雌花が雄花より遅れて咲くのは何故だろうか

b0008825_1357929.jpg 
 グリーンカーテンですっかりお馴染みになったゴーヤ、実際に栽培した方で「花が一杯咲くのにちっとも実が生らないのは何故?」と疑問をもたれた方が多いのではなかろうか。
事実、そのような質問を良く受ける。


 植物には一つの個体(株)に雌花と雄花を咲かせるのがあるが、これらを雌雄異花(しゆういか)と呼ぶが、ゴーヤ始めキュウリ、カボチャ、スイカ等、夏野菜でお馴染みのウリ類はこの雌雄異花である。
 ところがこの雄花と雌花は、カボチャの仲間ズッキーニは略同時に咲くが、その他は雄花が咲いても雌花が咲くのはしばらく後になる。
 蔓がある程度延びると雄花が次々咲く。 栽培したことのない人は、雄花と雌花の区別がつかず、先に咲いた雄花を雌花と勘違いしてしまうらしい。、花が一杯咲くのに何故実が生らないのだろうか疑問を持たれてしまうようだ。

 雄花と雌花の見分け方は、きわめて簡単!
 雄花は細い花柄の先に雄しべがついた花が咲くのに対し、雌花は花と花柄の間に最初から小さな実がついていてその先に雌しべがついた花が咲くので、この違いを知っておくと見分けは簡単。

b0008825_14461818.jpgb0008825_14463341.jpg









b0008825_14465833.jpgb0008825_14472090.jpg








 さて同一植物体に雄花と雌花が別々に咲くのはなぜか、また、蔓が成長するにしたがって雄花がどんどん咲くのに、散々気を揉ませた後に雌花が咲くのは何故だろうか。 一般的に、雄花と雌花が別々に咲き、しかも雄花が早く咲いて雌花が遅く咲くのは、「自家受粉を避けるため」、と言うのが定説である。
 確かに自家受粉の弊害を考えると、種の保存という面から納得のいく説明で、その固有の特質を維持している有力な説には違いない。

 ところが、見方をがらりと変え、別の見方をすると面白い側面が見えてくる。
 植物は子孫を残すためには、受粉に都合のよい環境を選ばなくてはならないのである。数少ない雌花が折角咲いたのに雄花が咲いていなければ受粉できない。それでは子孫を残すことは出来ない。
 植物の固体が雄花が一杯咲くまでに順調に生育し、いつでも受粉できる環境が整った頃を見計らって雌花が咲く。そうすることよって間違いなく受粉が可能になるからだ、と考えると、植物の神秘に触れるようで楽しくなる。 
[PR]
by matutaka31 | 2012-08-30 11:33 | 思いのまま | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/18905096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2012-08-31 07:28 x
昨年ゴーヤ西日の当たるところに植えつけましたが失敗
今年は ネットを張り付けました猛暑の連続
これ正解でした。
今年は 我が家のスイカ助かりました 草取後冷えたスイカがぶり
これ至福のひと時
Commented by kanmyougam at 2012-08-31 08:29
おはようございます。ブログの表題「70・・・・」に挽かれて訪ねました。
こっそりリンクいたしました。
ゴーヤがグリーンカーテンに最高ですかれ物になりました。
ついでに僕ら世代はこの苦味がいい・・・同世代です。。
酒のともに最高。
夏ばて予防にも成りますし・・・・。

これからもよろしく。
Commented by matutaka31 at 2012-08-31 10:44
hibochanさんへ
冷えたスイカに塩をふりかけてかぶりつく、これ最高ですね。
ニガウリにバナナと蜂蜜を入れ、少し氷を入れてミキサーでニガウリジュース、これも夏バテ防止にいいですよ。
お試しあれ。
Commented by matutaka31 at 2012-08-31 10:57
kanmyougamさんへ
はじめまして。
ご訪問、有難うございます。
好奇心だけは未だ衰えず、やせ我慢というところでしょうか。
ニガウリジュースで、夏バテを防いでいます。
今夜も芋焼酎で晩酌・・・、健康に感謝です。、
Commented by チョコ♪ at 2013-07-23 09:33 x
じゅぎょうにやくにたちましたありがとうございます!


<< 早くもリコリスが咲いた 森鴎外の小説「寒山拾得」 >>