虫刺されに「雪ノ下」

 ユキノシタ(雪の下)と言えば、ご存知の方も多いと思う。湿った半日陰地の岩場などに自生する常緑の多年草で、人家の裏や塀際に栽培されていることも多い。
b0008825_21475633.jpg
 この季節、虫刺されに悩む人は多い。そんな人に知ってて損しないお話。
 先日、花壇管理のボランティア活動中、害虫に刺されたときは「雪ノ下」を手で摺りつぶして塗ると良く効く、・・・と仲間の一人が教えてくれた。

 
 先日菜園の草取りをしていた時、虫刺され予防のため暑いのを我慢して長袖シャツで作業をしていたにもかかわらず、正体不明の虫に刺されてしまった。
 “やられた”と思った瞬間、痛みが走る。

 早々に帰宅して、すぐさま庭のユキノシタを手のひらで揉みつぶし赤くはれ上がったところに塗りつけると不思議に痒みがとれ、症状もそれ以上ひどくならなかった。
 その後、市販の薬を塗ったがその直りは意外と早いことに気がついた。
 先人の生活の知恵の素晴らしさを、身をもって体験した一幕である。
 家の何処かに何株かのユキノシタを植えておくと、いざと言うとき役立つし、その白い花も可憐で美しい。

 似たようなケースで、野外で遊んでいて怪我をしたとき、ヨモギの葉を揉みつぶして傷口に貼ると、止血効果があることを子供の頃体験したのを思い出した。

 
[PR]
by matutaka31 | 2011-07-30 10:06 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/16029562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ippu at 2011-07-31 06:56 x
≪虫刺されに「雪ノ下」≫
「雪ノ下」、懐かしいです。
子供の頃、裏庭のドクダミと「雪ノ下」は印象に残っています。
特にいい印象というわけではないのですが・・・。
Commented by matutaka31 at 2011-07-31 07:13
ippu さんへ
今はどうだか知りませんが、昔はどの家でも栽培していたようですね。
てんぷらにして食べると美味しいそうですが、どうも食指が動きません。
Commented by hibochan at 2011-07-31 07:31 x
孫たちは 毎日のようにムヒを塗りつけてるようです。
筑波山麓固有のホシザキユキノシタは つくば市の植物に指定されてます。
Commented by taminamikawa1 at 2011-07-31 14:55
ヨモギは殺菌・消毒効果があることは
知っていましたが、
虫刺されに「雪ノ下」がいいと言うことを、
初めて知りました。
情報、ありがとうございます。
早速、友人知人やナフコ等に尋ねてみます。
現在、拙宅では虫刺されには市販薬の「ムヒ」を使っております。
Commented by matutaka31 at 2011-07-31 21:55
hibochan さんへ
「ホシザキユキノシタ」は、筑波山固有種だそうですね。
また一つ利口になりました。
ネットで検索したところ、花が綺麗ですね。星のようにきらめいて・・・。

Commented by matutaka31 at 2011-07-31 22:01
taminamikawa1さんへ
私の経験では、「ムヒ」に勝るとも劣らない効果があるようです。
市販の薬を持ち合わせない山野では、大変役立つ薬草ですよ。
でも、慣れない人は敬遠するでしょうね。


<< 椎茸菌も刺激で奮立つ 炎天下のゴルフ >>