冬ぼたん

 先日、ボラティアを終わって、今見頃の筥崎宮花庭園の「冬ぼたん」を見に行った。
 藁で編んだ雪囲いの下で、色とりどりの大輪の花が見事に咲いていた。
 ぼたんと言えば、春先に咲くものだと思いがちだが、この冬ぼたんは寒い1月から2月に見頃になるということで、珍しさもあって三々五々の人出で綺麗な花を思い思いに観賞しているようだった。
b0008825_14582775.jpg

 最初一見して、花びらが少し生気がないような気がしたので、もう満開を過ぎて見頃を逸したのかと、少々がっかりしながら見て廻った。 ところが、係りの人に尋ねると“今日は気温が何時もより少し高いので元気がないように見えるが、気温が下がるとまたシャンとします” という説明であった。
 私たちはその理由を聞いたので納得したが、事情を知らない多くの人は、少々がっかりして帰ったのではないかと気になった。
 園内に看板でも立てて事情を書いて張り出せば、冬ぼたんの生理的特徴を学べる良い機会になるのに・・・.
                冬ぼたんのアルバム

ぼたんには、4~5月に開花する春牡丹の他に、寒牡丹と冬牡丹がある。

寒牡丹は、春と秋に花をつける二季咲きの変種で、春にできる蕾は摘み取り、秋にできる蕾のみを残し10月下旬~1月に開花させる。
冬牡丹は、春牡丹と同じ品種を1~2月に開花するよう、特に手間をかけて調整したものだという。
[PR]
by matutaka31 | 2012-02-02 14:52 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/17729582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sibuya at 2012-02-02 14:58 x
筥崎宮花庭園の寒牡丹・・色とりどりの可愛い牡丹ですね~
「冬ぼたん」のスライドのアルバムも見させて頂きました。
Commented by matutaka31 at 2012-02-02 17:37
sibuya さんへ
スライドショー見ていただいて有難うございます。
白銀の世界に包まれている皆さんの、一服の清涼剤になれば幸いです。
わすかながら、今年初めての積雪になりました。
Commented by tenpai8 at 2012-02-02 21:47 x
素晴らしい圧巻の冬牡丹ですね。何回か行きましたが、こんなにまで綺麗な園は初めてでした。やはり厳冬のお恵みなのでしょうか?明日の厳寒、雪中の寒ボタンもサゾカシでしょうね!
Commented by taminamikawa1 at 2012-02-02 21:59
話には聞いていましたが、
百聞は一見に如かずで、見事な冬ボタンですね。
赤・ピンク・白、色とりどりの花に癒されます。
是非、機会を作って見に行きたいものです。
Commented by hibochan at 2012-02-03 07:24 x
今の時期に見事
つくばにも国内屈指の牡丹園が毎年TVで紹介されます。
管理人の方に冬 寒牡丹の違いを聞いたことがありますがその時に言われたこと藁ぼっちは 害虫が発生しやすいとのこと
以来我が家では そのまんまさらすようにしてます。
只今寒そうですが芽は わかるようになりました。
Commented by ippu at 2012-02-03 10:07 x
≪冬ぼたん≫
このようにして育てるのですか。
冬に花を咲かせるにはそれなりの手が掛るのですね。
Commented by matutaka31 at 2012-02-03 10:21
tenpai8さんへ
写真を見ていただいて有難うございます。
おっしゃるとおり、厳冬の恵そのものですね。
この寒さで、一段と魅力的になっているでしょう。
機会があったらお出かけになっては如何ですか。
Commented by matutaka31 at 2012-02-03 10:25
taminamikawa1さんへ
寒い日ほど、美しく映えるそうです。
ゆっくり時間をかけて観て廻ると、その良さを実感できます。
機会がありましたら、お出かけになっては如何ですか。
きっと満足されると思います。
Commented by matutaka31 at 2012-02-03 10:30
hibochanさんへ
この冬ぼたん園の側らでは、春ボタンの花芽が膨らんでいました。
庭園の管理状況を見ると、牡丹の管理は大変だという事が良く分かります。
我が家にも植えていたのですが、手を抜いたため、いつの間にか消えて無くなってしまいました。 残念!
Commented by matutaka31 at 2012-02-03 10:37
ippu さんへ
個人の庭では、余程暇を持て余している人か、花キチといわれる日でなければ、とても出来ないですね。
今は、多少の交通費と入場料を払えば、四季折々の花が楽しめますので、便利な世の中になりました。


<< 旧唐津街道 馬出界隈にある店 複雑な気持ちで眺めた車内の光景 >>