松尾芭蕉と枯野塚 

 福岡市内の歴史探訪を重ねているうち、松尾芭蕉の辞世の句「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」の句碑と墓「枯野塚」が、福岡市東区馬出5丁目228にあることを知った。
 芭蕉が九州を旅したことはないと思っていたので、何故福岡に枯野塚が?と疑問に思い、早速訪ねることにした。
 b0008825_13524919.jpg
 
 馬出バス停の近く、民家に挟まれた幅約1m程の狭い路地の奥まったところに「枯野塚」があったが、道案内は電柱に張られた一枚だけで、初めて訪れる人が探し当てるのは難しい場所である。
b0008825_13542219.jpg




この路地の奥まったところに枯野塚があるが、余程注意しないと見過ごしてしまう。

 



 松尾芭蕉は、東北地方をはじめ各地を旅し、さらに西国への旅を思い立ち、弟子の呑舟(のんしゅう)らを供に東海道を下る途中病に倒れ、元禄7(1694)年大阪の地で51歳の生涯を閉じている。

「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」は、呑舟が芭蕉の枕元で書きとめた辞世の句。

 芭蕉の来訪を心待ちにしていた博多の俳人たちは深く落胆したという。元禄12(1699)年、博多を訪れた芭蕉の弟子、向井去来(むかいきょらい)は、箱崎の僧侶で俳人の哺川(ほせん)にこの句を贈ったところ、いたく感動した哺川は翌元禄13年、同じ芭蕉の弟子、志太野坡(しだやば)に「芭蕉翁之墓」の碑銘を書いてもらい、枯野塚を造ったといわれている。
b0008825_18141182.jpg
約3mの句碑には芭蕉の辞世の句が刻んである

b0008825_144387.jpg
b0008825_1442127.jpg

 全国にある芭蕉の墓碑の中でももっとも古いものだといわれており、福岡県文化財に指定されている

 福岡市内で、もう一つの芭蕉の句碑があることも発見した。
 櫛田神社境内にある「花本大神」
と書かれた石碑に、芭蕉の句「蓬莱に聞かばや伊勢の初便」が刻んである。
b0008825_14175682.jpgb0008825_14183326.jpg
 


 花本大神とは、松尾芭蕉に下賜された神号のことである。



 
(蓬莱は、ここでは正月の飾り物の蓬莱飾りのこと)



説明版に、「1843年、芭蕉150回忌にあたり、真正芭蕉風を唱える天保三大俳人の一人田川鳳朗が、京三条家に請願し下賜されている。」と書かれている。
[PR]
by matutaka31 | 2012-06-24 11:43 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/18484959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2012-06-24 15:05
「枯野塚」何度か訪ねたことがあります。最初は芭蕉の墓が何で福岡に?と思いました。
また、宝満山の中腹に芭蕉の句碑がありました。
読み辛かったのでネットで調べると、「世の人の 見つけぬ花や 軒の栗」だそうです。
Commented by matutaka31 at 2012-06-24 20:16
dojyou38さんへ
芭蕉は偉大な俳人だったことが、全国津々浦々に句碑があるところをみても頷けます。
芭蕉が大明神に下賜されていたことは、櫛田さんにお参りして、初めてしりました。
Commented by tenpai8 at 2012-06-24 20:59 x
博多は自由闊達な町人の町、俳仙芭蕉もさぞかし訪れたかったことでしょう。「最後の一句」がピッタリの土地柄も博多だったことでしょう。一度は訪ねてみたいものですね。
Commented by matutaka31 at 2012-06-24 21:21
tenpai8さんへ
芭蕉がめざしていたという長崎への途中、もし博多に立ち寄っていたらどんな俳句が生まれただろうか・・・てなことを考えると面白いですね。
Commented by hibochan at 2012-06-25 15:38 x
芭蕉は 奥の細道
東北ばかりと思ってました。我が県にも句碑があり
全国的黄門様のような感じなのでしょう。
Commented by matutaka31 at 2012-06-25 19:34
hibochan さんへ
全国に崇拝者がいたようですね。
それにしても、神号を下賜されたということは知りませんでした。
Commented by taminamikawa1 at 2012-06-25 20:10
博多に松尾芭蕉の辞世の句碑と墓「枯野塚」が
あることはしりませんでした。
全国を歩いたんですね。
近くですし、機会があれば訪ねてみます。
Commented by matutaka31 at 2012-06-25 22:59
taminamikawa1さんへ
芭蕉は長崎を目指して旅に出たようですが、途中、大阪で病に倒れたようです。
九州の地を踏むことはなかったようです。


<< 原生花園を歩く 我が菜園のトマト >>