0008825_22162921.jpg
出発前、案内人の説明を聞く参加者

 コースに選ばれたこの福岡市西区周船寺一帯は、「魏志倭人伝」に記される古代国家「伊都国」が栄えた地の一部と伝えられ、遺跡の多い地区である。 (伊都国は現在の福岡県糸島市前原を中心に近隣の二丈町、志摩町、福岡市西区の一部まで含む糸島地方に存在したと考えられている)

 史跡・遺跡めぐりのウォーキングは、その存在を漠然と知っていても詳しいことはほとんど知らないので、案内人なしでは味気ないものになってしまう。
 案内人の簡潔な巧みな説明で変化に富んだウォーキングになり、これまで知らなかった地元の史跡・遺跡を改めて知る機会となった。

 飯石神社で案内人がこの神社の由来を説明した際、古事記の面白い一面を説明された。
 <一部引用>
「イザナギは黄泉の国の穢れを落とすため、禊を行い、左目を洗ったときに天照大御神(アマテラスオオミカミ)、右目を洗ったときに月読命(ツクヨミノミコト)、鼻を洗ったときに須佐之男命(スサノオノミコト)を産む。
これら三神は三貴子(みはしらのうずのみこ)と呼ばれ、神々の中で重要な位置をしめるのだが、月読命に関してはその誕生後の記述が一切ない。」

私は古事記をまともに読んだことがないのでそのうち読んでみようと思うが、果たして読み続ける気力が残っているかどうか?

 私がこれまで知らなかった遺跡を紹介しよう。
 b0008825_22155673.jpg 
<飯氏二塚古墳>
6世紀初頭~前半にかけて築かれた前方後円墳で、国指定。墳丘の大きさは全長約48m、高さ約5m、前方部の幅は約33mと推定されている。

  飯氏二塚古墳の説明に聞き入る参加者




b0008825_2232164.jpg

<舟つなぎ石>
昔、この辺まで海だったため、船を繋いだ石との言い伝えがある。別名夫婦岩とも言われている。
高さ約1,9m、幅約80cm、厚さ約60cm




b0008825_22395153.jpg

<三界万霊塔>
 江戸時代中期、享保17年(1732年)「享保の大飢饉」で、多くの農民が飢えに苦しみ多数の餓死者が出たという。
 福岡藩は救援米の放出をしたが、米倉に辿り着くまでに倒れた人が多かったと言う。
 その人達を供養するために村人が建てたと言い伝えられている。

b0008825_10205975.jpg    <兜塚古墳>
 5世紀後半に築かれた前方後円墳で、国指定。墳丘の大きさは全長約53m、後円部の高さ約6m、径約43m。
 後円部の頂上付近から平安時代の経筒が発見されており、高さ41cm、直径10cm、2枚の銅版を合わせて作られており、全国的にも類例が少ないという。
 古墳の説明に聞き入る参加者
[PR]
by matutaka31 | 2011-02-28 22:54 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/14986490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2011-03-01 18:00 x
壮大な時間とともに歩いた、楽しそうなウォーキングですね\(^0^)/

私も、20代の時、「古事記」を読んで感動したことを思い出します。
「神は、生理的なことをするだけで、何かを成し得てしまう…すごい」
詳しくは忘れましたが、そのこころの感触が忘れられません。

由緒ある地に お住まいですね~
Commented by matutaka31 at 2011-03-01 21:05 x
よこはまTさん
奇想天外な神話の世界は面白いですが、史実を覚えるのは苦手です。
この地区は伊都国があった場所だけに、大小の遺跡がたくさんありますが、日頃の生活には馴染みがうすいですね。
Commented by taminamikawa1 at 2011-03-01 22:18
伊都国には5世紀頃からの歴史や古墳等が残っているんですね。
加齢と共に温故知新で古いことにも関心がありますね。
ウォーキングしながら、学べるのは最高の健康法です。
よかとこ案内人制度はいいですね。
Commented by hiro at 2011-03-01 23:24 x
もう木々がみどりになっていますね。ウォーキング兼史跡めぐり。
私も好きです。8キロはちょっと長いですが、ゆっくりならOKですね。
何故か後ろになるんですね~ ノンビリしてるのかな! 
Commented by hibochan at 2011-03-02 07:47 x
歴史探訪
土地土地に解らぬ名所があるものです
ウォーキングを兼ね解き明かすのは 楽しいことと思います。
Commented by matutaka31 at 2011-03-02 09:55
taminamikawa1さん
よかとこ案内人の皆さんは、博学で話も上手です。
歩きが主なのか、歴史を学ぶのが主なのか・・・、そんなウォーキング
でしたが、お陰で楽しめました。
Commented by matutaka31 at 2011-03-02 09:59
hiroさん
あちこち景色を楽しんだり、看板の説明を読んだり、案内人の説明を聞いたり・・・そうこうしているとどうしても後ろになってしまいますね。
実は私もそうなんです。
Commented by matutaka31 at 2011-03-02 10:11
hibochan さん
一人で歴史探訪をしない私は、このような機会に便乗して学んでいます。
これまで見過ごしていたことの多いのに、少し恥ずかしくなります。
Commented by ヒロピー at 2011-03-02 13:43 x
マツタカさん こんにちは 以前読んで夢中になった本を紹介します。作者は忘れましたが (消された覇王)だったと思います
消されたとは スサノオのミコト です。いい本でした。
図書館で借りました。
Commented by yyyanoy at 2011-03-02 20:33
いったい何歩あるいたんでしょう?
もうどのあたりまでいらしたんでしょうか・
いい催しですね、うらやましい地域活動です。
Commented by dojyou38 at 2011-03-03 23:34
私も西区よかとこ案内人の説明を聞きながら何箇所か歩きましたが、
周船寺地区はまだ歩いたことがありません。
次、機会があったら参加してみたいと思います。
Commented by matutaka31 at 2011-03-04 11:13
ヒロピー さん
お久しぶりです。
「消された覇王」「スサノオのミコト」をキーワードにして、探してみます。
面白そうですね。
神話は奇想天外な点が面白いので、是非読んでみましょう。 
有難うございました。
Commented by matutaka31 at 2011-03-04 11:20
yyyanoyさん
この日は、約19,000歩あるいていました。
ウォーキングが終わった後、公民館で「おしるこ」が振舞われましたが、
美味しかったので2杯もいただきました。\(^o^)/
Commented by matutaka31 at 2011-03-04 11:27
dojyou38さん
公民館主催は年2回だと思います。
面白そうな企画がありましたら、ご案内しましょう。
周船寺は、その昔「主船司」と書いたそうで、内外の交易の場所だったと想定されるだけに、いろんな史実があるようです。
私は残念ながら、音痴ですけど・・・。


<< 米子市から羽合に向かって歩いています 土筆採り >>