黒大豆作りに挑む

 昨年秋、“もう止めた!”と思った黒大豆作り、それなのに性懲りも無く今年もまた作っている。
 この黒大豆、肥料は必要とせず耐病性も強い作物であるが、大変水を欲しがる作物で育てるのは想像以上に難しい。
b0008825_1431020.jpg
6月16日播種の黒大豆(久しぶりの雨に活き活きしている)

 花が咲き、鞘が出来、その鞘が次第に大きくなる様子を見ていると順調に出来るな・・・と思って、安心してつい潅水を怠ってしまうと、いざ収穫時期になると、実が大きくなっていない。
 外見上は順調に育っているように見えても、内面では水分不足というダメージを受けていることに気がつかないのだ。


 人間の健康状態にも同じことが言えそうだ。普段健康そのものに見えても、定期的に健康診断を受けていないと、静かに病気が進行していたり、病気にならないまでも体力低下が進行しているケースは良くあること。
 その結果、自覚症状に気がついたときは、既に手遅れ・・・という具合に。

 黒大豆の実が大きくならない最大の原因は、開花から鞘が大きくなる時期の土壌水分不足にあるようだ。 これまでの栽培経験から、その原因は分かっているつもりだが、ついつい「まだ大丈夫だろう・・・」と怠けてしまうと、いざ収穫してみると「あ~今年も失敗だ!」となる始末。

 今年こそ背水の陣ならぬ「潅水の貫徹」を決め込んで、同じ時期に黒豆作りを始めた菜園仲間に教わった「省エネ潅水法」を取り入れ、目下今まで以上丹念に潅水をしている。

b0008825_1414378.jpgb0008825_14143976.jpg





 

     
葉に隠れて見えないが花が咲いている様子 右は花の拡大

 既に6月16日播種の24株は開花最盛期を迎えているが、折りしも雨が少なく、ピンチの連続。なんとしてもこの渇水期を乗り切らねばと、18リットル入りポリバケツ3個に水道水を一杯入れて車で運ぶ日が多くなった。
 これで失敗するようだったら、来年はきっぱり「黒大豆」を忘れることにしよう。
[PR]
by matutaka31 | 2012-08-13 14:32 | 思いのまま | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/18822967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tenpai8 at 2012-08-13 16:30 x
matutaka31さん、頑張っていますね。今年は天の恵みが続いて、来週まで雨模様が続きそうですね。マメも秋野菜も元気になれそうです。農業は天気の神様から逃れられませんね。
Commented by matutaka31 at 2012-08-13 23:00
tenpai8 さんへ
そろそろ秋野菜の準備を始めなくてはいけないのですが、その前に雑草退治の大仕事が残っています。
程ほどの天の恵みで、一息ついています。
Commented by hibochan at 2012-08-14 07:10 x
黒豆は 経験なし
大豆我が家では 手作り味噌 節分用に少々作ってます。
しばらく覗いてませんが恐らく草だらけかも知れません。
Commented by matutaka31 at 2012-08-14 10:04
hibochan さんへ
黒豆は枝豆で食べても美味しいです。
枝豆で食べるほど実ると言いのですが・・・。
我が菜園も草に埋もれています。
Commented by taminamikawa1 at 2012-08-14 12:50
実家近くの田畑には減反対策なのか、稲作でなく、
大豆が植えてありました。
大豆と黒大豆の栽培法は違うと思いますが・・・。
それにしましても、植物の栽培は奥が深いですね。
Commented by matutaka31 at 2012-08-14 13:36
taminamikawa1さんへ
露地栽培は天候に左右されますので、なかなか思うようになりません。
それを乗り越えようとするのが面白いところでしょうか、性懲りもなく
続けています。
目下、雑草とのシーソーゲーム真っ最中です。
Commented by kanmyougam at 2012-08-31 11:29
こんにちは。
ブログ見せていただいています。
クロマメの話興味ありです。
昨年20株くらい枝豆に収穫してとてもおいしかったので
今年も植えました50株です、そのほかに時期をずらして2畝。
赤紫の可愛い花が付いています草に負けずに草丈も大きく育ちますが「水管理」の難しさを読んでで不安ですね。
水撒きもできそうにないので。


<< 戦後67年、未だに解けない三つの疑問 第67回長崎原爆犠牲者慰霊平和... >>