空豆 3月の手入れ

 昨年11月5日ポット播種、11月29日定植を終えた空豆。 
 12月3日に中耕・施肥(N8・P8・K8化成肥料)と土寄せを行う。
 寒さにじっと耐え伸び悩んでいたが、今では勢い良く伸び始め、側枝も多いのは9本、少ないのでも6本出ている。
b0008825_1205665.jpg

 今年は天候不順で日照時間が極端に少ないせいか、茎の太さに張りがなく、ひ弱な感じがするので、(N8・P8・k8)の化成肥料を1本当たり1/2握り位追肥した。
 また、花芽が膨らみ枝が伸びると倒伏しやすくなるので、根元から枝が裂けないように根元に土を盛り上げた。
 この土寄せは、枝と枝の間隔を広め、株の中までしっかりと日光が当たるようにする効果もある。
b0008825_1211999.jpg

 もう蕾が見え始めた。
 これから一気に茎が伸び、一節毎に、花が順々に上に向かって咲き上がり、間もなく枝も50cm以上に伸びてくるので、3月中に支柱を添え、強風で倒伏しないよう周りを紐で囲うようにしなければならない。
 同時に、株の中に日光がしっかり当たるように、軟弱な側枝を根元から切り取る作業も欠かせない。


 ベランダ等で鉢植えを楽しんでいる場合は、そろそろ支柱を取り付け、細い軟弱な側枝を切り取るように心がける。
 また水のやり過ぎに注意が必要だが、花が咲き莢が出来る頃は十分な水遣りが必要になる。そして日光が万遍なく当たるように、鉢の向きを時々変えることも。
 
[PR]
by matutaka31 | 2012-03-10 12:01 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/17943013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sibuya at 2012-03-10 19:49 x
40年ほど前に「そら豆」を作ろう…と数戸の農家に試験的に栽培した。
そら豆は北海道でも収穫出来るのだが 販売できるような良い豆が
出来なず収益につらがらない・・・
やはり北海道は日照不足・積算温度が不足するからでしょうね・・
Commented by matutaka31 at 2012-03-10 20:57
sibuya さんへ
空豆の試験栽培、貴重な経験をされたのですね。
可能性を追求されたご努力に、感動です。
空豆の有効積算温度は、開花後45日で300~330℃とされていますので、北海道の短い夏では無理だったのでしょうか。
Commented by taminamikawa1 at 2012-03-10 21:54 x
野菜づくりは種を蒔いておけば黙っても、
収穫できるかと言えば、さにあらずですね。
収穫するまで雑草取り・土寄せ・肥料槍・消毒等、大変ですね。
農家の方の苦労が分かりますね。
いろいろ苦労はありますが、その分、
収穫できた時の楽しみがありますね。
Commented by hibochan at 2012-03-11 06:43 x
啓蟄も過ぎぼちぼちと思ってますが天候不順
週明けから安定とのことそれから
知人の依頼でまきストーブ用の切り出し四日ほど行いました。
Commented by matutaka31 at 2012-03-11 09:58
taminamikawa1 さんへ
野菜・花作りも子育てと同じですね。
でも、野菜や花は、愛情を注げばそれだけ誠実に応えてくれます。
それと何より収穫が楽しみですね。
Commented by matutaka31 at 2012-03-11 10:01
hibochan さんへ
今年は、天候不順のせいか、なかなか腰が上がりません。
今週後半から天気が安定しそうですから、菜園仕事をぼちぼち始めようかと思っています。


<< 東日本大震災瓦礫受け入れを決議... 風雪に耐えて咲く梅の花 >>