呼吸法の大切さと難しさを実感

b0008825_943395.jpg
 呼吸法には、上記3つの方法がある。
 人は皆活きている限り呼吸し続ける。
 生まれて死ぬまで、起きているときも寝ている間も、空気を吸っては吐き吸っては吐く呼吸を繰り返す。あるときは激しく、ある時は静かに・・・体の要求するままにリズミカルに繰り返す。
 それで多くの人は70歳、80歳あるいはそれ以上生き長らえている。
 それなのに、何故敢えて呼吸法なるものが脚光を浴びるのか。

 言うまでも無く、人はごく自然な呼吸によって身体機能を維持しているが、その呼吸法を意識的に変える事によってその人の身体機能を更に強化することが出来るからである。  例えばヨーガ、気功、太極拳等の健康運動、仏教の座禅、各種スポーツ等々にみられるように、運動機能の強化だけでなく、老後の健康維持、精神鍛錬等にこの呼吸法は重要視されている。私が今行っている太極拳は、この逆腹式呼吸を多用する。

 私は太極拳を初めて丸6年になるが、日頃の練習でこの呼吸法を取り入れることにより、バランス感覚の強化、柔軟な身体の動き、体の中から湧き出る爽快感等その効果を少しづつ実感出来るようになってきた。
 しかし一方では、この呼吸法の難しさも実感させられている。 つまり自然立ちや寝た状態でこの呼吸法を取り入れるのはさほど難しくないが、運動の最中に呼吸法を取り入れる、言い換えれば呼吸法を意識しながら運動するのは大変難しいと言うことだ。
 その難しさを克服するのは日頃の訓練に他ならないが、一朝一夕に会得できるものではないようだ。 
 これからも引き続きこの呼吸法を意識しながら生活習慣に取り入れていくことが、今後の健康維持に繋がるものだと思っている。

[PR]
by matutaka31 | 2012-01-12 11:18 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/17597577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2012-01-12 21:23
呼吸については、昔、学校で男性は腹式呼吸で、女性は胸式呼吸と
習った程度の知識しかありませんが、
逆腹式呼吸もあるんですね。
呼吸についての情報、参考になります。
Commented by hibochan at 2012-01-13 07:15 x
呼吸についてよくわかったような
腹式呼吸については 知ってました。
日頃から大きく呼吸したいと思います。
Commented by ippu at 2012-01-13 09:04 x
≪逆腹式呼吸≫
腹式呼吸も意識すると難しいですね。
逆腹式呼吸というのは初めて聞きました。
Commented by matutaka31 at 2012-01-13 09:54
taminamikawa1さんへ
逆腹式呼吸は、意外と知られていないようですね。
両手を頭上に延ばしながら挙げて背伸びし、息を思いっきり吸い込むと、お腹がへこみます。そして息を吐くときは、お腹を膨らましながら、ゆっくり時間をかけて吐き出す。
もう少し細かい注意点があるのですが、このイメージが逆腹式呼吸ですよ。
Commented by matutaka31 at 2012-01-13 10:00
hibochan さんへ
呼吸法の大切なことは、鼻呼吸で、吸う時間の倍以上時間をかけてゆっくり吐き出すと効果が上がるそうです。
そのとき、舌を上顎に軽くつけると、唾液がたくさん出て免疫力が増すそうです。
Commented by matutaka31 at 2012-01-13 10:05
ippu さんへ
逆腹式呼吸は、日頃あまり聞かない方法ですが、運動中にこの方式を用いると、体の動きがスムースになり、なんとなく爽快感が味わえます。
その分、体にいいのでしょうね。
お試しになっては如何ですか。
Commented by dojyou38 at 2012-01-13 13:51
逆腹式呼吸初めて知りました。
運動をしながら特定の呼吸法するのは難しいと思いますが、
ストレッチなどでしたら組み合わせが出来るかも知れませんね。
Commented by matutaka31 at 2012-01-13 20:41
dojyou38さんへ
太極拳ではこの逆腹式呼吸を多用するのですが、連続した型の動きをするときは、動作の方が気になり呼吸を合わせるのが難しいです。
座禅のとき、この呼吸法を行うと、結構長い間足がしびれないですよ。


<< 収穫とその後のメンテナンス 日の出が早くなる喜び >>