雑草のイメージ

 「雑草」という言葉の響きは、人夫々異なるようだ。
 園芸や家庭菜園に携わる私にとっては、厄介者・邪魔者のイメージが強い。
 こじんまりした庭に花を育てたり、猫の額みたいな土地で家庭菜園家を楽しむ者にとって雑草は、まさに厄介者である。
 b0008825_10211581.jpg

 ちょっと手を抜くと、雑草に覆われてしまって、そこの主の不精・無頓着振りを象徴するかのような有様になってしまう。
 だから気温が上がるこの時期から、わが家庭菜園では雑草とのシーソーゲームが始まる
 取った草は、空いたところに穴を掘り土に埋め、有機質の有効活用を図る。 
 

 
 ところが、「雑草も生えないところに、いい花やいい野菜が出来るわけがない」とする見方だ。
 だとすれば雑草が繁茂することは、花や野菜の生育条件が整っていることに違いないので、雑草の茂り具合が作物の生長のバロメーターになるとの見方も出来る。共存共栄論だ。

 もっと好意的なイメージがある。
 「雑草魂」、「草の根運動」、「雑草の歌」等々、踏みにじられても、踏みにじられてもどっこい生きている・・・。
 あるいは、大地にしっかり根を張って、天に向かって勢いよく立ち上がる・・・のような人生の応援歌的なイメージである。
 また、道端の名もない可憐な花を愛でたり、詠ったり・・・癒しの言葉の数々。
 むしろこのような好意的なイメージが、園芸・農業を営む人以外は一般的なのかも知れない。

こうした善悪のイメージを吹き飛ばすようなエピソードでこの稿を締めくくろう。
 ある日のこと、側近が「ここから先は雑草です。」と昭和天皇に申し上げたところ、天皇は「雑草という草はない。それぞれに名前がある。」と答えられたという。
[PR]
by matutaka31 | 2011-03-09 10:41 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15027967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2011-03-09 11:32
私も昭和天皇の言葉、聴いたことがあります。
でも、家庭菜園するものにとっては、厄介この上ないですね。
こらから暫く、それこそ雑草魂との競争ですね。 
負けないで頑張ってください。
Commented by matutaka31 at 2011-03-09 20:34
dojyou38さん
昭和天皇のお言葉、研究者らしい微笑ましい話ですね。
本当にこれからしばらくは、雑草との闘いです。
今年こそ、芽が小さいうちに退治しようと思っているのですが・・・。
Commented by hibochan at 2011-03-10 07:21 x
雑草
そこまで考えがいきつくほど仙人では ありません
とにかく草取りが大変
でも収穫時には 忘れてしまいます。
暖かくなりました そろそろ出番
Commented by ippu at 2011-03-10 08:51 x
特に手を掛けなくても旺盛に繁殖する力は素晴らしいですね。
以前私は、庭に美しく咲いた「ニワゼキショウ」と「カタバミ」の花をブログに載せたことがあります。
Commented by ジジイno at 2011-03-10 10:07 x
dojyou38様のブログに、貴殿のコメントがありましたので、これから訪問させて頂きます。
Commented by matutaka31 at 2011-03-10 13:54
hibochan さん
おっしゃるとおり、収穫時になると、それまで苦労したくさとりのことは
綺麗さっぱり忘れてしまっています。不思議ですね。

今朝、NHKの「あさいち」で水戸の偕楽園を紹介していました。
世界第2位の公園だと。
ちなみに1位はニューヨークのセントラルパークだと。 
Commented by matutaka31 at 2011-03-10 14:00
ippu さん
猛烈に繁殖力が強いもの(ドクダミ、スギナ、ヨモギ等)は、薬草として
人間のお役にたっているのですね。
私は草取りをするとき、これが薬になるようになれば誰かがせっせと
とってくれるのではないかと、つまらぬ空想をしています。(^。^)
Commented by matutaka31 at 2011-03-10 14:03
ジジイno さん
お立ち寄りいただき、有難うございます。
どうぞこれからも、お気軽にお立ち寄りください。
お待ちしています。
Commented by taminamikawa1 at 2011-03-10 16:43
確かに家庭菜園者に限らず、専業農家にとっても雑草対策には頭を痛めておられます。
手っ取り早く、農薬を撒いて雑草を取り除きますが、農薬は体によくないと言うことで躊躇する人もいます。
また逆に無農薬野菜栽培者の中には雑草の間に野菜を栽培している人もいますね。
どちらにしても二律背反になり、ハムレットの心境になりますね。
正直、雑草は困りますが本音です。
Commented by matutaka31 at 2011-03-10 21:43
taminamikawa1さん
やはりどう考えても、雑草は嫌われ者ですね。
家庭菜園愛好家にとって最大の悩みは、除草剤を使えない雑草対策
です。
専業農家は、トラックターで一気に鋤きこみ、その後はマルチで雑草を
抑えているようです。


<< 新装成ったJR博多駅の元駅長さん 家庭用品の危険、世界共通マーク... >>