黄砂にすっぽり包まれる

 当地福岡は、今日で4日連続して黄砂に覆われている。
 黄砂がなければからっと晴れ上がる五月晴れのはずだが、太陽光線も弱々しい。
 私のウォーキングコースから見る約3km先の山並みも鉛色にかすんで、重苦しい空気に包まれている。
b0008825_1033981.jpg
 気象庁は、なるべく窓を開けないように、洗濯物は室内で干すように、外出後はうがいを・・・と注意を促すが、なんとも息苦しさを感じる日々である。
 森林の中に入れば空気が美味しいのではないかと思うが、黄砂で充満した大気で覆われている以上、何処へ行っても同じことだから、飛来が止むのを待つしかない。

気象庁の黄砂情報によると今日は九州から青森まで、すっぽり黄砂に包まれている。
 黄黄砂は、中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠や黄土高原などで、風によって数千メートルの高度にまで巻き上げられた土壌・鉱物粒子が偏西風に乗って日本に飛来するものだが、自然現象とは言え、招かざる客に押し入れれた格好の我々には迷惑この上ない現象である。
 客観的データの有無は知らないが、どうも最近黄砂現象が増えているように思える。しかもその濃度が高くなっているように感じられてならない。
 これは砂漠地帯だけが発生原因でなく、中国の乱開発が緑地を奪っているのではないか、そうした現象に最近の地球規模の異常気象による少雨が影響しているのではないかと思うのは私だけだろうか。

 ともあれ黄砂は、さまざまな健康被害が生じる危険があり、特に呼吸器官への被害や目や耳への被害が目立つというから、自然現象だから仕方ないでは済まされない問題である。
 目覚しい経済発展を続ける中国は、膨大な軍事力増強より自然環境改善への取り組みを強化して欲しいものだ。

[PR]
by matutaka31 | 2011-05-04 10:48 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15434384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2011-05-04 22:50
matutaka31 さんがご指摘のように、黄砂は自然現象では済まされない問題ですね。
洗濯物を外に干せないだけでなく、健康被害への影響大ですね。
中国政府に早急に手を打って欲しいですね。
それまでは洗濯物は室内に干す、外出を控える、マスクをするとかで自衛するしか・・・。
Commented by ippu at 2011-05-05 06:42 x
≪私のウォーキングコースから見る約3km先の山並みも鉛色にかすんで、重苦しい空気に包まれている≫
災難ですね。
写真からもその状況が伝わってきますね。
Commented by hibochan at 2011-05-05 07:44 x
福岡は 大陸が近いせいでしょうか
関東でも天気予報で情報が伝わります。
すごいスピードで砂漠化が進んでるようです。
経済大国環境に配慮してもらいたいものです。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-05-05 18:47
こんにちは
 中華思想と軍事費を自然環境へ、全く同感です。
北支では事変工業用水と生活用水で農業用水も足らず、砂漠化が進行しているようですね。
 私もこの季節アレルギー性鼻炎が悪化して大変です。
Commented by matutaka31 at 2011-05-06 06:50
taminamikawa1さんへ
大気が黄砂で充満していますので、逃げ場所がないのでこまります。
そのうち1億総マスク時代が来るかもしれません。
Commented by matutaka31 at 2011-05-06 06:54
ippu さんへ
車が白い砂を被ったようになります。
水で洗うと、茶色い汚い汁になり、汚れの酷さを実感します。
Commented by matutaka31 at 2011-05-06 07:02
hibochanさんへ
黄砂の飛来日数が年々増えているようです。
同時に、国内では黄砂アレルギーも増えていると言う。
車やベランダの手すりを触ると、黄砂が積もっている様子が良く分かります。
そんな空気を吸って、体に良いわけないです。
Commented by matutaka31 at 2011-05-06 07:09
1944tourist2004jpさんへ
黄砂で汚れた車を水洗いすると、水が汚い茶色になり、気持ちが悪くなります。
黄砂には、いろんな細菌や有害物質も含まれているという話を聞くことがあります。
黄砂の実態と健康に及ぼす影響を、もっと知る必要がありますね。


<< 今年はサクランボにありついた 陶器市へ >>