携帯電話を失くした人との不思議な出会い

 日本の2人以上の世帯における携帯電話の普及率は、総務省統計局によると約93%。携帯にまつわる事故もさぞ多いことだろう。
b0008825_21442684.jpg
 今日の午後、「原爆被害者の会」のホームページ更新作業を終えての帰り道、地下鉄のホームで電車を待つ間、携帯の受信メールを読み直していると「時間があたっらちょっとお願いがあるのですが・・・」と声をかけられた。
 振り返ると後ろのベンチに大きな荷物を置いて、小さい子供をベビーカーに乗せたお母さんが、なにやら困った様子。
 事情を聞くと、携帯が見あたらないので、(何処か荷物の中に紛れ込んでいるかも知れないので)、私の携帯で呼び出してみて欲しい、とのこと。 
 言われた番号で呼び出すが、反応が無い。
 家に置き忘れたか、途中で何処かに置き忘れたのか、落ち着いて思い出してみてくださいと言葉を続けた。

 駅までタクシーで来たので、多分その車の中に置き忘れたのでは・・・と心当たりありげで、 タクシーのレシートを頼りに私の携帯でタクシー会社に問い合わせられたが、見当たらないと返事。
 今から博多駅で待ち合わせ予定だけど、相手と連絡が取れなくなって困ったと言いながら、それより個人情報が心配と切羽詰った様子。
 私も似たような経験があるので何とかしてあげたいが、とっさに妙案が浮かばない。
 そうこうするうち、私が乗る電車が来たが放置することも出来ず、やり過ごしてもう一度その方の携帯に電話する。
 やはり反応が無い・・・そうこうしているうち、私の携帯に反応が・・・。
 早速その方に電話を渡して聞いてもらう。
 拾った人からである。
 どうやらタクシーを降りたとき落としたらしい、とのこと。
 その場所も分った瞬間、その安堵した表情が印象的であった。
 私は、その親子が無事来福の目的が果たせるよう、祈りつつ見送った。

 もし私が携帯を使っていなかったら、多分その方は私に声をかけなかったであろう。
 また、私がその親子をそのままにして電車に乗ってしまったら、拾った人からの電話をそのお母さんに受け継ぐことが出来なかったに違いない。 先の電車を見送ったのが幸いした。

 電車が来るまでの間の会話で分かったことだが、その方は福島原発による放射能被曝から子供を守るため、東京から福岡に移住しようかと思って下調べに来たとのこと。
 被爆体験を語り継ぐボランティアの帰り道、被曝を逃れようと来福した人を助けることになった、不思議な出会いであった。

 
[PR]
by matutaka31 | 2011-06-16 17:43 | 思いのまま | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15772339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2011-06-17 08:13 x
家の中で置き忘れ携帯に電話したことがありますが
子供からプレゼントされましたが最近ほとんど使ってません
人の出会いは 不思議なもの
偶然とは 言えmatutakaさんとの出会いにその方は 感謝してるのでは
Commented by matutaka31 at 2011-06-17 10:09
hibochan さんへ
長く生きていると偶然とは言え、いろんな出会いがありますね。
この親子とは2度とお会いすることはないでしょうが、記憶に残る出会いの一つです。
Commented by tetsu807-2 at 2011-06-17 11:16
ほんとに不思議な出会いでしたね!
『被爆体験を語り継ぐボランティアの帰り道、被曝を逃れ
ようと来福した人を助けることになった』
ほんとに不思議なことってあるものですね。
Commented by よこはまT at 2011-06-17 11:40 x
とても内容が濃厚な日記ですね。

私も、乳幼児を育てるママたちと、たくさんのお付き合いがあるので
目に浮かぶような光景・心模様です。
また、 い ま を感じさせられる 映像です。


ここ数年、経済学の『機会費用』という概念に、生活を当てはめて考えざるを得なかったので、ふと思いました。
「その場にいたお子さんが受け取った影響は、とても大きい」
Commented by よかった at 2011-06-17 11:48 x
≪・・・・・不思議な出会いであった≫
いい出会いでしたね。
無事その人に携帯も戻りよかったです。
彼女もホッとしたでしょうが、matutaka31さんもいい気分になれたのではありませんか?
Commented by ippu at 2011-06-17 11:49 x

このコメントippuです
Commented by dojyou38 at 2011-06-17 13:41
本当に不思議な縁ですね。 そして大変良いことをされました。
それ以上に、そのお母さんどんなにか matutaka さんに感謝していることでしょう。

原発事故収束の見通しがはかばかしくないので、
幼い子供連れが関東辺りから九州へ避難されると最近も良く聞きます。
Commented by at 2011-06-17 15:38 x
h9年の「ゴーヤ(ニガウリ)の実がならない 」の記事を読ませていただきました。大変参考になりました。有難うございました。

Commented by matutaka31 at 2011-06-17 15:58
tetsu807-2さんへ
どうやら、私は放射能から人を守る義務を背負っているのかも知れませんね。
被爆体験を語り継ぐボランティアで何が出来るかを、やっと探し出したように思います。
Commented by matutaka31 at 2011-06-17 16:07
よこはまTさんへ
「それは大変ですね」、「見つかるといいですね」と、当たり障りのない言葉を残して立ち去る気にはなれませんでした。
わが子を思う母親の愛の深さと言うか一途な気持ちに、心が打たれました。
なんだか気持ちがすっきりした一日でした。
Commented by matutaka31 at 2011-06-17 16:11
ippuさんへ
ごく当たり前のことをしたまでですが、一件落着したときは、わがことのように嬉しくなりました。
昔のように、人が困っているとき助けてあげる社会風潮が戻って欲しいものです。
Commented by matutaka31 at 2011-06-17 16:17
dojyou38さんへ
本当に不思議な縁でした。
マスコミで報道されている避難している人達の、切羽詰った心情に直に触れ、抱えている深刻さを実感させられたようでした。
Commented by matutaka31 at 2011-06-17 16:19
好さんへ
参考になりましたでしょうか。
今年はニガウリの豊作になるといいですね。
Commented by maimai at 2011-06-17 18:51 x
パチパチパチ!思わず拍手!!!
同じような経験があります。全身冷や汗でした。
最近は待ち合わせの時間も場所も曖昧に約束して後は携帯で相手と連絡をとりながら会うのが一般的になってしまいましが・・・昔の待ち合わせを思い出したいものです。個人情報(☎、住所、メールアドレス等)漏えいが一番心配ですね。会社の携帯を紛失すれば懲戒処分になるそうです。
そして携帯と被爆、ほんとに不思議なめぐり合いで、さわやかな一日になりましたね(^^)。
Commented by matutaka31 at 2011-06-17 20:51
maimai さんへ
同じような経験ですか。 私も2度ほど・・・。
便利なものほど片時も手放せない、でもついうっかりと裏腹ですね。
携帯と被爆&被曝の不思議なえにし、人生捨てたものではないですね。
これからも、一つ一つの出会いを大切にしたいと思います。
Commented by taminamikawa1 at 2011-06-17 21:23
「事実は小説より奇なり」と申しますが、まさに不思議なご縁で、
良い事をされましたね。
若いお母さんが喜ばれ、安堵された姿が目に浮かびます。
matutaka31の徳行に拍手です。
Commented by matutaka31 at 2011-06-17 22:47
taminamikawa1さんへ
焦燥しきった若いお母さんの顔が、見つかって安堵した表情に変った瞬間、私もつい大声で「良かったですね」と言ってしまいました。


<< トマトが色付きはじめた 長崎の被爆稲を作り続ける >>