鴻巣山展望台からの眺望

 福岡市中央区にこんな素晴らしい緑地帯があるとは、迂闊にもつい最近までその存在を知らなかった。しかもれっきとした標高約100mの鴻巣山があり、その展望台に上ると福岡市の市街地のみならず遥か遠くまで360度の素晴らしい展望がある。

 福岡市の中心部「天神」からわずか20分程度で、緑地入り口に近い「小笹」バス停に到着する。そこから住宅地を抜け、歩くこと約20分で鴻巣山緑地入り口ににたどり着く。
b0008825_14411858.jpg
鴻巣山緑地、その東側には平和南緑地が連なる


b0008825_931155.jpg


昼なお薄暗いマテバシィの林をゆっくり登ると、およそ10分ほどで展望台に着く。



 
 展望台からの360度の展望は、足元の樹海の向こうに福岡市街地が広がり、その向こうには玄界灘に浮かぶ島々、目を転じれば周りの山並と正に画に描いたようなパノラマである。 
b0008825_20135593.jpg
そびえるテレビ塔

 玄界灘から吹き上げてくる爽やかな風が頬を撫で、周りの木々の梢がざわざわと小気味よい音を奏でる。
 足元に広がる緑の梢は、さながら緑の絨毯を思わせる。ちょっと飛び降りてその絨毯に寝そべってみたい衝動に駆られる。
  その緑の絨毯の先には福岡市街地が広がり、北の方角には玄海島、能古島、志賀島、更に相の島が眺望でき、更に目を転ずれば福岡市街地を囲むように立花山、若杉山 三群山、油山、背振山、飯盛山等々が連なる。
b0008825_20143087.jpg
福岡ドーム・福岡タワー周辺を望む
b0008825_20151615.jpg
福岡市植物園・動物園の森を、その向こうに天神街を望む

b0008825_20153539.jpg
福岡市東方面、立花山を望む

b0008825_716193.jpg


 紺碧の空には、福岡空港に発着する航空機がひっきりなしに飛び交う。
 福岡市の活発な息吹を感じる瞬間でもある。



 この空間に身を置いていると、身も心も軽やかな幸せな気持ちに包まれ、時が過ぎるのを忘れてしまった。
 こんな素晴らしい緑に包まれた静かな憩いの場所が、市の中心部にあることを知らなかった私にとって、この日は忘れることの出来ない良い思い出の一日になった。
 思う存分山頂の気分を満喫した後、鴻巣山から南側に下って、野間大池そばのオーガニックレストラン「木の花ガルテン」への道すがら、興宗寺に立ち寄った。そこには思いがけない「四十七義士」の墓や「穴観音」等、私が全く知らなかった史跡に出くわした。
  その内容は、次回に譲ることにしよう。
[PR]
by matutaka31 | 2012-10-05 14:41 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/19138774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2012-10-07 07:28 x
大都会福岡の中心部に高台があるとは 恐らく市民の憩いの場
我が地区にも数メートル高台に愛宕神社があり子供の頃の遊び場 癒されます。
祭りは 昨日でした。
Commented by matutaka31 at 2012-10-08 20:08
hibochan さんへ
目と鼻の先にこんな素敵な場所があるのに、利用していない人が私を含めて多いのです。
勿体無いような気もしますが、他に憩いの場所がたくさんあるからでしょうかね。


<< 興宗寺、四十七義士の墓と穴観音 知床の想い出 >>