末期癌の治療を見つめて

 7月初めからすい臓癌で入院加療中の実兄の病状が急変したとの知らせで、病室に駆けつけたのが21日午前7時30分、翌日22日午前4時35分息を引き取るまでの21時間、78年間の人生終焉ドラマを見守ることになった。
 癌は早期発見・早期治療で多くの人の命が救われる時代とはいえ、すい臓癌は見つけるのが困難な場所にあるせいか発見が遅くなるうえ手術するのも難しい病気で、見つかったときは手遅れというケースが多いことを、入院当初知らされた。
 そのため抗がん剤治療となったが、副作用との闘いが待っていた。抗がん剤投与1クールを無難に過ぎたて一安心したのも束の間、副作用が肺炎を引き起こす結果となり、抗がん剤治療の道も絶たれ、とどのつまり緩和ケアーの道しか残されなかった。
 癌の治療として良く耳にする、手術・抗癌剤投与・放射線治療等々で可能な限り治療を続け、癌を克服する道が残されているものと期待したのだが、2ヶ月ほどの間に全ての道が閉ざされてしまうとは思いもよらぬことで、家族にとっては絶望のどん底に突き落とされたような失望感と同時に、現代医学の現実を改めて認識させられた。
 緩和ケアー施設がある病院へ転院して1ヶ月間の緩和ケアーを受けることになったが、この緩和ケアーの実態は私の想像以上で、痛みを一切感じさせない処置で、死の不安を極力感じないよう全ての面で気配りが為されていた。
 お陰で本人も苦痛を感じることもなく、体力が消耗して会話がうまく出来なくなった1週間を除いては、冗談を言い合えるほどで、笑顔も失わなかったのは救いであった。
 癌細胞が休むことなく体を蝕む中、治る見込みの無い、栄養剤と鎮痛剤投与を受けざるを得ない医療の現実を垣間見るようであったが、多くの癌患者が苦しみながらこの世を去る現実を考えると、癌患者の緩和ケアーが如何に必要かつ大事なことであるかを、身をもって体験した4ヶ月間であった。
 
 子供の頃から一緒に良く遊び、記憶に残るような喧嘩もなく、仲の良かった兄を失ったことは、私の大切な宝物を失ったに等しい。 でも、我が家の近くの病院に入院したこともあって、足しげく見舞い、最後の最後までいろんな話ができたのはせめてもの慰みである。 
[PR]
by matutaka31 | 2011-10-25 22:46 | 思いのまま | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/16497736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2011-10-26 22:28
すい臓等の内臓癌は発見しにくいと言われていますが、
たとえ、そうであっても、現実に目の前にしますと、
病いを癌を呪いたくなりますね。
お兄さんのすい癌が見つかって4ケ月で黄泉の国に行かれるなんて、
現実は非情ですね。
お悔やみ申し上げます。
Commented by matutaka31 at 2011-10-26 22:44
taminamikawa1さんへ
お悔やみのお言葉、有難うございます。
あまりにもあっけない出来事で、驚きと無念さが交錯しています。
お互いに健康に注意しましょう。
Commented by hibochan at 2011-10-27 06:38 x
辛い闘いでした
ご冥福をお祈りします。
自身年一回日帰りドック昨年より要再診
内視鏡検査を受け結果的には なんでもなかったのですが
心理的に疲れます。
健康の有難さが実感します。
Commented by matutaka31 at 2011-10-27 09:05
hibochan さんへ
お悔やみのお言葉、有難うございます。
すい臓癌はエコーでは見つからない、と言うことを知りました。
体調に少しでも違和感があるときは、精密検査が必要と思いますが、いざとなると実行できないのが人の常でしょうかね。
Commented by tetsu807-2 at 2011-10-27 18:21
謹んでお悔やみ申し上げます。身内の方が癌と闘いながらも
すべての道が閉ざされたことを、知らされた時のご心痛は
如何ばかりかとご同情に堪えません。
緩和ケアーの大切さも実感しました。
Commented by matutaka31 at 2011-10-27 20:22
tetsu807-2さんへ
お悔やみのお言葉、有難うございます。
早期発見が可能な癌はかなり克服されて来たようですが、早期発見が難しい癌に対する一般検診のあり方が十分で無いように思われます。
思いもよらぬことから、緩和ケアーの実態を知ることになりました。
Commented by おはようございます at 2011-10-28 09:38 x
≪78年間の人生終焉ドラマを見守ることになっ≫
ご愁傷様でした。言葉もありません。
1日も早い立ち直りをお祈りいたします。
Commented by ippu at 2011-10-28 09:39 x
失礼しました
上記はippuでした。
Commented by matutaka31 at 2011-10-28 16:55
ippu さんへ
お悔やみ、有難うございます。
兄の分まで、元気で長生きして、世間のお役に立てればと思っています。


<< 食べごろが近づく秋野菜 動脈硬化検査 >>