ボランティア&クラブ活動を楽しむ

 私は今、地元でのボランティア・太極拳・ウオーキングのクラブに所属する他、もう少し広い範囲の活動エリアを持つクラブにも複数参加している。
 その活動は、週一回から月一回のものもあれば不定期のものまで様々であるが、極力都合をつけて優先的に参加することにしている。そのため趣味の家庭菜園・ゴルフ・釣り・山歩きなどは、どうしても後回しになることがある。でもそれは私の生活心情によるものだから、趣味が犠牲になっているとは思っていない。

 退職後間もなく仕事と全く関係のない未知の世界に飛び込み、11年間経過した今の率直な感想は、「よかった!」の一言に尽きる。それまでの仕事とは全く関係のない人たちとの出会いや利害を伴わない活動は、私にとって新鮮そのもので、気がつけば新たな目標を見据えることが出来るなど、私の人生観を大きく変える存在になっていた。
b0008825_1133852.jpg
週1回のボランティア活動の舞台 ひょうたん池

 11年間の活動を通じた感想を挙げてみよう。
 組織のクラブ活動と違い、いろんな経歴、年齢層の違い等不特定多数の人達が集まる一般のボランティ活動や趣味のクラブ活動に於いては、運営面では過去の経験は大いに役立つ反面、日頃の活動では過去の経歴や肩書きは邪魔になりこそすれ何の役にも立たないこと、また過去をひけらかすことが如何に活動の雰囲気を損なうかを各人が承知しているので、誰も口にしない。
 むしろ過去の経歴にこだわりなく、対等の立場で且つ共通の目標に取り組む者同士の集まりだからこそ、活動が活性化され長続きするものだと思う。 時々話の流れのなかで、“matutakaさんはどんな仕事を・・・?”と現職の頃のことに水を向けられることもあるが、そのような時は“私には皆さんにお話しするようなことはしていないんです。過去はどうでもいいんです。ただ両手が後ろに廻ったことだけはありませんよ。 私には今が、そしてこれから先が大事なんです。”と笑って応えるので、二度と同じようなことを聞かれることはない。
 だから11年も一緒に活動していながら、私の経歴を知っている人はほとんどいない筈。
仮に廻りまわって私の過去を知っている人が居たとしても、それを話題にされたことは只の一度もない。

 もう一点、私が所属するクラブの構成員は(一つだけの例外を除き)女性が多い。そのせいか雰囲気が華やかで賑やかで常に明るい。
 その明るさの背景には、子育てから解放された女性は積極的に社会へ飛び出し、新たに見つけた目標に向かって意欲的に取り組むなど生活態度を改善したい気持ちの現われだろう。 だから話題についても、過去を振り返ることより現在の日常的な内容が多く、何かにつけて意欲的で内容も多彩だ。
 女性の意見に耳を傾けていると、男性重点の仕事社会で育った私には全く気がつかなかったアイディアや積極的な意見を引き出すことが出来、そのことがクラブ活動の活性化に貢献していることに気付く。 ボランティに限らず趣味のクラブ活動においても、積極的に女性の意見を取り入れることが、クラブ活動には必須と言っても過言ではないと思っている。
 女性のそのような傾向とは逆に、男性は定年後、何故社会活動に参加しようとしないのか、あるいは参加してもすぐやめてしまう人が多いの何故か。その理由については、既に一部触れているが、詳しくは別の機会に譲ることしよう。

 私がこれから先、ボランティア活動や趣味のクラブ活動を楽しく続けるに当たって、過去の経験を活かすのは当たり前であるが、過去の経歴や肩書きは無用の長物に過ぎない。
 そんな過去の想い出に耽るより、むしろ今を大切にし、これから先どのような目標を持って活動するかが私の生き甲斐に繋がると思っている。そしてその目標を追い求めてあれこれ挑戦する一日一日が、私の元気の源であり且つ楽しみでもある。
一方で趣味の活動が減っていくが、それに代わる別の楽しみが私の心を潤おしてくれているから、特に趣味を犠牲にしているとは思っていない。

[PR]
by matutaka31 | 2011-08-20 22:27 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/16146316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ikaton_prince at 2011-08-21 13:51 x
いつもmatutakaさんの活動には頭が下がります。前向きな姿勢が素晴らしい。私もそんな活動をしてみたいと常々考えています。
Commented by matutaka31 at 2011-08-21 16:19
ikaton_prince さんへ
恐縮です。
特別変ったことをしているわけでもないのですが、残された時間を無為に過ごすのが勿体なくて、やってみたいことを躊躇わずに実行しているまでです。
 失うものは無いと割り切ってしまえば、意外と気楽にやれるものですね。(^。^)
Commented by よこはまT at 2011-08-21 17:50 x
福岡の菜園には、ちょうどいい雨が降ったところでしょうか?

いつもにも増して、希望のあるご闊達な様子が伝わってきます。ありがとうございます。
時流をうまく捉えて、生き方上手でいらっしゃいますね(*^‐^)♭
matutaka31さんに肖り、いいアンテナと心身の健康を 持てますように…

女性のことをお認めになるのは、きっとご家庭で、奥さまをはじめご家庭の女性に恵まれていらっしゃったからこそでしょうね…
世の中には、こわい女性ももいますよ…(*^‐^*)
Commented by dojyou38 at 2011-08-21 17:54
matutakaさんの元気は歳を取っても地域とかかわりボランテアを喜びにしているからと思います。
リタイアー後、余り周りと拘わり無く
せいぜい趣味ににしかいきがいを感じてない方を見かけます。
それはそれで良いのかも知れませんが、やはり何時までも元気な間は社会・地域とかかわりを持ち、現役時代に受けた恩恵のお返しが出来たら良いなと思って私も生活しています。
Commented by hibochan at 2011-08-22 07:14 x
ボランテア活動御苦労さまです。
中々継続できるものでは ありません
自身地元への恩返しと思いこの歳で役いう役は すべて引き受けてきました。
最近役を引き受けない風潮がありますがなんとかなるものです。
Commented by ippu at 2011-08-22 07:40 x
≪もう少し広い範囲の活動エリアを持つクラブにも複数参加している≫
現役時代と比べどうしても交際範囲が狭まりますからね。matitaka31さんの行動は理想的ですね。
Commented by matutaka31 at 2011-08-22 08:53
よこはまTさんへ
有難うございます。
出来るだけ自分に正直に生きようとしているだけですが、・・・。
お陰さまで、充実した毎日です。
それでも時間が足りない・・・、欲張りすぎですかね。(^。^)
≪世の中には、こわい女性ももいますよ…≫
年の功で、少しは人をみる目が・・・と思いますが、気をつけます。
Commented by matutaka31 at 2011-08-22 08:58
dojyou38さんへ
人夫々と思いますが、折角与えられた時間とチャンス、活用しないと勿体ないような気もしますね。
生きている間は、今までず~と長い間お世話になった社会への恩返しをしながら、元気でいたいと思っています。
Commented by matutaka31 at 2011-08-22 09:06
hibochan さんへ
hibochan さんも、いろんなことをなさっったんですね。
お疲れ様でした。
わが街でも町内会役員になりたがらない風潮があります。
身勝手な自己主張が多くなった社会に対する、嫌気が影響しているのでしょうか。
Commented by matutaka31 at 2011-08-22 09:12
ippuさんへ
退職後は、それまでのOB会がせめてもの交際範囲に限定されますので、未知の分野へ飛び込むと新鮮味を感じますし、新たな発見がありますね。
その第1歩を踏み出す勇気と決断が要りますが、・・・。
Commented by taminamikawa1 at 2011-08-23 20:44 x
matutaka31のお考えに同感です。
私も、
現役をリタイアした後の生き方のキーワードは人生の集大成をし、
今迄お世話になった全ての人や地域・社会への恩返しと思っております。
リタイア後は価値観のシフト変更で、
現役時代の会社・仕事人間から、地域・趣味・ボランティア人間への軟着陸でした。
そういう点から、三角花壇・パソコンクラブ・同窓会の世話役等はボランティアでしています。
それが生きがいに繋がっているのではないでしょうか。
Commented by matutaka31 at 2011-08-24 09:10
taminamikawa1 さんへ
見事な、<地域・趣味・ボランティア人間への軟着陸>振りですね。
周りを見ていると、それが出来ない男性がいますね。
人夫々の考えですから、他人がおせっかいをすることではありませんが、なんだか勿体ないように思えてなりません。


<< 夕顔と夜顔 恵の雨と喜んだのも束の間 >>