空豆の花が咲き始めた

 震災を免れた者は日頃以上に元気を出して精一杯生きることが、ひいては被災者を勇気付けることになる・・・、そう思いながら気を取り直して家庭菜園に励んでいる。
 お彼岸が春・夏野菜の作付け適期と先輩に教わったとおり、なるべくこの時期を逃さないように心がけている。
 この時期を逃すと次のチャンスは1年後になるから。
 
b0008825_21484651.jpg

 空豆が勢いよく伸び始めた。
 威勢がいい株は、側枝が10本以上に分けつしてきたので、6~7本を残して弱そうな枝を切り取った後、倒伏防止と枝の伸びがなるべく広がるようにするため、株元へ土寄せをしした。
 早いものはもう花が咲き始めた。
 花が終わると、空豆の名前のとおり、莢が空に向かって元気よく大きく伸び始める。  
b0008825_2149279.jpg

 被災地の畑にも何事も無ければ、このような作業が待っていただろうにと思うと、なんとも切なくなってくる。
 でも来年の春にはきっと、被災地の畑にもこのような空豆の花が満開になり、その後に大きな莢が元気よく空を向いて伸びるに違いない。
[PR]
by matutaka31 | 2011-03-20 22:08 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15078126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2011-03-21 07:39 x
我が家の空豆まだまだ花までは
やっとジャガイモ植えつけたばかり
昨日山へ桜二本に花芽が 楽しみです。
本日雨一日家の中の予想
Commented by ippu at 2011-03-21 08:40 x
≪ でも来年の春にはきっと、被災地の畑にもこのような空豆の花が満開になり、その後に大きな莢が元気よく空を向いて伸びるに違いない≫
その空豆と同じように、被災者の生活も回復できればいいのですが、その人たちの不安な生活はまだまだ長く続くでしょうね。
Commented by matutaka31 at 2011-03-21 09:32
hibochanさんへ
手塩にかけた桜に花目、待ちに待った花にもうすぐ対面ですね。
こちらの桜は、蕾が大分膨らんで来ました。
週末には開花宣言が出るかも。
今日一日雨の予報です。
Commented by matutaka31 at 2011-03-21 09:39
ippu さんへ
早く温かい気候に変り、救援物資が十分行き渡ると良いですね。
そうなれば被災者の皆さんの気持ちも、少しは和らぐのではないかと
思われます。
こちらは花爛漫の季節になりましたが、気が重い毎日です。
Commented by sibuya at 2011-03-21 10:52 x
ソラマメ元気に育って 花芽もたくさん付いて収穫が楽しみですね~
北海道だってソラマメが採れるのですが 播種は5月半ば過ぎ・・
この数日 暖かい日が続き 雪どけも進み もうすぐ数百羽の
白鳥が飛来します。白鳥が去ると 7万羽ほどのマガンが飛来します。
Commented by matutaka31 at 2011-03-21 13:50
sibuya さんへ
空豆と言えばビールのつまみ、あと2ヶ月くらい先が楽しみです。
北海道も雪解けが進んでいる様子、もうすぐ春ですね。
渡り鳥を含めて千客万来で、たいそう賑わうことでしょう。
四季がある日本、素晴らしい国です。
Commented by taminamikawa1 at 2011-03-21 18:31
昔は「そら豆」と言えば、米の裏作として作られており、
ソラマメご飯(炊き込みご飯)にしたり、煮物として、
また、おやつとして、フライパンで炒って食べましたね。
戦後の懐かしい思い出です。
Commented by matutaka31 at 2011-03-21 21:00
taminamikawa1さんへ
乾燥した空豆を油で炒って塩味にしたのも美味しいですが、
やはり採れたての生を蒸すかレンジでチンしたものが最高です。
これからビールの季節になりますが、空豆をお供にキューッと一杯やるのが今から楽しみです。
Commented by dojyou38 at 2011-03-21 23:13
ソラマメ、ソラマメと言ってきたが、鞘が空に向かって伸びるのでその名ですか。
知らなかった。 恥ずかしい。
Commented by matutaka31 at 2011-03-22 09:11
dojyou38さんへ
莢がどんどん大きくなる間は、空を向いて元気よく伸びていきます。
豆が成熟すると、膨らんだ莢は次第に横から下を向くようになり、
収穫の適期を迎えます。
 被災者の方々に、空豆の莢のように上を向いて頑張って欲しいと
願いを込めて書きました。


<< 「原爆被害者の会」のホームペー... 涙・涙 >>