心を心遣いに、思いを思い遣りに

b0008825_2120159.jpg
「心」は誰にも見えない。けれど「心遣い」は見える。
「思い」は見えない。けれど「思いやり」は誰にでも見える。


これはAC公共広告機構のCMである。
 この時期、このCMが私の胸を打つ。

 東北関東大震災そして福島原発事故から、間もなく1週間を過ぎようとしている。
 刻々と報道される被災地の模様に胸が痛む毎日。それに追い討ちをかけている原発事故による放射線被曝の恐怖。

 被災地の壊れた建物と被災者の姿は、16年前現地で目の当たりにした震災直後の神戸の惨状を、そして津波で一瞬にして跡形もなく消えた街の様子は焼け野原と化した原爆被爆直後の長崎の状況と夫々重なり、福島原発事故は原子爆弾による放射能の恐怖が思い出され、不安が募るばかり。

 震災直後から続いた政府・東電に対する批判めいた報道や世間の話題は、やや影を潜めた感があるが、依然として続けるのは如何なものか。
 これだけの災害だから、不平不満がないはずがない。私も言いたいことは山ほどある。
 しかし、今そのことを論議してどうなるものか。緊急事態を切り抜けた後、やりたいだけやればいい。
 むしろ今は、一刻を争う救助・支援に国民が心を一つにしなければならないときで、見えない「心」を「心遣い」で見えるようにし、見えない「思い」を思い遣る行動に移すべきときなのではないのか。
 被災者は必死で生きようとしているのだし、またそれを支援する人たちも、命がけで滅私奉公しているのだから。
 被災地の人達は、食糧・薬・暖房器具・燃料等々の支援は勿論のこと、周囲の人たちの「見える心遣い」と「見える思いやり」がどれほど勇気付けることになることか、被災を免れた者が最も心すべきことだろう。

 私は、被災を免れた人は今まで以上に元気を出して、社会を明るく元気なものにしなくてはいけないと思って、積極的に社会活動に参加することにしている。 
 昨日はパソコンクラブ、今日は被爆者の会のお手伝い、明日は地元のボランティア活動という具合に。
 そして一握りの節約に過ぎないが、家庭内の節電、買いだめ自粛、自家用車の使用自粛、家庭ごみの減量等々に努めている。
 「貧者ならぬ善意の一灯」が心を一つにした万灯になり、「長者の万灯」にも勝る明るさで社会を照らして、被災者を勇気付けることになると信じて。 
[PR]
by matutaka31 | 2011-03-17 22:30 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15066099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2011-03-17 22:56 x
広告機構のCMが流れ始めて、どれほど空気が変わったことでしょう…
マスコミは、その使命との両刃の剣、この時期難しいでしょう…
幼い子どもたちが、遭遇してもいないことで怯えています。

経験したことのないことの下、判断を積み重ね、重い決断を強いられる方々への支援も必要です。

一石を投じて―元い、あたたかさをくださりありがとうございます。
Commented by matutaka31 at 2011-03-18 07:29
よこはまTさん
昨日、NHKラジオを聴いた話。
ある人が、品物が無くなるのではないかと、思わず買いだめをしてしまったそうです。
帰ってから自分がしたことを恥じ、余分な品物を買った店に還しに行って
御代は義捐金に回してくれと頼んだそうです。

私は、このような心温まる話を聴いて感動しました。
日本人の優しい心は、まだ生きていると・・・。
元気をだしましょう。
Commented by hibochan at 2011-03-18 07:30 x
被災地の皆さまの頑張りに頭の下がる思いがします。
自身ご協力は させていただきたいと考えます
本日地震後初めて車で外出 妻の定期診察で医者へ 合わせて用たし
今なお余震が続き昨夜も強烈
気分が滅入ります。
Commented by ippu at 2011-03-18 08:11 x
≪・・・「貧者ならぬ善意の一灯」が心を一つにした万灯になり、「長者の万灯」にも勝る明るさで社会を照らして、被災者を勇気付けることになると信じて≫
頑張ってください!
Commented by matutaka31 at 2011-03-18 13:39
hibochan さんへ
今なお続く余震で落ち着かない毎日だとお察しします。
まして福島原発の近くだけに、不安が募ることでしょう。
被災地の一日も早い復旧と、原発事故の危機脱出を心から
願っています。
Commented by matutaka31 at 2011-03-18 13:45
ippuさんへ
有難うございます。
Commented by tetsu807-2 at 2011-03-18 17:47
ダブルパンチではなくてトリプルパンチ被災者に対する言葉が
見当たりません。ただただ、TVを見て呆然とするだけです。
気持ちだけは、何か自分にできることはないものか、もう少し
若ければ・・などとじれったく思うことしかできません。
Commented by matutaka31 at 2011-03-18 21:19
tetsu807-2さんへ
何かをしてあげたい!みんな同じ気持ちだと思います。
でも遠い地でしかも高齢、何もしてあげられないもどかしさがありますね。
それなのに、福岡県庁職員の被災者への信じられないような対応は、
驚きを越えて怒り心頭です。
 もう県庁に対する信頼が100%失せてしまいました。
Commented by prince_6381 at 2011-03-19 10:13 x
今こそ日本人が一致団結して立ち上がることです。「公」ということををもう一度思い出すときです。また、幸い難を免れた人びともまた、一層元気を出してことに当ることも大事なことだと思います。
Commented by dojyou38 at 2011-03-19 10:34
被災地区の皆さんの自制心・頑張りには頭が下がります。
海外からも賞賛の声・援助がたくさん届いているようです。
でも、先が長いですね。

matutakaさんのような方が全国に広がりを見せていることは被災者の頑張りになっていることでしょう。 私も出来ることをと心がけています。
震災後各種の会合では必ず、犠牲者への黙祷。
義捐金の箱を回しますが、予想以上の志が集まります。
Commented by matutaka31 at 2011-03-19 11:21
prince_6381 さんへ
刻々と支援の輪が広がっていく情報に、救われるような気持ちがこみ上げてきます。
この日本人の心意気が、きっと被災地の人々を勇気付け、復興を成し遂げる原動力になると思います。
Commented by matutaka31 at 2011-03-19 20:16
dojyou38さんへ
≪被災地区の皆さんの自制心・頑張りには頭が下がります≫
全く同感です。
東北人の忍耐強さが、この難局を乗り切る原動力になることでしょう。
本当に頑張って欲しいです。
直接お手伝いできないもどかしさが募るばかりです。
それなのに、昨日の福岡県庁の態度、許せない行為です。
未だに怒りがさめません。
Commented by taminamikawa1 at 2011-03-21 20:23
この震災・津波・放射能・風評被害等の国難を乗り越えるには「心遣い」や「思いやり」を形にして、お互いに助け合っていかなければならない。
そのひとつに身近にできることは義援金・募金であり、
3R(リデュース・リユース・リサイクル)、節電等。
自分にできることからやっていきたいものです。
Commented by matutaka31 at 2011-03-21 21:37
taminamikawa1さんへ
遠い九州にいては、直接お手伝い出来ないもどかしさがあります。
でも我々にできる義捐金と節約で間接的に支援することが、
被災者を勇気付けることになると思っています。
そして、幸い被害を免れた我々が、元気を出すことだと思います。


<< 涙・涙 環境フェスタ参加 >>