丸餅?それとも角餅?

b0008825_11383591.jpgb0008825_11374594.jpg






 若い頃、福岡から札幌に転勤した当時、角餅に出会ってと言うより丸餅がないのに驚いたことがある。
 最初は北海道だけと思い込んでいたところ、その後東京に転勤したときも角餅だらけだったので、 関東の人たちに聞き正したところ、餅と言えば当然「角餅」といわんばかり。
 私は、餅といえば丸いのが当たり前と思い込んでいたので、餅に対するイメージが大きく壊れてしまった記憶がある。
 その後、日本には丸餅文化圏と角餅文化圏が東西に分かれていることが分かった。日本列島雑煮文化圏 この分布図を見ると、明らかである。

 このように二つの文化圏が生まれた背景には諸説あり、どれが正しいのかよくわからない。
 その境界線は、京の公家文化と江戸の武家文化の違いによるという説だとか、丸餅はサイズを一定に揃えるのは難しいうえ、ごろごろして持ち運びや保存に不便である一方、角餅は大きさも均一にし易く、持ち運びや保存に便利だという功罪論までいろんな説があるようだ。

 私には、そんな諸説はどうでもよい、誰がなんと言おうと、餅は丸餅でなければならない。
 あの丸い形をした餅のイメージは、円満そのものである。搗き上げた餅を家族の手で揉むのがアットホームの雰囲気を醸し出し、大きさが揃わないところに手作りの良さがある。
 当然、お雑煮も丸餅で無ければならない。 正月早々、角餅の雑煮ではそんな円満な雰囲気は伝わってこない。

 
 大体日本食に限らず食べ物は、概ね丸みを帯びているものだ。自然界で収穫できる食べ物にに角ばった物のを観たことがない。食材で角があるのは豆腐くらいだろう。その豆腐にも丸いものが見受けられる。
 斯様に食文化は、和やかで円満な雰囲気の中から育まれたものだと思う。
 福岡に終の棲家を構えた今、我が家では断然丸餅だし、雑煮も当然のことながら丸餅を使う。30年ばかりの東京生活でも、雑煮の角餅は馴染めなかった。

 余談だが、丸餅文化圏の西日本で唯一沖縄県には雑煮や御節の風習がないらしい。その沖縄では正月は餅は食べない習慣だろうか、食べるとすれば角だろうか丸だろうか、ちょっと気になる。どなたか教えていただきたい。
[PR]
by matutaka31 | 2012-01-06 11:48 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/17549296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2012-01-07 08:05 x
我が家の餅は 柔らかいうちビニール袋に入れて固めます
お供え用に丸めるのと 二通り用意します。
ただこの地区は 隠し供えで飾りません神社への初詣のお供えに使います。
二日目まで平うどん三日目に初めて雑煮
ビニール袋を四角に切り取って使います。
恥ずかしながら片田舎の正月風景御紹介しました。
Commented by ippu at 2012-01-07 08:57 x
≪丸餅?それとも角餅?≫
今まで正月に行った国内旅行は青森だけだったこともあり、生まれてこの方“丸餅”に出会ったことはありません。
Commented by matutaka31 at 2012-01-07 10:09
hibochanさんへ
御地の正月餅や雑煮の風習、大変興味深く拝見しました。
元々角餅文化には、丸い飾り餅はないのでしょうね。
こちらでは、元日に雑煮をいただきます。
各地の習慣や食文化の違い、ますます興味が沸いてきました。
これからも、いろいろ聞かせてください。有難うございました。
Commented by matutaka31 at 2012-01-07 10:18
ippuさんへ
ippuさんが丸餅に出会ったら、私が角餅に出会ったときと同じように、きっと驚かれることでしょう。
私は、刃物で切ったものと手で丸めたものの触感の違いを感じます。
こうした地域間の風習も、時代の変化とともに、画一化されてしまうのでしょうね。
Commented by taminamikawa1 at 2012-01-08 22:08
鏡餅をはじめ、小餅も九州ではほとんど丸餅ですね。
あんこ入り餅は丸餅でないとできないのでは?
そう言えば、正月を除いてスーパーでは
袋に入った角餅を売っている?
Commented by matutaka31 at 2012-01-09 10:52
taminamikawa1さんへ
流通する餅は、餅つきの手間が省け、造りし易い角餅が主流にならざるを得ないのでしょう。
私は、あんこ入りの丸いヨモギ餅が大好きで、道の駅で良く買って食べます。


<< 日の出が早くなる喜び 蝋梅が咲いた >>