福岡城跡の復元に思う

 先日、仲間と一緒に「福岡城跡建造物見学ツアー」に参加し、福岡歴史探訪ガイドさんの親切で分かり易い説明を聞くことができた。
 福岡城跡と云えば初代福岡藩主黒田長政〔52万3千石)が、慶長6年(1601)から7年がかりで築城した平山城で、別名「舞鶴城」とも呼ばれている国指定の史跡である。

 これまで何回となくこの城跡を訪れているが、そのほとんどが梅や桜の花見だったので、城跡についてあまり意識することはなく 、城跡と言うより花見の名所との印象が強かった。
 城の内容について意識していたのは、石垣が多いことと復元された大手門・潮見櫓、多門櫓はじめ幾つかの櫓であり、城の規模やその構築物については、恥ずかしながらほとんど知らなかった。
b0008825_2332475.jpg
大手門

 この福岡城跡の中に大中小の各天守台と47の櫓があったといわれているが、現在残されているのは、多聞櫓(重要文化財)、潮見櫓、大手門、祈念櫓、母里太兵衛邸長屋門、名島門などであり、現在展望台になっている大天主台には天守閣跡と思われる礎石が残されている。
b0008825_23513100.jpg
多聞櫓

b0008825_2365118.jpg
祈念櫓
 
 今回の見学ツアーに参加したことで、今まで関心を持つこともなかった構築物の全容を聞くにつれ、改めて福岡城の規模の大きさや構築物の内容を知ることができると同時に、何故復元されないままになっているのか、疑問が湧いてきた。

 総面積約80万平方メートルと全国でも有数の規模を誇る大規模な城跡が、一部の施設が復元・保存されるに止まり、半ば放置されているに等しい状態に置かれているのは何故だろうか。
 また、県下有数の大濠公園とすぐ側の福岡城跡が復元されれば、福岡県なかんずく福岡市の一大中心的文化施設を兼ねた観光施設となりうると思われるのに、何故その機運が生まれないのか.

 復元・整備には長い年月と膨大な経費が必要になると思うが、県・市が中心に国に働きかけ、7年~10年かけてでも復元することができれば、150万都市福岡市の活性化に与える効果は計り知れない程大きいと思うのだが・・・。

[PR]
by matutaka31 | 2012-10-31 20:49 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/19401276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by http://blog.goo at 2012-11-02 07:11 x
城のある風景が好きです。
我が県殆ど掘りか土塁のみ水戸にも旧県庁も堀のみ
印象に残るのは 熊本 姫路です。
Commented by matutaka31 at 2012-11-02 23:16
http://blog.goo さんへ
日本特有の石垣のある城、大切な遺産として残したいですね。
熊本城には、一口城主という募金を集める、面白い方法があります。


<< 日本一周ウォーキング さつま芋大好き >>