敬老の日変じてGG day

b0008825_23362864.jpg

 私が住む町の敬老会(70歳以上)が、17日、台風16号の余波が残る風雨をものともせず大勢の方が参加して行われた。
 町内会役員さん達の精一杯の工夫で、和気藹々の敬老会と相成った。
 がしかし、相変わらず・・・と云うか、選挙地盤で開かれる敬老会を渡り歩く市会議員の来賓挨拶が、地元利益誘導を述べるだけの通り一遍のものなら、聞く方もさして意に介さず馬耳東風の感。 盛り上がりかけた会場に、すーっと隙間風が吹くような雰囲気だけが残る一幕。何時になったら、この習慣は直るのだろうか・・・。

 さて、全国で65歳以上の高齢者は3000万人台を超え、3074万人(男性1315万人、女性1759万人)に増えたという。全体に占める女性の割合が57.2%と6割に迫る勢いである。 全人口1億2753万人に対し、65歳以上の高齢者が占める割合は24.1%、75歳以上は11.9%を占めるという。なんと4人に1人が高齢者。

 今朝の新聞「天声人語」 に、「待ちわびた定年後には気力体力が尽き、残るは人生訓と説教癖。そんな通説を覆し・・・・と、自ら楽しめる幸せな人たちである。」というくだりが目についた。
 確かに、いまどき、仮に説教癖があっても、誰も相手にしてくれないどころか、逆に、そんな暇があったら何かなさっては如何・・・と言われる時代で、正に「定年後説教するにも相手居ず」の時代である。

 この超高齢化社会対策として、当時の厚生省役人がか考え出したのが、悪評高い「前期高齢者」、「後期高齢者」の名称である。
 敬老の日の意味を無視したも同然で、後期高齢者」の後に「末期高齢者」を付けたかったに違いないと勘ぐられても仕方のない最低のネーミングである。

 ところが、その悪評高いネーミングに代わる呼び方が目に付くようになった。
 それは、「GG」、「GG day」。 
 GGは「グランド・ジェネレーション(Grand Generation)」の略
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」敬老の日に相応しい、なんと温かみのある呼び方であることか。 
[PR]
by matutaka31 | 2012-09-17 23:36 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/19000925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2012-09-19 08:03 x
古希目前になりましたがドライバーの飛距離では 若いもんに負けないつもりですが最近飛ばなくなりました。
グランドゼネレーションと言えば プロ野球にGG佐藤選手がいました
つい先日イタリアリーグで引退
中学ののころ爺々臭かったのでそう名付けたようです。
Commented by matutaka31 at 2012-09-21 21:01
hibochanさんへ
飛距離が落ちる分、グリーン周りの小技でカバーといけばいいのですが・・・。
なかなか思うようにならないのがゴルフでしょうかね。
まだまだ、左手だけは健在です。


<< 九州新幹線で鹿児島へ 花のイメージと異なる名前 >>