油断大敵

 そろそろ用心しなくてはいけないな!と思ってる矢先、今年も先手を打たれた。
 スイートコーンが、またしても鳥害に遭ってしまったのだ。
 去年の二の舞は避けなければ・・・と思いながら、まだ包葉が青々して実もまだ充実していない時期だと高をくくって防御策を採らなかったのだから、自業自得だと言われても仕方ない。
b0008825_16451084.jpg

b0008825_11322379.jpg

b0008825_113326.jpg
 それにしても、そろそろ実が充実して美味しくなるこの時期、まだ包葉に包まれたとうもろこしの実は全く見えないのに、食べごろを未見逃さず探り当てる才能は驚きである。



 一般的に鳥は、視力は優れているが臭覚は鈍いと聞く。
 包葉に包まれて実が見えないとうもろこしを、どうやって見つけるのだろうか・・・そのなぞが解けると、効果的な防御策も見つかると思うのだが・・・。 さて、犯人は鳥類に違いないようだが、去年まで(目撃していないが)カラスだろうと決めつけていたが、果たしてカラスなのか疑問に思えてきた。
 被害を発見した昨日、早速防鳥網を被せた。
 ところが今日そのとうもろこしのすぐ近くに野鳩がいた。
 しかも追っ払っても、驚いた様子もなく、歩いて逃げるずーずーしさ。
 それを見た私は、野鳩犯人説に傾いた。

それはさて置き、梅雨明け間近で猛暑が待ち構えている。
注意しなければならないのが熱中症!
「喉が渇いたと気付いてからでは遅い!、こまめな水分補給が大切」と嫌と言うほど教えられている。
でも、つい忘れている事が多い。
「油断大敵」、心に留めておこう。

[PR]
by matutaka31 | 2012-07-12 11:33 | 思いのまま | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/18589497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2012-07-13 07:20 x
とうもろこしの被害カラスと思ってましたが
こちらでは ハクビシンのようです。
夜我が家の屋根でアライグマに似た姿発見ただ今格闘中
Commented by matutaka31 at 2012-07-13 11:00
hibochan さんへ
最近、動物愛護の立場から、人間の社会生活が脅かされる現象が頻発しています。
趣味の家庭菜園では世間話で済まされますが、専業農家にとっては死活問題ですね。
Commented by taminamikawa1 at 2012-07-13 18:36
とうもろこしに対する鳥害対策はネットで覆うこと?でしょうか。
ネットが効果的のような気がしますが・・・。
Commented by dojyou38 at 2012-07-14 17:56
以前、宝くじの高島にいったとき、
島の菜園という菜園すべて頑丈なネットで覆われていたのを見て吃驚。
カラスの食害対策と聞きました。
matutakaさんのところは果たして犯人(鳥)は誰でしょうか。
Commented by matutaka31 at 2012-07-15 10:41
taminamikawa1さんへ
我が菜園では、狙われるのはとうもろこしとスイカです。
野生動物と共存できるのは、今のところネットで覆うのがベストのような気がします。
Commented by matutaka31 at 2012-07-15 10:44
dojyou38さんへ
今のところ目撃者が出てこないので、犯人に核心がもてないのですが、・・・。
今のところ、ネットで覆うと被害が少なくなりますので、専守防衛です。
Commented by 島爺 at 2012-07-25 23:12 x
瀬戸内海の島でも空からカラスなど,横からイノシシ,タヌキ,アナグマ(マミ),
カラスは地上に降りて歩いて侵入しますから,空の膨張ネットだけでは無理,
私は,横は10Cm角のワイヤーメッシュ,空はテグス(太めの釣り糸)
でまにあわせています。
十一では,キュウリ、トウモロコシはアナグマに寄るようです。


<< 植木鉢のサイズの見分け方と古い... カボチャを収穫 >>