くれない族

「紅族」と書けば暴走族みたいな怪しげな集団を想像してしまうが、「くれない族」となると、うん?と頭を傾げてしまう。
実はこの言葉、今読んでいる曽野綾子著「老いの才覚」の書き出し部分にでてくる言葉である。
b0008825_218185.jpg曽野さんが書いた「くれない族」とは
 
 友達が・・・「してくれない」
 配偶者が・・・「してくれない」
 娘や息子や兄弟や従兄弟が・・・「してくれない」と終始口にしている人がいます。
 「今度行く時私も連れていってくれない?
 「○○さんに伝えておいてくれない?
 「ついでに買ってきてくれない?・・・・・・と絶えず他人を当てにしている人もいます。

私は曽野さんの説に便乗して、・・・「してくれ族」も追加したくなる。
 曽野さんは、こう続ける。
 どんなに若い人でも、「くれない」と言い出したときが、その人の老化の始まりです。そして、どれだけの頻度で「くれない」を発するかを知ると自分のくれない指数つまり老化の進行具合を知ることができると。

 こう言われてみると、自分にも思い当たるふしがある。
 特に後段の「くれない?」を度々使っているようだ。
 それは、相手に負担をかけることとは思わず、気軽に言える間柄でしかも信頼しきっている相手に、親しみを込めて頼んでいるつもりなのだが・・・。受け止め方によっては、自分でやればいいのに・・・と言われても仕方のない、他人を当てにしているのと同じことかもしれない。

 現職の頃ある程度の地位に着いていた人は、定年後も周りの人が当然・・・してくれるものだと思い上がった考えが身に染み付いているのか、あるいは物事がうまくいかないのは自分のせいではないと思い込んでいるのか、意外とこの「くれない族」もしくは「してくれ族」が多いようだ。
 このような「くれない族」が定年後、家庭内に居続けるとどうゆうことになるだろうか。奥さんはストレスがたまり、外に向かって家の旦那は・・・をしてくれない云々と、「くれない」を連発するに違いない。
 その結末は、「くれない族」二人揃って、きっと老化坂を足早に駆け下りていくことになるのだろう。

 私は、57~58歳の頃、定年後の過ごし方に関する本を、何冊も読んだ。
 そして1週間のうち、3~4日は家の外に出かける生活設計を内々に作り上げていた。
 退職後それを実行して今ではそれ以上に充実した毎日を過ごせるようになったと思うので、当分くれない族にならなくて済みそうだと思っているのだが、ひょっとすると自分だけの思い上がりかも知れない。気をつけなくっちゃ! 
[PR]
by matutaka31 | 2011-08-29 21:12 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/16196213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ippu at 2011-08-30 06:00 x
≪くれない族≫
「くれない!」「くれない?」
不満を言ったり、何ごとも他人を当てにしているようでは駄目だということですね。
私もそう思います。
Commented by hibochan at 2011-08-30 07:56 x
どうもは自分は してくれ族
他人をあてにしてるようです。
本日快晴明日より台風の影響で下り坂
Commented by matutaka31 at 2011-08-30 15:01
ippu さんへ
いけないことだと思いながら、つい他人を当てにしている。
でも、いけないことと思う心があるうちはまだ救われますが、・・・。
Commented by matutaka31 at 2011-08-30 15:08
hibochan さんへ
どうやら私は、してくれない?を時々やっているような気がします。
出来なければいいよ!と半端な気持ちを込めて・・・。
それなら最初から、頼まなくて自分でやればいいのに・・・となるのですが。
Commented by dojyou38 at 2011-08-30 16:52
<当分くれない族にならなくて済みそうだと思っているのだが・・・気をつけなくっちゃ! >
私も思い当たることが有ります。
現役の頃、先輩などに頼まれたらなんでも気軽に引き受けた反面、後輩などにも「してくれ」を安易にやってました。
その癖がリタイアーしても直りません。 これを機会に注意したいと思います。
Commented by sibuya at 2011-08-30 18:51 x
私も「してもらう」事ばかりだ・・妻に食事。洗濯・掃除・あげくの果てに
病院まで付き添ってくれる・・
定年退職時はいつも職場の仲間が「ゴルフに誘ってもらえる」と
思っていたのだがさっぱり誘っても話しかけてもくれない・
・あ~ 人生ってそんなものかも知れませんね~・・・
Commented by matutaka31 at 2011-08-30 20:42
dojyou38さんへ
OB会等の席上では、「・・・してくれ」が、つい出てしまいますね。
「・・・してくれ」は、家族とりわけ女房だけに許されるのかも?
それはあまい!ですかね。
私も時々反省しています。
Commented by matutaka31 at 2011-08-30 20:49
sibuya さんへ
人生って、どうやら最後は一人ぼっち!
≪~ 人生ってそんなものかも知れませんね~≫
ちょっと寂しいけれど、人生ってそんなものでしょうね。
奥様に感謝!感謝!ですね。
Commented by taminamikawa1 at 2011-08-31 21:41
老化度進化の基準のひとつに「してくれない」「・・・してくれ」は言いえて妙ですね。
受動的でなく能動的な生き方をしなければと反省しきりです・・・。
そこで思い出しますのが、ケネディ元アメリカ大統領の言葉です。
「祖国があなたのために何ができるかを問うより、あなたが祖国のために何を行うことができるか問うてほしい。」

Commented by matutaka31 at 2011-08-31 22:57
ケネディ元アメリカ大統領の格調の高い言葉、いいですね。
おっしゃるとおり、受動的になると、老化度はどんどん進むでしょう。
肝に銘じて、何時までも若さを保つよう心がけましょう。


<< オッペケペー節 「平和のための戦争展」をみる >>