玉ねぎとジャガイモを収穫

 今年も梅雨前に玉ねぎとジャガイモを取り入れた。
 と言ってもジャガイモはメークインのみで、男爵と出島はまだ畑の中で出番を待っている。本格的な梅雨前になんとか収穫しなければならないが、雨不足で土が岩のようにカチカチで、鍬で掘るには腰を痛めてしまうので一雨後にしようと決め込んでいる。
b0008825_1014191.jpg

b0008825_1023827.jpgb0008825_1025762.jpg






 毎年、「今年は去年よりましな結果を出そう」と、今までの反省を基にそれなりに栽培管理に工夫をしたつもりでも、結果を見るとまだまだと納得がいかないことの繰り返しである。
 今年は玉ねぎもジャガイモも、去年までと違う専用肥料を施したので多分いい物ができるだろうと期待したのだが、結果は期待に反してしまった。

 玉ねぎは早生種はまずまずの出来であったが、晩生種は玉の大きさが極端に不揃い。これには心当たりがある。自分では中晩生種の苗だけを作り晩生種の苗をを作らなかったので、店先から苗がなくなってしまう頃、止むを得ずあまり状態の良くない苗を買って植えたのが最大の原因だろうと思っている。
 ジャガイモは、数は多いが、これまた玉ねぎと同様粒が不揃いだ。
 
 不揃いの原因は、最も成長が盛んな時期の雨不足だと思っている。土壌水分が減ってくると、その影響は直ぐに表面化しないが、ジワジワ収穫に悪影響を及ぼす。
 適時の雨が野菜にとって如何に大事かを実感させられる瞬間である。
 よい野菜を作るには、①少々の旱魃にも耐えられる保水力のある土作り、②よい苗作り、③植え付け後の栽培管理の三拍子揃わなくてはならないのは言うまでもないことだが、その前に立ちはだかる最大の障壁は「天候」と言う魔物だ。
[PR]
by matutaka31 | 2012-06-10 10:31 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/18420220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2012-06-11 08:30 x
やはり農作物は 天気に左右されそう
それにしても大収穫
我が家のじゃがいも めいくいん きたあかり とちや
果たしてどうなってるのか
Commented by matutaka31 at 2012-06-11 20:49
hibochan さんへ
入梅宣言は何処へ行ったのか、ちっとも雨が降らずお手上げです。
雨乞いをしたい気持ちですが、大雨になっても困るし、成り行き任せです。
Commented by dojyou38 at 2012-06-13 17:31
立派に出来ているじゃないですか、自分で手間隙掛けた野菜の味は格別でしょう。
今年は雨が少ないようですね。
熊本の山間地域(棚田)の友人は雨が少ないので田植えが途中で止まっているとぼやいていました。
Commented by matutaka31 at 2012-06-16 06:48
dojyou38さんへ
有難うございます。
今年は本当に雨不足で、参っています。
農家の人たちのご苦労が良く分かります。


<< 野村望東尼と平尾山荘 足腰の筋力が弱ると転び易くなる >>