玉ネギの収穫

 極早生玉ネギは4月中旬から収穫をはじめ、東京に居る子供達へ送ったり、ご近所さんにおすそ分けしたりして、ほぼ消費しつくした。代わって、中晩生種の出番になった。
 先週はほとんど雨、今週は入梅直前のつかの間の晴れの日が続きそうなので、この一週間が収穫のチャンスだから今朝から収穫を始めた。
 玉ネギを引き抜き、乾燥させるため1両日そのまま天日干しをする。

b0008825_21545971.jpgb0008825_21551185.jpg








 今年の出来はまずまずと言いたいところだが、1月にベト病か白色疫病らしき症状が出たので、近くのJA支店に相談に行き、使いたくなかったけれど殺菌剤を散布した。
 使用に当たっては、農林規格どおり濃度・使用回数・使用時期を守ったので、しかも散布後3ヶ月以上経過しているので、農薬残留の懸念はない。(規格は収穫7日前まで使用可)
 玉の大きさも、大きからず小さからず程よい大きさだから、長期保存に耐えられるのではないかと一安心。
 収穫した玉ネギは、根と葉を切り取り、4~5個を束ねて風通しの良い日陰に吊るして保存する。

 我が家では、玉ねぎを厚めにスライスして酢と蜂密漬けにして、毎日朝食のオカズにしている。
 一度に一週間分くらい漬け込むことができて便利なうえ、漬け込んだ翌日にはもう食べられ、臭いもなくさっぱりした食感は食欲増進にもなるので、少なくともこれから先半年間は食卓の定位置を占めることになる。
b0008825_22463439.jpg
赤玉ねぎと白玉ネギを混用

[PR]
by matutaka31 | 2011-06-02 22:40 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15678995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2011-06-03 07:52 x
もう玉ねぎの収穫とは お早い
梅雨入りして連日の雨 野菜にとって恵みの雨
そろそろニンニクをと思ってますが失敗みたいです。
Commented by sibuya at 2011-06-03 13:35 x
いつもの年なら4月下旬から5月初めにかけて玉ねぎの移植作業が
終わっているのだが 天候不順でようやく移植作業が終わったようだ。
この分だと収穫は9月中下旬以降になるようだ。
私も玉ねぎ大好き・・生で良し・炒めて良し 美味しいね~
Commented by matutaka31 at 2011-06-03 13:37
hibochan さんへ
北九州の入梅が関東より遅いのは、珍しいこと。
でももう時間の問題のようです。
ニンニクは、簡単なようで、思いのほか難しいですね。
今年はまだ収穫していませんが、そこそこのものが出来ているようです。
Commented by matutaka31 at 2011-06-03 13:40
sibuya さんへ
私も玉ネギ大好き人間。
玉ネギの血液サラサラ効果を期待して、毎日食べています。
北海道は玉ネギの大産地、豊作を期待しています。
Commented by dojyou38 at 2011-06-03 14:18
玉葱収穫時の天候、保存に影響するので神経使いますね。
玉葱の酢と蜂密漬、美味しそうですね。
血液サラサラ効果も有るので、私も遣ってみたいと思います。
Commented by matutaka31 at 2011-06-03 21:18
dojyou38さんへ
これから先7月上旬まで、天候を見ながらの菜園管理が続きます。
その後は、乾燥と潅水作業が待っているので、気が休まることがないですね。
Commented by taminamikawa1 at 2011-06-04 16:14
新玉ネギの時期ですね。
野菜作りの楽しみは収穫して、味わえることです。
今年の出来は上々のようですね。
苦労したかいがありますね。
レシピ「玉ねぎを厚めにスライスして酢と蜂密漬け」はおかずでも、酒の肴にもいけそうですね。
Commented by matutaka31 at 2011-06-04 18:23
taminamikawa1さんへ
最近は地産地消で生産者と消費者が近くなりましたが、もっと近い自産自消ですから、採れたての旬の味をたっぷり味わえるのがいいですね。
スライス玉ネギは、塩分ゼロのオカズ&酒の肴で、毎日食べても飽きないのがいいです。


<< 「第5回ひょうたん池まつり」 心に留めておきたい一言 >>