九州新幹線で鹿児島へ

  かって創立に関わった会社からのお誘いで、凡そ12年ぶりに鹿児島へ行くことに。
 最初は自家用車で行こうかと思ったが、帰りに鹿児島在住の大学時代の友人と焼酎を飲みながら旧交を温めることにし、新幹線を利用することにした。
 新幹線だとわずか1時間20分程で鹿児島へ行ける。九州も狭くなったものだ。
 ただしトンネルばかりで、景色を楽しむのんびり型旅行とは趣が異なる。
 景色を楽しむのを諦め、文庫本を読んでいるうち、気がついたら鹿児島に到着していた。
 
 鹿児島中央駅、以前とは様変わりし、明るい近代的イメージが漂う。
b0008825_78429.jpg
鹿児島中央駅

b0008825_713514.jpg
駅前広場

 大隅半島の垂水市までフェリーで渡るため、鹿児島交通バスを利用して駅前から鴨池港へ。
 驚いたことに、渋滞なしで約20分間走って、そのバス料金がなんと150円。 福岡の西鉄バス料金の感覚で硬貨を400円用意していたがその安さビックリ!  福岡市内西鉄バス料金の高さに改めてビックリ!!
 鹿児島交通バスと市営バスの競争のお陰だそうだ。

 鴨池港から垂水港までフェリーに乗る。所用時間40分。その料金が440円とこれも安い。
 この日は偶々桜島の噴火はなく、灰色の噴煙が西から東(大隅半島方面)へゆっくり流れていた。
 夏は東から西へ流れるのに、もう秋だな~と実感!
b0008825_7225768.jpg
噴煙が東に流れる桜島

 
 垂水港から、迎えに来てくれた車で、志布志港まで凡そ1時間半の旅。

 会社では、笑顔一杯で心温まる歓迎を受け、感激。
 これまで積み重ねた技術と営業活動の成果を感じる社内の雰囲気、そして自身に満ちた元気な皆さんに出会えて、感動一入!
b0008825_9213162.jpg
志布志湾に沈む夕日

 翌日、鹿児島市に戻り、大学時代の親友(悪友?)に再会。奄美大島特産料理と芋焼酎で旧交を温め合う。
 持つべきはよき友、 楽しい哉!


 
[PR]
by matutaka31 | 2012-09-21 21:28 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/19020713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはま at 2012-09-22 14:10 x
鹿児島にお出かけなさったのですね…
12年間を濃縮の、1時間20分 新幹線の旅ですね。
色々な方との、手を携えて過ごされた「とき」が
また、様々な方々の力で、再現されるのですね…
何より、matutaka31さんがお元気で生きていらっしゃることの証ですね。  すばらしい
Commented by hibochan at 2012-09-23 07:59 x
鹿児島の思い出
桜島の噴煙山 火山多く見てますが山が生きてる実感
それと長崎鼻から見る開聞岳忘れられません
Commented by matutaka31 at 2012-09-23 09:43
よこはまさんへ
元気で長生きすれば、人生捨てたものじゃないです。
感動・感激、何歳になってもいいものです。
これからも大切にしたいものです。
Commented by matutaka31 at 2012-09-23 09:51
hibochan さんへ
動の櫻島に対し、静の開聞岳、鹿児島を象徴する山ですね。
それに、ゆったりした南国ムードが好きです。
新幹線開通で、随分企画なりました。 どうぞ、またお出かけください。
Commented by tetsu807-2 at 2012-09-24 10:30
鹿児島といえば山ファンにとっては開聞岳ですね。通称薩摩富士
ほんとに見てきれい、登って絶景の山ですね。もう一度登りたいけど、
この体力ではちょっと無理?いやだいぶん無理なようです。
Commented by matutaka31 at 2012-09-24 14:16
tetsu807-2さんへ
開聞岳は、何時も長崎鼻から眺めて、いい山だな~と思うだけで、登ったことはありません。
遠くから見ていた方がいいのかもしれませんね。
温泉に入って焼酎を飲みながら・・・。


<< 秋野菜作り 敬老の日変じてGG day >>