花筏

 
b0008825_950166.jpg

 毎年この時期だけ見ることができる「花筏」、今週初め、歩こう会のメンバーと一緒に近くの池田川畔の桜並木の下で弁当を食べながら、ゆっくり眺める機会に恵まれた。
 この風景は、水が綺麗な川沿いの桜の下でければ、見ることが出来ない。
 池の水面に落ちた桜の花びらでは、この花筏のイメージは湧いてこない。
 ちりばめた桜の花びらが、筏のように連なって、緩やかに流れていく。まさに山奥で伐り出された木材が筏に組まれて川を下っている様に見えてくる。都会の喧騒をよそに、のんびり花筏を眺めていると、新鮮な空気が体中に漲りリフレッシュされるのを感じてくる。

 それにしても、花筏とは良く言ってものだ。
 誰が最初にこう言ったのか知らないが、何かにつけてせわしない今の時代にはそんなゆったりした気分にはなれないだろうから、余程の風流人か暇人だったに違いない・・・と考えてしまう。
 そう決め付けてしまうと、“そんなことはない!日本人の風流は廃れていない”とお叱りを受けるかも知れない。 
 是非そうであってほしい。

花筏の由来を調べていたら、「花筏」という植物があることを知った。




「花筏」 葉の中央につく花が、筏に人が乗った姿に見えることからできたネーミング。
b0008825_10445429.jpg
写真はインターネットよりお借りしました。
[PR]
by matutaka31 | 2012-04-12 10:22 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/18122819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sibuya at 2012-04-12 19:14 x
サクラの花が散って花筏となって川を流れる‥ロマンチックだね~
花筏を眺めながらの一杯の酒も季節感があって美味しそうですね。
今日札幌は積雪ゼロ‥になったようですが 我がマチではまだ90cm
ほどの雪があります。今月中に溶けてくれないかなぁ~・・
Commented by hibochan at 2012-04-13 06:44 x
花筏みたことありません
植物があるとは 知りませんでした。
昨日県内満開宣言 来週花筏見られるかも
Commented by hibochan at 2012-04-13 06:44 x
花筏みたことありません
植物があるとは 知りませんでした。
昨日県内満開宣言 来週花筏見られるかも
Commented by ippu at 2012-04-13 09:39 x
≪それにしても、花筏とは良く言ってものだ≫
私も初めてこの言葉を知ったとき、同様に感じました。
夢のある響きがいいですね。
Commented by matutaka31 at 2012-04-13 11:03
sibuya さんへ
ゆったり川面を流れる花筏を眺めていると、心が洗われるような爽やかな気分になります。
たまにはこうゆう風情もいいものです。
まだ90cmの積雪ですか。
でも百花繚乱の春は、もうすぐですね。
Commented by matutaka31 at 2012-04-13 11:05
hibochan さんへ
私も「花筏」の木を見たことがないのです。
今度山歩きしたときに、気をつけて観察してみようと思っています。
桜が満開、花見が楽しみですね。
Commented by matutaka31 at 2012-04-13 11:14
ippu さんへ
日本語の言葉の微妙な響き、奥が深いですね。
このような表現は、横文字の国民には理解できないことでしょう。
日本料理の奥の深さに通じるところがあるようです。
Commented by dojyou38 at 2012-04-13 21:51
見事な花筏ですね。 流れる川で見られたのは素晴らしい。
毎年 舞鶴公園でよく見るのですが、今年は貧弱でした。
植物・ハナイカダは写真を見て思い出しました。何処かの山で見たことがあります。
Commented by matutaka31 at 2012-04-14 08:52
dojyou38さんへ
この日は花散らしの風が強く、いい光景に出会いました。
植物の「ハナイカダ」、今まで見たことも聞いたこともありませんでした。
これから山へ行ったとき、気をつけて見つけようと思っています。
Commented by yaya841 at 2012-05-07 12:42 x
こんにちは。
花筏・・・。
最近知りました。
50数年生きていますが・・・恥ずかしいことです。
でも、とても素敵な言葉ですし、その風情も素敵ですね。
来年の桜の季節に観てみたいです。


<< 夜桜 パソコンクラブの花見 >>