旧唐津街道 馬出界隈にある店

 “筥崎宮の近くに「筥崎とろろ」という美味しそうな店があり、その近くに国の文化遺産に登録された「箱嶋家住宅」がある”という情報をもとに、知らない所は行って見よう、良く分からない所は行って確かめよう、こだわりの料理は行って食べてみよう・・・の探訪心を共有する仲間と新たな発見?を期待して福岡市東区馬出界隈に出かけた。
 そこには案の定、意外な発見と出会いが待っていた。

 その馬出界隈とは、筥崎宮から九大医学部方面へ通じる旧唐津街道(県道21号)沿いにある。
 旧道だから道幅は狭く、市内のメインストリート昭和通りにつながる道路だけに、ひっきりなしに通過する車の雑踏に飲み込まれそうになる場所である。初めて通る人には、頻繁に行き交う車に気を取られ、のんびり古い町並みを眺めながら歩く雰囲気はない。
 そんな騒々しい古い街並みだが、お目当ての場所を予め定めて行ってみると、見て・聞いてびっくり、そこには「知る人ぞ知る」建物やそこで営むこだわりの店が点在していた。

b0008825_2255452.jpg 市営地下鉄「箱崎宮前駅」を降り、旧唐津街道を西へ向かうと、まず目に飛び込んだのは「天井桟敷」の看板を掲げた古い建物。
 ご存知、「天井桟敷」とは、一番安い値段で芝居が見られる席のことだが、その中で何が営まれているのか見当がつかない。 そういえば「天井桟敷の人々」というフランス映画があったことを思い出す。
b0008825_2272890.jpg

 入り口に張った小さな営業案内には「ワインとチーズフォンデュ」の店とあった。 
 飾り気のない、まさに知る人ぞ知る店だ。やっとその看板が訴える気持ちが伝わってくる。
 b0008825_2283863.jpg
その建物の側に、見捨てられたように、肩身の狭そうに立っている約1メートルの石柱が気になった。 
 よく見ると「従是東表粕屋郡」と刻んである。
 何を意味するのか、さっぱり分からない。かってこの辺は粕谷郡と呼ばれていたので、何かの標識くらいにしか思いつかなかった。

 興味がありながら「分からないから見過ごす」ではなく、 「わからないことは確かめる」が私たちが好む探訪の面白さで、一度で納得できないときは再度訪ねる。 その結果を日常生活に役立てようなんてことではなく、今まで知らなかったことを知る喜びが、私たちの心を豊にしてくれるから。
 b0008825_2295427.jpg
 早速、その石柱の意味を調べてみた。
 石柱は、江戸時代の表粕屋郡の境界を示すものだった。
「従 是 東 表 粕 屋 郡」 (これより東 おもて粕屋郡)と読むとよく分かる。
 かってこの辺は表粕屋郡と裏粕屋郡に分かれていたため、その境界を標す境石という。

 肝心の「箱嶋家住宅」と「筥崎とろろ」は次回にアップすることにしよう。




「表糟屋郡と裏糟屋郡の区分」はこちら↓↓をクリック  



「Wikipedia」より引用
江戸時代 - 黒田氏により伊野香椎の山を境にして誕生。

伊野香椎の山を境にして、南部を表糟屋郡と称する。
  篠栗村・勢門村(現・篠栗町)
  仲原村・大川村(現・粕屋町)
  須恵村(現・須恵町)
  宇美村(現・宇美町)
  志免村(現・志免町)
  箱崎町・多々良村(現・福岡市東区)

伊野香椎の山を境にして、北部を裏糟屋郡と称する。
  久原村・山田村(現・久山町)
  香椎村・和白村(現・福岡市東区)
  新宮村・立花村(現・新宮町)
  席内村・青柳村・小野村(現・古賀市)


当時、表の人は裏の人に対し、優越感を持っていたという説もあるらしい。
地理的立地条件を考えると頷ける説ではある。
 
[PR]
by matutaka31 | 2012-02-03 13:45 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/17735696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2012-02-04 22:00
最近、街中ウォークが見直されているようです。
博多駅界隈・天神周辺等。
同じように、旧街道筋ウォークも。
新しい発見がありそうですね。
Commented by hibochan at 2012-02-05 07:11 x
探究心は 老化防止
自身ひらめいては この目で確かめます
旨いもの探すのも楽しみ
次回期待します。
Commented by matutaka31 at 2012-02-05 15:07
taminamikawa1さんへ
軽い気持ちで行く、歴史探訪は結構楽しいですよ。
専門的に調べようと思うと、楽しむどころか苦痛になるでしょう。
遊び心で出かけると、思わぬ出会いがあります。
Commented by matutaka31 at 2012-02-05 15:14
hibochan さんへ
おっしゃるとおり、探究心は老化防止だと思います。
そのうえ、心も人生も豊かになる・・・。
身近なところに、行ってみたい、食べてみたい・・探訪先がたくさんあります。
Commented by dojyou38 at 2012-02-07 09:34
筥崎宮~櫛田神社間を三社参りで度々歩くのですが、唐津街道とは知りませんでした。
糟屋郡に表と裏があったのも始めて知りました。
Commented by matutaka31 at 2012-02-07 14:33
dojyou38さんへ
私も偶然です。あの通りが唐津街道であることも、糟屋郡のことも。
知らないところを訪れると、意外な発見があるので面白いです。


<< 旧唐津街道 馬出界隈を探訪 冬ぼたん >>