収穫の秋

 我が菜園も、秋の深まりとともに、待ちに待った収穫の秋を迎えた。
 作物の出来栄えは、農家やベテラン菜園愛好家に比べるとイマイチかも知れないが、自分としてはまずまずの出来だと満足している。特に長雨・豪雨と日照りの繰り返しだったことを思うと、可も無く不可もなしとしておこう。

 今から収穫の適期を迎える作物の中に、私が比較的好んで作る作物、さつま芋・里芋・ジャガイモ・つくね芋・生姜等々、いわゆる「根もの」がる。
 種蒔きや育苗中の病害虫駆除等の煩わしさがなく、いずれも種芋を植え込みに始まり、一度植えたらその後は草取り・土寄せ等の作業だけで、あまり手間隙がかからないうえ病害虫の影響をほとんど受けないから、メンドクサガリ屋の私にはウッテツケの作物だから・・・。
 しかも1個の種芋からその数倍いや十数倍の収穫が期待でき、収穫後は長期保存が出来る利点がある優れものである。

 その根物の先陣を切って、我が菜園で収穫をはじめたのがさつま芋・里芋・生姜である。

b0008825_1235272.jpgb0008825_12134513.jpgb0008825_12142212.jpg







b0008825_1046385.jpg
一かけらの種生姜からこれだけの生姜が・・・

 今年は、自分の畑で採れたさつま芋で作った熊本名物「いきなり団子}を食べること、生姜を生のまま保存する方法を探ること、・・・等など楽しみが尽きない。(^。^;)

 さつま芋・里芋も出来は上々で、最高の味が出るのはもう少し後という感じだが、もう旬の味と言ってもいいだろう。
 これから少しづつ収穫し、“食べたいとき食べたいだけ食べ”、東京に住む孫達のところや近くに住む姉達にも、自慢の秋の味を届けることにしよう。
 また、親しい人や日頃お世話になっている方々にも、この自然の恵みをお裾分けしよう。


 自然に感謝!、そして家庭菜園を楽しめる境遇と健康に感謝!の日々である。
[PR]
by matutaka31 | 2012-10-13 10:49 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/19217858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2012-10-13 17:08
収穫の秋、嬉しいですね。
私も5年ほど前まで貸し農園で楽しんでいました。
収穫するたびに、食べきれないので孫のところに送った物です。
送料と添えて送るカステラ代が高くついていました。
Commented by matutaka31 at 2012-10-13 21:18
dojyou38さんへ
収穫の秋到来ですが、このところの雨不足には泣かされています。
私の場合も、自分で食べるより、他の人へ差し上げるほうが多いです。
運賃が品代より高い(^。^)ですが、ジジ・ババ馬鹿でしょうね。
Commented by hibochan at 2012-10-14 07:46 x
お見事
生姜は 苦手ご近所さんからいただいてます。
菜園とは 違いますか連日栗です。
Commented by matutaka31 at 2012-10-14 09:19
hibochan さんへ
有難うございます。
土が合ってるのか、作り方が上手いのか(^。^)、生姜は毎年良く出来ます。
生のまま長く保存できると良いのですが、・・・。
こちらのスーパーでも、栗が出回っています。先日、栗ご飯を食べました。
Commented by kanmyougam at 2012-10-14 09:37
「70代の青春」さんに乾杯です。
しょうが・サツマイモ・サトイモ・・・僕の場合除草をサボったので収穫に影響していると思いますが、ゼロはないと思うの手雨の降らないこの時
期収穫しようと思っています。
孫・息子の届けるのも楽しみ。

自然・健康に感謝ですね。
Commented by tetsu807-2 at 2012-10-14 18:53
菜園での収穫、しっかり楽しんでいますね!長雨、日照り、豪雨と
心配しながらの、結果として嬉しい収穫、幸せのお顔が浮かんで
きます。
Commented by matutaka31 at 2012-10-14 22:08
kanmyougamさんへ
作る楽しさに収穫の喜び、これがあるから家庭菜園は止められませんえ。
採れるだけ収穫し、食べたい時食べる・・・これが家庭菜園の妙味かもしれません。
健康だからこそ出来る楽しみだと思います。
Commented by matutaka31 at 2012-10-14 22:11
tetsu807-2さんへ
お陰さまで、建前は自然の脅威と戦いながら、実は適当に楽しんでいます。
健康だからできることだと、感謝しています。
いずれにしてもありがたいことです。


<< 被爆者の懇親会で思うこと 67年目の被爆稲が稔った >>