心に留めておきたい一言

今回、私が審査を受けた太極拳「奥傳」の免状に、心に留めておきたい次の漢文が書かれていた。
b0008825_1081653.jpg

         世上無難事 
        只怕有心人 


 
 漢文に強い方は即座にうなずける内容だと思うが、残念ながら私はその素養がないので免状に添えられた解説文を読んでその意味を理解した。
 『直訳すると「世の中には難しいことはない、ただ心のある人だけがこわい」ということで、心がけの大切さを説いています。
 ひたすら心をかけて努力する人に出会えば、世の中の難しいことも成し遂げ得る、心を定めて努力さえすれば難しいことは何もない、と言う意味です。
 中国古来の英雄、偉人たちは、この言葉を一つの目標に、信念をもって努力してきました。』
とある。けだし名言である。

  若い頃この言葉を知っていたら、もう少し何かが出来たのではないかと考えるのは、何も出来なかったことの単なる言い訳にすぎないし、これから先の人生に新たな展開は望めない。
 大事なことは、今・現在であり、これから先残された人生の過ごし方である。

 人間何歳になろうが、残り少ない人生を如何に有意義に過ごすかを考えると、例え小さなことであれ目標を持つことであり、それに向かって自分自身が納得いく努力をすることではなかろうか。
 目標に向かって努力すれば、今までになかった新たな出会いが生まれ、新たな人生が展開する。
 世のため人のためという大それたことでなくても、身の丈にあった目標、やってみたい目標を持つことは、自分自身を変えることにつながる。
 年齢に限らず忘れてはならないことだと思う。

 解説には、こうも続けている。
 「人間は国難を恐れてはいけない、国難に出会ったときにこそ、勇気を奮い、心をかけて努力することが大切である」と。

 私利私欲、党利党略とも思える言動に明け暮れる、今の国会議員の耳の中にねじこみたい言葉でもある。
[PR]
by matutaka31 | 2011-05-29 22:47 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15650926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ippu at 2011-05-31 10:35 x
≪大事なことは、今・現在であり、これから先残された人生の過ごし方である・・・≫
素晴らしい言葉を紹介してくれてありがとうございました
Commented by matutaka31 at 2011-05-31 21:26
ippu さんへ
生き甲斐を感じる毎日でありたいと念じています。
Commented by taminamikawa1 at 2011-05-31 22:25
東日本震災の復興に向けて対策が打たれているようですが、
国力総力を挙げて、
「国難・困難・災難等に勇気をもって対処しなければならないですね。
Commented by matutaka31 at 2011-05-31 22:47
taminamikawa1さんへ
≪国難・困難・災難等に勇気をもって対処しなければならないですね≫
同感です。
それなのに、政治家は何を考えているのか、無性に腹立たしくなります。
Commented by hibochan at 2011-06-01 07:28 x
素晴らしい言葉だと思います
現在の日本にぴったり
漢文で難しいですね中々判読できません。
Commented by dojyou38 at 2011-06-01 11:29
素晴らしい言葉有難うございました。
こう云う言葉・文章に遭うと、座禅で警策を受けたような気持ちになるのですが、
怠け者の私は直ぐ怠惰に流れます。
Commented by matutaka31 at 2011-06-01 18:28
hibochanさんへ
日本のことわざは、中国の故事に由来するものが多いですね。
それに引き換え、純国産の格言は少ないようですが何故でしょうかね。
Commented by matutaka31 at 2011-06-01 18:32
dojyou38さんへ
私もそうです。
「調心」が出来ていないので、心しておきたいと、自分に鞭打つ心境です。


<< 玉ネギの収穫 バイカウツギ(梅花空木) >>