eメールのマナー

 昨日は、仲間で作っているパソコンクラブの勉強会。原則として毎週1回、2時間実施している。
 テーマは「知っているようで知らないメールのマナー」。
 メールで楽しくコミュニケーションが出来るようにするには、日常生活と同じようにメールにもマナーが求められる。
 ところが、知らず知らずのうちにマナー違反をしているかもしれない。 この点をF社提供の情報を基にして、自分のメールマナーの度合いを確かめ合うことにした。
 始める前は、「そんな事はとっくに知っているわい!今更言われなくても・・・」の空気が流れていたが、いざ実例に触れると、思いのほか疑問・質問が飛び出し、夫々に思い当たる節があるようだった。
 やはり仲間同志のクラブならではの雰囲気だ。

b0008825_2026245.jpg
マナーの幾つかを挙げると
○添付ファイルのサイズの大きさに気をつける
○宛先・CC・BCCをうまく使い分ける
○テキスト形式で送る
○機種依存文字を使わない
○顔文字ををうまく使って感情を表す
○文章を読みやすくまとめる
○返信を忘れない
○自己主張は控えめに
  等々。
b0008825_20282864.jpg
 最近、文字化けが起き易くなっている原因の一つに機種依存文字の使用が挙げられるので、注意したいところである。
 また、携帯電話やズマートフォン等が普及しているが、携帯に比べ伝えたいことがより細かく表現できるので、私はもっぱらeメールを愛用している。 古い!と言われるかもしれないが・・・。
 これからもマナーに心がけ、楽しいコミュニケーションを続けよう。 
b0008825_20292164.jpg
こんなことをイメージしながらメールを書くといいかも (^。^)

[PR]
by matutaka31 | 2012-01-26 11:44 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/17685865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yyyanoy at 2012-01-26 20:31
今、北海道到達おめでとうございますと、書こうとしたらぱっと画面がかわって何やら他のブログかとおもいました・・・多面にわたるブログ記事にはすごい!といつもながら感心いたします。
メールのマナーたしかに気をつけたいとおもいます、明瞭簡単に書くにはと思うとついめんどうになったり、思いやりのない文章になったりします。

Commented by matutaka31 at 2012-01-26 21:47
yyyanoyさんへ
想い出の北海道、もうワクワクしています。(^。^)
脂の乗り切った30代でしたから・・・。
メールも個人間のやりとりは楽しいですが、相手が分からないMLは気を遣います。中には揚げ足取りの名人もいますので、・・・。
Commented by hibochan at 2012-01-27 07:28 x
私もEメール派 もしかしてマナー違反をしてるかも
ある会に申込み
途端迷惑メール殺到アドレス変更した苦い経験があります。
信頼筋以外公開しないことにしてます。
Commented by ippu at 2012-01-27 09:36 x
≪・・・マナーの幾つかを挙げると・・・≫
○機種依存文字を使わない
○顔文字ををうまく使って感情を表す
上の2点を除いて守れていると思います。
最近、受信・送信とも少なくなったような気がします。
Commented by matutaka31 at 2012-01-27 09:38
hibochan さんへ
そうですね。メールアドレスは独り歩きしますので、迷惑メールの対象になることがありますね。
そうゆうときは、まとめてシフトキーとデリートで一発削除します。
メールは私にとって楽しい情報源です。
Commented by matutaka31 at 2012-01-27 11:53
ippu さんへ
顔文字は、文章で表現できない微妙な感情をカバーしてくれる効果が期待できますので、時々使います。
若い人は、どちらかと言えば携帯派が多いようですね。
私は、文字が小さいのと、片手で操作するのが苦手です。(^。^)
Commented by taminamikawa1 at 2012-01-28 21:41 x
メールはネチケット(エチケット・マナー)を守るのが
基本ですね。
相手に失礼にならないように。
Commented by matutaka31 at 2012-01-30 14:33
taminamikawa1 さんへ
「親しき中にも礼儀あり」と言われますが、メーリングリスト(ML)では特に気を遣います。
もっぱらDM派に徹しています。


<< 複雑な気持ちで眺めた車内の光景 北海道に到着(バーチャル 日本... >>