B型

b0008825_7201731.jpg
「放言が血液型のせいだなんて・・・」松本龍・前復興担当相が「私はちょっとB型で短絡的なところがある」云々と血液型に触れて釈明したことに驚く欧州メディアの報道内容を、朝日新聞が報じていた。

 確かに日本人は、血液型と性格を結びつけたがる傾向がある。だからと言って大臣が「B型だから・・・」放言は、親しい仲間の茶飲み話ならいざ知らず、被災地への視察中の発言は許されるものではない。

 かって血液型と性格を表す本、「○○型自分の説明書」が評判になったことがある。
 最初にB型を出版し、「A型」「AB型」「O型」と次々に出版された。
 その本の著者プロフィールに、「周囲にはなぜか一風変わった、ユニークな人間が多数生息。彼らが軒並みB型であったことから、血液型に興味を持つ。」と書いてあった。
 その本に興味があった私は、自分と家内の血液型のものを買って読んでみた。
 例外があるので決め付けるわけにはいかないが、一般的な傾向として「よく当たっている」というのが私の感想である。

 専門家は、血液型と性格は関連性がないと言い切るが、どうも現実には理論で割り切れない何かがあるように私は思えてならない。
 ただし血液型と性格を一方的に決め付けて、その人の将来や今の生活を云々する権利は誰もないのだから、せいぜい気の置けない仲間での世間話程度にしておきたいものだ。

 ツナミ、フクシマ、Bガタと日本発の情報が世界を驚かしているが、今度は何が飛び出すのだろうか。
[PR]
by matutaka31 | 2011-07-14 07:26 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/15939855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2011-07-15 07:35 x
血液型と性格
当たらずとも遠からずの感じがしますが血液型全く気にしてません
昔桑田佳佑のつなみを聞いた時ツナミが英語になってるとは 知りませんでした。
Commented by ippu at 2011-07-15 08:08 x
≪自分と家内の血液型のものを買って読んでみた。
 例外があるので決め付けるわけにはいかないが、一般的な傾向として「よく当たっている」というのが私の感想である≫
わが家は子供3人を含み、家族5人が全員O型です。
家族ですから似たようなところがありますが、他人を見ると、血液型と性格は関係ないように感じます。
Commented by matutaka31 at 2011-07-15 13:13
hibochan さんへ
血液型と性格は、当たっていると思えば当たっているようだし、無視すれば気にならない・・・、やはり心理的なものですかね。
Commented by matutaka31 at 2011-07-15 13:23
ippu さんへ
個人個人を観るとその違いが分りにくいですが、集団になると血液型と性格は関連あるように思えます。
 真偽のほどは分りませんが、バレーボール等チームプレイが求められる競技の選手は、結果的にO型とA型になる・・・と聴いたことがあります。
Commented by taminamikawa1 at 2011-07-15 21:26
私を含めて家族(妻、息子2人)全員がB型です。
書棚に「血液型人間学(能見正比古著)とB型人間(鈴木芳正著)の
2冊の血液型に関する本があります。
私がB型ですので、松本龍・前復興担当相のB型人間云々・・発言を
反面教師にしたいと思う次第です。
Commented by matutaka31 at 2011-07-15 22:05
taminamikawa1さんへ
松本龍・前復興担当相のB型人間云々は、B型の人を随分傷つけましたね。
自分の短絡的な放言を、血液型のせいにするなんて言語道断です。
Commented by dojyou38 at 2011-07-16 10:27
松本前大臣、自分の失言を血液型のせいにして、世の顰蹙を買ったて、
入院してしまいました。
九大病院は5人の医師団を組み、診察したところ氏は躁鬱症・躁状態と診断、
失言の原因もこれと発表。  笑ってい仕舞いました。
Commented by matutaka31 at 2011-07-16 16:21
dojyou38さんへ
躁状態にある人物を大臣に任命するなんて、この国は危ないですね。
最近の政治家の言動は、与野党に限らず、失望する内容が多すぎます。
総選挙の前に候補者は、精神科の診断書を提示してもらった方がいいかも知れませんね。
Commented by ippu at 2011-07-18 15:46 x
お詫びです。
戴いたコメントに対しお返事をする際、“ matutaka31 さん”とすべきところを、“ matutaka38さん”としてしまいました。お詫び申し上げます。
Commented by matutaka31 at 2011-07-18 21:18
ippu さんへ
ご懸念無用に願います。ご丁寧に有難うございました。


<< 今年の夏はこれで乗り切ろう 雑草との闘い >>