雑草との闘い

 我が家では今、雑草との闘い「闘草」を、庭と菜園の2箇所で繰り広げている。
 庭はもっぱら家内、菜園は私の主戦場。

 先日新聞の書籍広告欄に、「雑草しむづくり」というのが目についた。
 表題のように雑草と上手に付き合うことが出来る人は、よほどの暇人か、庭の管理は人任せで趣味で雑草を愛でている人くらいだろう。
 少なくとも我が家では、そんな余裕は微塵もない。

さつま芋の草取りと土寄せ作業(作業前と後)
b0008825_7181325.jpgb0008825_718475.jpg
 




 


 炎天下での草取り作業は、中腰か腰を落とした格好での作業だから、日除けに麦藁帽子を被っていても2時間と続かない。5~10分おきに立ち上がり腰を伸ばし、水分補給をしながらの重労働になる。

 雑草の勢いは昔から「雑草のように生きよう」と子供の教訓になるほど、強さ・したたかさが言い古されているように、一度でも庭や菜園で雑草の威力を体験された方なら、容易に想像できるだろう。
 取っても取っても、次から次へと生えてくる。2・3日かかりで一通り取り終わってホッとして振り返ると、もうそこには次の草が伸び始めている。

 それ程したたかな雑草対策、これって言う妙手はない。ビニールシートで覆うマルチがあるがそれとて万全ではない。
 ただ草の勢いに負けないよう、早目早めに根気よく抜き取るしかない。芽が出た直後に、根こそぎ退治すれば後は楽チンだが、あれこれ忙しい思いをしている私には、なかなか思うようにことは運ばない。

 庭は、家内がこつこつ雑草を除去しながら、清掃管理してくれるので助かる。
 最近、地表面を覆って地肌を隠す地被植物(ちひしょくぶつ、ground cover plants)、竜のひげ、イベリス、ガザニア、ジャーマンアイリス等々を植え、極力雑草が生える余地を狭めている。
 菜園で苦戦している私に比べ、あまり労力を使わないで闘草の効果をあげている家内の戦略が一枚上手のようだ。


 何はともあれ闘草戦士にならないよう、汗で出て行く以上の水分を補給しながら、今年も頑張ろう!
[PR]
by matutaka31 | 2011-07-11 23:17 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15927549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sibuya at 2011-07-12 20:42 x
雑草との戦いは 北海道だって同じだ‥庭と菜園を妻と一緒に
しているのだが 妻の手の動きが遅いので 文句を云いながらの
除草作業だ。 昨年までの菜園は「シルバーシート」で被覆して
雑草の発生を抑えていたのだが 地温が上がらないので普通の
ビニールを被覆すると 雑草の繁茂に対抗するには 1週間に
1度は鍬で削り取るしかない‥ この時期ほぼ毎日だ・・疲れる・・
Commented by matutaka31 at 2011-07-12 22:00
sibuya さんへ
草取りは、生産性のない作業ですから、本当に疲れます。
菜園に行く度に、元気良く育っている雑草を観ると、ため息が出ます。、
Commented by taminamikawa1 at 2011-07-13 05:08 x
雑草との戦争を「闘草」と表現されておられますが、
まさに言いえて妙です。
その苦労をお察しいたします。
くれぐれも熱中症対策に万全を期して、
雑草に挑んでください。
Commented by hibochan at 2011-07-13 07:24 x
雑草つい先日草取りしましたが
もうそれ以上に生え出してきてます。
その生命力に驚いてます
この暑さですぐぜいぜい 参りました。
Commented by ippu at 2011-07-13 08:25 x
北側の裏庭にはドクダミが一面に茂ってしまいました。
自分では億劫なので“高齢者事業団”に依頼しています。
Commented by matutaka31 at 2011-07-13 09:32
taminamikawa1 さんへ
我々高齢者にとって怖いのは、静かに忍び寄る「熱中症」ですね。
水分補給を怠らず、無理をせず、あせらず・・・「3ず」の気持ちで挑むことにします。
Commented by matutaka31 at 2011-07-13 09:37
hibochan さんへ
一通り取り終わって、ホッとして次に出るのは、溜息です。
“また伸びている”
Commented by matutaka31 at 2011-07-13 09:39
ippu さんへ
薬草は、総じて生命力が強いですね。
代表格は、ドクダミ・スギナ・ヨモギでしょうか。
Commented by dojyou38 at 2011-07-16 10:40
私も1戸建ての社宅にいた時、貸し農園をしていた時、
闘草を嫌というほど経験しました。 その時はまだ若かった。
どうか、熱中症にならないように水と塩分を・・・
Commented by matutaka31 at 2011-07-16 17:22
dojyou38さんへ
そうですか。嫌と言うほど経験されましたか。
この闘草のきつさ・辛さは、経験した人でないと分らないでしょうね。
これがなければ、家庭菜園は倍楽しめるのですが・・・。


<< B型 我が家の節電対策 >>