麦秋

 毎日のウォーキングコースを北に向かって約15分くらい歩くと、そこには田園地帯が広がる。
b0008825_1165243.jpg
 手前の住宅地帯と北側の丘陵地帯に挟まれるように広がる田んぼでは、今、田植えの準備作業が進む一方、収穫間際の麦畑が広がり、まさに麦秋の装いに包まれている。
 栽培されている品種は、大麦と小麦のようだ。

 私が子供の頃、この時期になると農村ではごく当たり前の風景であったが、今では見る機会が少なくなった。 麦類の国内自給率の低さを見れば、菜種と同じように麦畑が少なくなった今の田園風景が想像できると言うものだ。
 平成21年の推定国内自給率は、小麦で11%で前年の14%を下回っている。大麦のそれは見当たらないので良くわからないが、例年では小麦のそれを下回っているので、多分一桁台であろう。

 さて「麦秋」で思い出すのは、1951年の小津安二郎監督による映画。子供の頃観た映画だが筋書きは覚えていないが俳優「笠智衆」の独特な演技が印象に残っている。
 また、麦と言えば火野葦平の小説「麦と兵隊」があり、次元は違うが最近ではオヨネーズの「麦畑」 等々、麦にまつわる話題は尽きない。
 
 しかしなんと言っても、池田隼人の「貧乏人は麦を食え」を見逃す訳にはいかない。
 これは1950年12月7日の参議院予算委員会で、当時の池田大蔵大臣が「所得に応じて、所得の少い人は麦を多く食う、所得の多い人は米を食うというような、経済の原則に副つたほうへ持って行きたいというのが、私の念願であります」と答弁したのを、当時のマスコミが前述のような端的な表現をしたのだと言う。

 日本人は昔から麦より米を大事にしてきたが、麦は米にない優れた栄養素、特にビタミンBグループとりわけパントテン酸が多く含まれているので、たんぱく質の代謝や腸の働きに効果が優れている点が注目されているにもかかわらず普及しないのは、米飯が美味しいというだけだの理由だろうか。 

2006年拙作パノラマ「麦秋」、この光景は5年経った今も変っていない。
[PR]
by matutaka31 | 2011-05-22 11:08 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15595750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mamo's space at 2011-05-23 06:47 x
matutakaさん、麦秋を辞書でひいたら「麦を取り入れる季節」とありました。知りませんでした。それから、私は麦飯は大好きですが、意外と麦が高いから普及しないのではと思います。パノラマの作り方教えてください。
Commented by hibochan at 2011-05-23 07:38 x
大昔我が家周辺にも麦畑があり
麦踏なるものがあり小さい段階で足でふみつける作業を見かけたことがありますが
麦は 見かけなくなりました。
Commented by ippu at 2011-05-23 10:30 x
≪「貧乏人は麦を食え」≫
経済の原則からいえば当然ともいえることなのですが、政治家がストレートに発言すると批判を受けることが多いですね。
現在では石原慎太郎にその傾向がありますね。
Commented by dojyou38 at 2011-05-23 13:11
糸島方面には時々行きますが麦畑気が付かなかったです。
パノラマの中央・幽かに見えるのは毘沙門山~今山でしょうか。
麦畑 見かけなくなりましたが、佐賀~小城にかけて広大な麦秋を見かけたことがあります。
Commented by sibuya at 2011-05-23 13:23 x
北海道は麦の作付日本一だが まだ青々した葉が 20cmほどに
伸びている。秋まき小麦の刈り取りは7月25日頃だ。春小麦の
刈り取りは8月15日頃だ。秋小麦の収量は400kgほど 春小麦は
180kgほどだが 今年から春小麦の品種が改良されて400kgほど
の収量が期待できるようだ‥ウドン・ラーメンに使われるようだ。
Commented by matutaka31 at 2011-05-23 13:42
mamo's space さんへ
今食用に売っている大麦は、過度に精麦しているため、麦独特の茶色い筋が見えないばかりか、味も麦本来の味がしないですね。
休耕田対策費を麦作奨励金にまわせばいいと思いますが、・・・。
パノラマの作り方、別途お知らせしましょう。
Commented by matutaka31 at 2011-05-23 13:46
hibochan さんへ
麦踏の代わりに機械で踏圧する昨今、麦踏自体も麦踏の目的も知る人はだんだん少なくなるでしょうね。
何でも輸入すればいい時代は、とっくに終わっていると思いますが、・・・。
Commented by matutaka31 at 2011-05-23 13:50
ippu さんへ
そうですね。石原慎太郎にその傾向がありますね。
言論の自由とは言え、マスコミの報道の仕方によっても、受ける印象は大きく変わりますね。
それにしても、最近の政治家の発言は軽すぎると思います。
Commented by matutaka31 at 2011-05-23 13:58
dojyou38さんへ
おっしゃるとおり、佐賀平野・筑後平野では、麦作りは健在で麦秋の風景は良く見かけます。
この雨は、麦作り農家には困りものでしょう。
中央の山並みは、毘沙門山、一つおいて今山です。
Commented by matutaka31 at 2011-05-23 14:02
sibuyaさんへ
北海道は、名実共に日本の食糧生産基地に成長しましたね。
世界規模で食糧需給がタイトになる情勢のなか、北海道の果たす役割は年々大きくなうような気がします。
Commented by taminamikawa1 at 2011-05-23 21:50
そう言いますと、確かに黄金の麦秋(麦畑)は最近、少なくなったのか、
あまり見かけないですね。
たわわに実った麦畑が懐かしい風景になりました。
私の実家の佐賀平野では、かっては見渡す限り、
麦秋(麦畑)でしたが、最近はどうなっているでしょうか。
多分、各種の作物が作付けの多様化で平準化されてはいるとは思いますが・・・。
Commented by matutaka31 at 2011-05-23 22:43
taminamikawa1さんへ
菜の花畑と同じく麦畑も本当に少なくなりました。
でもこの前、筑後平野を通ったとき一面に広がる麦畑を見て、なんだかホッとしました。
 まだ日本農業は健在だと・・・。


<< 血圧降下剤 九博特別展「黄檗」を参観 >>