新しいスタイルのコミュニティー誕生を願って

 3月25日、昨年10・11月と2回初めての試みとして取り組んだ、「独居高齢者」をひょうたん池にお誘いする会を再開した。
 当日は風が強くて寒い日だったので、一人も来てもらえないのではと気がかりであったが、予定の時間に5名の方がおみえになってホッとした。
この会の名は「せんだん ふれあい会」
b0008825_105175.jpg
 この会は、外に出る機会や人との交流が少なくなった独居高齢者の方々を、地域の憩いの場「ひょうたん池」に誘いして、住宅に囲まれた小さな自然の中で、栴檀の大木や花壇の花そして池の鯉を見てもらいながらお茶とお菓子で楽しいひと時を過ごしてもらおう、という試みである。
 お世話をするのは、地区の新旧民生委員3名と「ひょうたん池花クラブ」会員の有志数名。

 当日は寒い風が吹く中であったが、会員の手作りケーキや参加者の差し入れのお茶菓子と温かいお茶で、1時間の心温まる触れ合いを楽しんでいただいた。
 折角の機会だから話題つくりをしようと持ちかけたところ、皆さんは健康に関心が深いようだったので、次回は座ったままで出来るエクソサイズをしてみようということにした。
 まだまだ手探りの状態だけれど、皆さんが次回を楽しみに出来るように工夫をしたいものだ。

 参加された一人の方がおっしゃった「こうゆう場があると、一日が早く過ぎるのでありがたい」の一言は、私達のこれからの活動を一層力付けてくれる。
 何かしら「新しいコミュニティー」の誕生になればと、願いつつ次回も・・・。
[PR]
by matutaka31 | 2011-03-27 10:14 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15113820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2011-03-28 07:37 x
素晴らしい活動だと思います。
我が家付近にも独り暮らしの高齢者が増えつつありこんな触れ合いの場があればなとも思ってます。
今も強い余震震源地は 宮城沖だそうですがいつになればおさまるのかな
Commented by sibuya at 2011-03-28 09:04 x
我が町内会戸数100戸ほどありますが 独居老人家庭は20戸を
超え 男性が数戸 女性の独り暮らしが多い・・ 風呂に誘うのだが
家から出てこない・・ 淋しいでしょうね‥近くに子供たちがいると
云うのに・・・
Commented by ippu at 2011-03-28 09:08 x
おはようございます。
≪独居高齢者≫
私はそうならないと思うのですが、もし自分がそのような立場になったらと考えると・・・。
Commented by matutaka31 at 2011-03-28 15:08
hibochan さんへ
私が寂しいと想うのは、同居独居高齢者が増えていることです。
小さな家で子供夫婦と同居しながら、生活は全て別々。
家族とは何だろう、と考えさせられます。
Commented by matutaka31 at 2011-03-28 15:18
sibuyaさんへ
確かに女性の独居高齢者が多いですね。
独居高齢者対策を考えるとき、どうやって誘い出すかが第一の関門だと思っています。
次に折角誘い出した方に、また参加しよう・・・と思うような雰囲気を創り出し、楽しかったと思っていただけるように工夫しなければならないと思っているところです。
Commented by matutaka31 at 2011-03-28 15:28
ippu さんへ
私もそうならないと思いますが、家族の絆が薄くなっていく社会を見ると、
日本の文化は何処へ行った?と疑いたくなるような現実に出会う事があります。
今の親たちは、口を開くと“子供達には迷惑をかけたくない”はいいとして、“子供には世話になりたくない”を強調しすぎるように思いますが、・・・。
そのことが、核家族化を自然と助長しているように思います。
Commented by taminamikawa1 at 2011-03-28 21:45
独居高齢者の問題は私が住んでいる那珂川でも深刻です。
私が今の住宅に転居した時は子供が小さかったが、あれから30年超過ぎていますので、どの家庭も老老介護や独居高齢者の問題も現実化してきております。
このような問題に matutaka31さんがタッチされておられることは社会的に意義深いことです。
頑張ってください。
Commented by dojyou38 at 2011-03-28 22:08
このような活動、目立たない地味な活動ですが大事な有意義な活動です。
しかし、こちらが働きかけてもなかなか腰を上げてくれない老人も多いとか。
私の公民館でも頑張っているグループがあります。
Commented by matutaka31 at 2011-03-28 22:28
taminamikawa1さんへ
色々考えましたが、いろんな壁が想定されましたので、「歩きながら考えよう」と言うことで見切り発車したばかりです。
でもなんとか定着させようと、無い知恵を絞っています。
いい情報があれば、是非教えてください。
Commented by matutaka31 at 2011-03-28 22:35
dojyou38さんへ
どうしたら参加してくれるかが、最初の難関ですね。
それには参加した人たちが、「楽しかった」、「来て良かった」と言ってくれるような雰囲気つくりが大切ではないかと考えているのです。
その雰囲気が定着すると、口コミで参加者が増えていくのではないかと思っているのですが、・・・。
Commented by ジジイ at 2011-03-30 17:12 x
私の町内では、年一回だけ、参加資格70歳以上の日帰りバスツアーをやってます。所要費用一人当たり5~6000円のところ、参加者は1000円だけ負担し、不足分は町費補助という条件です。これが意外と好評で、参加希望者は、毎年10名近くとなります。みんな口先だけは元気で参加しますが、帰りのバスでは爆睡の状態です。
Commented by matutaka31 at 2011-03-30 18:16
ジジイ さんへ
≪日帰りバスツアー・・・ これが意外と好評で≫
いい企画ですね。
町内会の理解も素晴らしいです。
独居老人の方々は、話相手が欲しいようですね。
みんなと世間話が出来るだけでも楽しい・・・とおっしゃいます。
周りの人たちが、もっと高齢者の思いを理解してあげる事が大切であることに気付いて、何か応えていかなくてはいけないと思います。


<< 日本一周の旅(3月) 自転車の買換え >>