原生花園を歩く

 梅雨のない北海道、ただいま稚内から浜頓別に向かって歩いている。
 今月は入梅で雨の日が多くなったことに加え、菜園作業にはまり過ぎて少々腰を痛めたこともあって、歩くペースが、5月の一日平均5,7kmから今月は4,2kmに落ちてしまった。終日雨の日は、一日67歩と全く歩かない日があるかと思えば、ウォーキングクラブに参加した日は22,281歩の日があったり・・・。
b0008825_1036963.jpg

 オホーツク海沿岸の魅力は、なんと言っても原生花園である。
 もう大分昔のことになるが、晴れた日にこの自然の中に立つと言葉にならない、見渡す限りの大自然の雄大さに感動したことを思い出す。
b0008825_10381630.jpg

 ここ浜頓別町には、100種以上の花々が咲き乱れる北オホーツク道立自然公園の中心地ベニヤ原生花園がある。
b0008825_10414264.gif
 この原生花園で、多くの花が咲き乱れる中でひときわ目立つ花が「ハマナス」である。多分今頃は、私が好きな花の一つこのハマナスの花で覆いつくされていることだろう。
 もう一度行ってみたいがとても叶いそうにないので、昔訪ねたときのことを思い浮かべながら、これからしばらくの間、延々と続く原生花園を楽しむことにしよう。
 
 この他「浜頓別町」には、砂金の採掘体験が出来る、珍しい公園があると同町ホームページで紹介している。一攫千金ではないが、ささやかな夢追いも楽しいだろう。
 都会周辺にこんな楽しい場所があったら、終日ごった返すに違いないが、ここでは丁寧にその採掘方法を動画で紹介している。
 
 間もなく梅雨明け、一転酷暑が待ち受けているが、涼しい北海道の原生花園を思い浮かべながら少しペースを上げ、6月の落ち込みをカバーしよう。
[PR]
by matutaka31 | 2012-06-27 10:50 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/18498738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2012-06-28 07:10 x
稚内は 訪れたことなし
北海道は 梅雨なし 一番いい季節かも
網走の原生花園は 何度か訪れてます。
ハマナスは 我が県鹿島が南限なんだそうです。
自身只今高松目指してます。
Commented by matutaka31 at 2012-06-28 13:27
hibochan さんへ
梅雨だから当然のことですが、雨ばかりでうんざりです。
でも今日は、つかの間の一休みというところです。
梅雨のない北海道が羨ましいです。
Commented by taminamikawa1 at 2012-06-28 22:38
歩くことは健康維持にとって一番の基本ですから、
継続は力なりで大切ですね。
6月は例月より少なかったとのことですが、
それでも1日平均、4.2kmは立派です。
私はどうしても歩く日と歩かない日があり、反省しきりです。
Commented by dojyou38 at 2012-06-29 10:20
オホーツク海岸は私には全く未知、原生花園ではサロベツを思い出します。
見渡す限りエゾカンゾウでした。他の花は思い出せません。
現在matutakaさんより私は約500km先を歩いているようです。
1年少々で追いつかれそうです。
Commented by matutaka31 at 2012-06-29 11:27
taminamikawa1さんへ
人間、足腰の筋力が低下すると、どんどん弱っていくようですね。
継続は力なり、で頑張りましょう!
Commented by matutaka31 at 2012-06-29 11:31
dojyou38さんへ
500km先ですか。追いつくなんてとんでもないことですよ。
仮に一日1km縮めたとしても、500日かかりますね。(^。^)
頑張って500m縮めて、3年後に一緒に福岡にゴールしましょうかね。


<< カボチャ、収穫適期の見分け方は? 松尾芭蕉と枯野塚  >>