芋ジージの独り言

 b0008825_9295517.jpg
 昨日、梅雨の晴れ間に、さつま芋苗をやっと植え終えた。
 今年は苗の育ちが悪いうえ雨が多くて、一気に植えることが出来なかった。
 昨年収穫した芋を保存しておいた種芋を3月に伏せこみ、育てた自作の苗150本と市販(1本32円)の苗30本あわせて約180本。

 終戦前後(昭和20年前後)の食糧事情を体験した人にとって、このさつま芋、数々の思いがこもっていることだろう。苦いそして懐かしい・・・想い出が。
 当時私は、長崎県長与国民学校4・5年生のころ。
 空襲が激しくなる中、学校から鍬を担いで大村湾を一望できる原野の開墾に連れて行かれた。
 大村飛行場が敵機の爆撃を受ける、それを迎え撃つ日本軍、・・・そんな光景を遠くに見ながらせっせと開墾した記憶がある。さつま芋を植えるために。
 家にいる時は、長崎市を一望できる高台の一角を借りて開墾した畑に、母親に連れられさつま芋作りの手伝い。そこでは母が必死でさつま芋を作る姿を見て育った。だからさつま芋作りはお手のものだ。

 何しろ、身近にある食べ物と言えば、さつま芋。それも潤沢ではない。出来るだけ自ら増産しないと空腹地獄が待っているので、勉強そこのけで子供ながらに必死だった。

 さつま芋、それは私の命綱そのもので、オヤツ感覚は今もって無い。芋ご飯が主食の食卓・弁当のお芋・・・等々当時の食糧事情を克明に思い出させる、語り部そのものだ。 

 自家消費だけだと50本も植えれば十分なのに、何故そんなに沢山・・・? 
 私にとってさつま芋は、子供の頃の大切な思いが一杯詰まった大地の恵みそのもの。
 そんな大地の恵みを可能な限りおすそ分けしたくなる。
 遠くに住む子供たちや近くの親戚に、ご近所さんに、そして親しい人たちに。
 また、気のおけない仲間・知人達と芋掘りを楽しむ。
 もう一つ大切なことが・・・。子供の頃お世話になった長崎の大家さん親子に、当時の感謝とお詫びの気持を送り届ける。


 育てる楽しさ、収穫の喜び・・・そのうえ贈った人や芋掘りを楽しむ皆さんの笑顔を見るのが何よりも嬉しい。
 だから、畑を借りられる間は、何時までも作り続ける。
 

[PR]
by matutaka31 | 2011-06-25 10:33 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15827201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2011-06-25 16:55
戦前・戦後の食糧事情が悪かった頃、さつま芋と片栗粉は空腹を満たす主食でした。
昭和20年頃は幼稚園でしたので、開墾こそしていませんが、家族でせっせと、さつまいもを作った記憶があります。
今では、懐かしい思い出として残っています。
Commented by dojyou38 at 2011-06-25 17:53
私も敗戦直後はうんざりするほど薩摩芋を食べさせられた記憶があります。
また、味よりも収量の多い農林18号とか云う薩摩芋を作付けしたように思います。
ただ、matutaka さんより幼く、四国の田舎だったのでそんなにシビアーな思い出はありません。
Commented by matutaka31 at 2011-06-25 22:14
taminamikawa1 さんへ
今の小学4・5年生に開墾は出来ないでしょう。
時代の違いとは言え、昔の子供たちはよく働きましたね。
それに食べず嫌い等はなかったです。
食べれるものは、何でも食べましたから。
Commented by matutaka31 at 2011-06-25 22:27
dojyou38さんへ
米ご飯の中にさつま芋が一杯入った、芋ご飯。
それでも白いお米が少しでも食べられるようになったときは、本当に幸せでした。
そう言えば、沖縄100号というのもありました。
Commented by hibochan at 2011-06-26 06:52 x
サツマイモ我が家でも少々植え付けてますが
以前より目にしなくなりました
我が県の乾燥芋生産量日本一ひたちなか市 東海原研の近く
一時風評被害で苦労してました。
Commented by matutaka31 at 2011-06-26 09:09
hibochan さんへ
最近のさつま芋は美味しいうえ、ヘルシーのイメージがありますので、この辺のほとんどの家庭菜園で植えているのを見かけます。
生産者にとって、風評被害は我慢ならないことだと思います。
お気の毒です。
Commented by ippu at 2011-06-26 09:30 x
≪ 終戦前後(昭和20年前後)の食糧事情を体験した人にとって、このさつま芋、数々の思いがこもっていることだろう。苦いそして懐かしい・・・想い出が≫
でも、当時のサツマイモは美味しくはなかったですね。
生産量だけが目的であったようで・・・。
“沖縄”という品種などは大きいだけで味もなく最低でしたね。
Commented by matutaka31 at 2011-06-26 10:06
ippuさんへ
沖縄〇〇号・・・子供の頭程の大きさになるが、確かに味は最低で、「栗より美味い13里半」とは程遠い物でした。
それにしても、今の焼き芋は美味しいですね。(^^♪


<< 富山県を過ぎて糸魚川市に 初夏の風 >>