そばの芽の蕎麦屋

 三連休の中日、絶好の秋晴れに誘われ“蕎麦畑を観て美味しい蕎麦を食べよう”と、蕎麦街道で有名になった福岡・佐賀県境の三瀬へ車を走らせた。
 自宅を出て糸島峠を越え、国道263号線を佐賀方面に走る。ループ橋をわたり三瀬トンネルを抜け、走ることおよそ40分、もうそこは三瀬村だ。
 国道の両サイドに10軒ほどのこだわりの蕎麦屋が点々と、・・・連休の中日で案の定、どの店も駐車場は一杯で混雑している様子。
 予めネットで調べていた店、幹線道路から外れた山間の「木漏れ陽」を目指す。
b0008825_2240466.jpg
 こだわりの蕎麦屋だとの評判の店だが、道路からかなり外れた場所だからそんな混雑はないだろうと思ったが、見事に当てが外れた。
 昼時でもあって順番待ちで約20組の先客が、・・・。
 
 
 引き返そうかと思ったが、こんな山奥の一軒家にこれ程の客が来るのはただ事ではない、と腹を決めて待つことにしたのは良かったが、結果的に1時間以上も待つことになった。
 こんな長時間待つことは、通常私には考えられないこと。

b0008825_2241409.jpg この店の売りは、「そばの芽」だ。(料理の写真はネットより借用しました)
 
そばのもやしに陽を当てて、芽が緑豊な若葉になったところで刈り取り、ジュースやサラダにしてお客をもてなす。
 
 この「そばの芽サラダ」は、この店のオリジナル商品で、歯ざわりもしゃきしゃきして、蕎麦の味とマッチしてとても美味しかった。
 店プライベートブランド「直火焙煎 そば茶」を買って帰り、焼酎のお湯割りを飲んだが、なかなかいける飲み心地で、癖になりそう!
 蕎麦で有名になった所だが、今は蕎麦栽培している農家は少ないらしい。
 自然豊な山間地で、蕎麦が似合う場所だから、そのイメージ作戦に消費者が旨く乗せられた感じがしてきた。
 b0008825_22453740.jpg
 
探し当てた蕎麦畑では、白い花が満開だった。そして一部には赤い実が覗いていた。

b0008825_22425477.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2011-10-10 22:59 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/16418853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2011-10-11 07:26 x
蕎麦街道あるのですね
我が家の蕎麦只今真っ盛り所々黒い実をつけはじめました
我が県北地区が盛んな所です。
昨日集まり昨年の蕎麦ほとんど空近くなり新蕎麦が望まれます。
Commented by matutaka31 at 2011-10-11 14:02
hibochan さんへ
焼酎のそば湯やそば茶割りを飲んでみると、なんだか蕎麦打ちをしたくなります。
その前に蕎麦を作らなくてはいけませんね。(^。^)
Commented by taminamikawa1 at 2011-10-11 20:17
三瀬峠には昔は1軒しか、蕎麦の店はなかったのですが、
最近では10軒にも増えているんですね。
それだけ、蕎麦人気が高い。
10軒もあれば、どの店にしようかと迷いますね。
そう言えば、先日、太宰府政庁跡駐車場近くに蕎麦畑があり、
白い花が満開でした。
赤い実が生るとは知りませんでした。情報ありがとうございました。
Commented by matutaka31 at 2011-10-11 21:43
taminamikawa1さんへ
蕎麦街道と言われるくらいですから、国道沿いに点々とあります。
それなのに休日になると、どの店も満員の盛況振りです。
そばの実は通常黒色ですが、この赤色が後に黒に変るのか、あるいは別の品種なのか、良く分かりません。
Commented by dojyou38 at 2011-10-12 13:12
三瀬の蕎麦街道は最近有名になりましたね。私も何軒か入ったことがあります。
それにしても、1時間待ちとは・・・
蕎麦のもやし、近くの蕎麦名人から種を頂きサラダにしたことがあります。
Commented by matutaka31 at 2011-10-12 21:22
dojyou38さんへ
土日・祝祭日にこんなところに行くものではない、と思い知らされました。
やはりウイークデーに限りますね。
でも、地場産蕎麦でないと分かると、さめた気分になります。


<< 大刀洗平和祈念館を訪ねる 花壇管理ボランティアに思う >>