座禅初体験

 この年になって、座禅の初体験である。
 私が通っている太極拳教室の師範と福岡県柳川市の黄檗宗「梅岳山福厳寺」住職さんが太極拳の同門という縁で、禅宗の座禅を初めて体験する機会を得た 。
b0008825_1056980.jpg
黄檗宗「梅岳山福厳寺」本堂 旧柳川藩主立花家の菩提寺

 どうせ柳川まで行くのであれば、柳川観光も兼ねて行こうということになって、師範の門下生20余人が参加した。

 座禅開始に当たって、住職さんから座禅の意義や作法について説明をうける。
 ほとんどの人が初めてで、真剣に聞き入る。
 まず座り方であるが、修行するお坊さんは右足を左足のももに乗せ、左足を右足のももに乗せる「結跏趺坐」(けっかふざ)という姿勢を取るそうだが、私にはとても出来なかったので、片足を乗せる「半跏趺坐」(はんかふざ)の(右足だけ)の「吉祥坐」という組み方で坐ることにした。

 禅宗では、精神を統一して『無我の境地』になるために、「調身」(ちょうしん)・「調息」(ちょうそく)・「調心」(ちょうしん)』を修行法として採用している由。
 まず調身・調息・調心の解説を聞く。
 この考えは、楊名時太極拳でも取り入れている思想で、全員承知のことだから取り立てて疑問に思うことはなかった。

 いいよ30分間の座禅の始まりである。
 始まりの合図の後は、終わりの合図があるまで動いてはいけない。
 本堂が静寂と緊張にに包まれる。
 ご住職が静かにわれわれの前を進んでいく。かすかに住職の足音が聞こえるだけ。

 警策(曹洞宗は「キョウサク」臨済宗は「ケイサク」)で叩いてもらうときは、ご住職が近づいたとき、合掌して前傾姿勢になりお願いをする。
 するとご住職が一礼して、左右3回ずつたたいてくれる。
 この叩く意味は、集中力が途切れたり、姿勢が崩れてしまいそうなときに、注意を促し励ます意味があるそうだ。

 20分くらい過ぎた辺りから、足が痛くなり組んでいる足をすこし緩めようとするが、そうすれば姿勢が崩れそうになるので、深呼吸を繰り返しじっと時が過ぎるのを待つ。
 終了の合図の鐘が鳴る。
 かくして30分の座禅が無事終わった瞬間である。

 調身・調息・調心に徹すれば、雑念を払い無心の心境になれるかと言うと、とてもとても・・・。
 調身は程ほどに出来るとしても、調息は息の数を数えればいいと教わったが、途中でいつの間にか雑念に取り付かれてそれまで数えた数を忘れてしまっている。
 そんな調子だから、日頃の太極拳においてもまだまだ修行が足りないと反省。

 座禅の後、境内の庭で全員揃って太極拳の練習。その後柳川観光へ。

b0008825_1175499.jpgb0008825_11811100.jpg







画像をクリックすると少し大きくなります。
[PR]
by matutaka31 | 2011-05-18 10:42 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15564585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2011-05-18 14:01
参禅に柳川までお勤めご苦労様でした。
禅宗のお寺といえば現役時代、曹洞宗のお寺だったと思うが
2泊3日の研修を受けた経験が有ります。
座禅だけでなく、便所や庭の掃除などもさせられましたが、
殆んど記憶から抜け落ちてしまっています。
記事にある警策だけは微かに覚えています。
Commented by matutaka31 at 2011-05-18 22:22
dojyou38さんへ
お寺での2泊3日の研修は長いですね。現職だから我慢が出来る・・・。
でも適度な緊張感も、たまにはいいものですね。
警策はいい経験になりました。
Commented by hibochan at 2011-05-19 07:03 x
近くに知人の禅寺があり一度だけ経験があります。
一時間でしたがやけに長く感じた記憶が
水郷柳川の趣が感じられます。
Commented by ippu at 2011-05-19 09:49 x
おはようございます。
≪座禅初体験≫
座禅の経験はありません。しかし、近くの御前さまに勧められ、昨年から“瞑想の会”に入っています。
Commented by matutaka31 at 2011-05-19 13:47
hibochan さんへ
一時間の座禅は長いですね。
緑に包まれた水郷観光、最もいい季節です。
Commented by matutaka31 at 2011-05-19 13:55
“瞑想の会”、恥ずかしながら初耳です。
なんとなく座禅と相通じる点があるように思えますが、別の世界でしょうか。
Commented by taminamikawa1 at 2011-05-19 22:20
確かに座禅は精神統一には良いと思います。
座禅は現役の頃、何度か組みましたが、なかなか「無心」の境地に達せなかったのが、本音です。
早く、終わらないかと思いながら組んでいました。
Commented by ippu at 2011-05-20 08:11 x
≪・・・座禅と相通じる点があるように思えますが、別の世界でしょうか≫
真言宗の行事です。難しいことは判りませんが、“心を無にする”という点では共通しているのではないでしょうか?
Commented by matutaka31 at 2011-05-20 12:01
taminamikawa1さん
私も苦痛が先に来て、無我の境地にはとても近づけませんでした。
やはり「長身」がきちっとできてはじめて、無我の境地に近づく環境が整うような気がします。
Commented by matutaka31 at 2011-05-20 13:03
ippu さんへ
真言宗の行事ですか。初めて知りました。
≪“心を無にする”という点では共通しているのではないでしょうか?≫
有難うございました。
Commented by sibuya at 2011-05-20 19:30 x
私も「座禅」の経験はありません。30分とは云え 無我の境の世界‥
私は「警策」でたたかれっ放しでしょう・・ それでも座禅を組んで
静かな無我の境地にしたってみたいものだ・・・
Commented by matutaka31 at 2011-05-20 21:21
sibuyaさんへ
無我の境地どころか、後何分・・・と分読みの境地でしたが、終わってみると不思議に爽やか感がありました。
機会があればもう一度挑戦したい心境です。


<< 九博特別展「黄檗」を参観 リチュームイオン電池 >>