涙・涙

b0008825_21403917.jpg
 このところ、すっかり涙もろくなった自分の変化に驚いいる。
 大震災のテレビ報道に吸い込まれるように見ているとき、思わず涙ぐんでしまう。
 隣にいる家内に何か話そうと思っても言葉にならない・・・話そうと思うと涙声になりそうで必死にこらえる。
 現地の中継映像からスタジオに画面が代わると、NHKのアナウンサーも涙ぐんで必死に堪えてニュースを続ける姿もまた涙を誘う。
 このような毎日である。

 ブログも震災以外の話題にしたいと思うけれど、頭が廻らず更新が滞ってしまう。
 16年前、阪神大震災直後、神戸の現場に入って会社の施設復旧作業の陣頭指揮をとったとき、また6年前福岡西方沖地震を直接経験したとき、あの惨状の中で涙ぐむようなことも思考がとまるようなことはなかった。
 なのに今回は、テレビを見るたびに涙が出てしまう。

 想像を絶する被害の甚大さ故だろうか。
 それもあるだろうが、それ以上に、映し出される全ての映像や被災者の声が、見る者の涙を誘う。
 見ていると、気の毒だな~、かわいそう~、辛いだろうな~、寒いだろうな~・・・と、また懸命に頑張っている姿に、偉いな~、良く頑張っているな~、もう少しの辛抱だから頑張って欲しい~・・・ そのような言葉にならない感情が一気にこみ上げてくる。
[PR]
by matutaka31 | 2011-03-19 21:26 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15073235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2011-03-20 07:03 x
私も涙腺が弱く涙もろい
でも被災地の皆さまの頑張りには 感動します。
昨夜も凄い余震頭がふらつく感じがします。
お彼岸お墓参りして気分一新
Commented by sibuya at 2011-03-20 09:17 x
東北関東大震災のテレビ放送を1週間も見続けている・・
津波の恐ろしさ・・瓦礫の山の被害 海辺に横たわる遺体・避難者の
モノ不足などの苦痛が伝わって来る‥涙なしには見ていられない・・
私も涙を流す事が少ないのだが 高齢者になると感情が高まり
涙もろくなるようですね~ 一日も早い復興を願っています。
Commented by matutaka31 at 2011-03-20 09:59
hibochan さんへ
大きな余震がある度に、被災地は大丈夫だろうか、家族や親族がいる首都圏は大丈夫だろうか、と気になります。
私も気分一新、家庭菜園に精を出します。
Commented by matutaka31 at 2011-03-20 10:04
sibuya さんへ
涙なしには見られないし、皆さんの頑張りに頭が下がります。
それなのに、代議士が出るテレビ座談会の類が始まりましたが、相変わらず党利党略に終始する様は、見ていて腹がたちます。
「いい加減にしろ!」と叫びたくなります。
Commented by taminamikawa1 at 2011-03-21 20:07
今回の災難は地震・津波・放射能等、三重苦で今迄私達が経験したことのない想像を絶する出来事です。風評被害あり・・・。
まさに国難です。
それを乗り越えないと前に進めないのでは・・・。
ラクビーの精神であります「ワン・フォ-・オール(1人はみんなのために)、オール・フォー・ワン(みんなは1人のために)を合言葉に!
Commented by matutaka31 at 2011-03-21 21:09
taminamikawa1さんへ
おっしゃるとおり被災地の方々は3重苦の中で必死に努力されています。
その意気込みに、私は救われるような気がします。
東北の方は、昔から辛抱強い人達だといわれていますが、それだけでなく国難の意識が強いように思えて、頭が下がります。
今こそ日本人全てが心を一つにして、傾きかけている日本丸を立て直さなければならない時だと思います。
Commented by dojyou38 at 2011-03-21 23:23
何をするにも被災者のことを考えてしまいますね。
いつの間にか不要不急の外出を控えTVの被災報告を見ています。
直接手助けに行けないのがもどかしいですね。
この歳では手足纏と思いながら。
Commented by matutaka31 at 2011-03-22 09:17
dojyou38さんへ
おっしゃるように、本当にもどかしい気持ちの毎日です。
今私に出来ることは、心ばかりの義捐金と思いやりを忘れないことです。
そして自らが元気を出して、その元気を届けることです。


<< 空豆の花が咲き始めた 心を心遣いに、思いを思い遣りに >>