本当はやってみたいスポーツ

 このタイトルは、今朝の朝日新聞で見かけたものだ。
 b0008825_11275395.jpg
朝日新聞の会員組織「アスパラクラブ」が実施したアンケートの回答では、1位馬術、2位弓道、3位アーチェリー、4位射撃、5位テニス・・・続く。
 これは、自分の境遇に応じて気軽にやりたいと思うスポーツではなく、もっとお金があれば・・・もっと時間があれば・・・もっと若ければ・・・と但し書きがつく願望を含めたものだそうだ。

 この結果を見ると、平和な暮らしにどっぷり浸かった、現在の日本人の意識を垣間見るようだ。

 そういえば私も、学生時代馬術に憧れ、一度だけ馬術部の馬に乗せてもらったことがある。馬上から見る視界は、わずか2メートルそこそこの高だけれど、こんなに違うものかと妙な優越感を抱かせるものだった。
 でも、馬の世話は傍目に見るほど生易しいものではないこと、そして馬の神経質な性質を、競馬場のアルバイトで身にしみて感じていたので、それ以来馬術をやってみようと思ったことはない。

 上位にランクされたスポーツの中で、私がお金とチャンスがあれば今でもやってみたいと思っているのに、射撃がある。子供の頃お祭りで射的が物凄く面白かった記憶があるし、今でも、あの的を射たときの爽快感は変りないと思うので、一度は経験したいと思っている。

 私が今でも時々登る登山は6位、現をぬかしたゴルフは7位、そして今最も打ち込んでいる太極拳は25位以内にも入っていない。 それもそうだ、太極拳は積極的に楽しむスポーツではなく、高齢化に向けて健康を維持し続けるための、いわば守りのスポーツだから。
 アンケートの主旨が、「健康維持のためにやりたいスポーツ」だと、太極拳はきっと上位にランクされるだろう。
        



6位 登山
7位ゴルフ
8位水泳
9位合気道
10位ダイビング
11位野球
12位サイクリング 以下省略
[PR]
by matutaka31 | 2012-03-03 10:45 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/17903388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2012-03-04 08:45 x
一位が馬術とは ポピュラーとは 思いませんが
五位のテニスのみ経験
最近の傾向は 自己責任の個人競技が好かれるようです。
一つ二つ健康そして楽しめるスポーツがあっていいのかなと思います。
Commented by matutaka31 at 2012-03-04 09:39
hibochan さんへ
団体競技は、負けたとき、よく誰かが槍玉に揚げられますね。
ゲートボールが衰退したのは、それが原因らしいです。
シニアの世界では、個人競技が圧倒的ですね。
Commented by dojyou38 at 2012-03-04 16:21
馬術が1位とは驚きです。 想定外でした。
登山が6位でしたか。 そんなもんでしょうね。
Commented by matutaka31 at 2012-03-04 17:42
dojyou38さへ
人夫々ですね。
アンケートの結果がが全ての傾向だと思うのは、危険かもしれませんね。
私がアンケートに答えるときは、思いつきで応えることが多いな~と反省していますから。


<< もうすぐ春 衆院議員選挙に700億円以上の... >>