彼岸花

 毎年この時期には彼岸花の群生を観る機会があるものが、今年はいろんな行事が重なって郊外に出る機会が少なかったせいか、ゆっくり彼岸花を見る機会がなかった。
 それでも毎週花壇管理のお手伝いをしている「ひょうたん池」では、今年も鮮やかな彼岸花を観る事ができた。 
b0008825_117846.jpg
b0008825_1174622.jpg

b0008825_1111098.jpgb0008825_1111169.jpgb0008825_11112765.jpg





 彼岸花は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ)とも呼ばれる。花と葉が同時に出ることはない」という理由から「葉見ず花見ず」とも言われることもある。
 異名も多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、等不吉だと忌み嫌われ屋敷内に植えない風習があるが、一方では仏教でいう「天上の花」の意味で、めでたい花だとされることもあるようだ。

 全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイドを多く含む有毒植物であることから、ネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ように、また墓地に植えられたのは土葬後、死体が動物によって掘り荒されるのを防ぐために植えられた、と言う説を読んだが、こちらの報が現実的で成る程と頷ける。
b0008825_11425083.jpg
ひょうたん池で一足早く8月末に咲いたピンク色の「リコリス」


 2006年に訪れた時の、思いで深い福岡県浮羽市葛(つづら)の彼岸花を付け加えよう。
 今年7月の平成24年7月13日から続く記録的豪雨で未曾有の災害が発生し、この有名な棚田が大きく破壊された。
 日本農村の原風景ともいえる棚田の復旧を願って止まない。
b0008825_1040303.jpg
浮羽市葛篭(つづら)棚田の彼岸花

[PR]
by matutaka31 | 2012-09-30 10:41 | 思いのまま | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/19063064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2012-10-01 07:26 x
昨年移植した彼岸花一輪昨夜の台風で折れてました
関東では 埼玉巾着田の彼岸花が有名ですか゜
葛の棚田の方が風情あるようです。
Commented by matutaka31 at 2012-10-01 08:38
hibochan さんへ
今朝の巾着田彼岸花の様子を見ましたが、足の踏み場もないような群生、圧倒されました。
台風直撃で、蕎麦が気になります。
Commented by dojyou38 at 2012-10-04 15:05
ピンクの彼岸花初め知りました。
井原山のオオキツネノカミソリも彼岸花科難でしょうね。


<< 知床の想い出 竜王山に登る >>