日本一周の旅

 インターネットバーチャル日本一周の旅に出かけたのが、2年前の2010年11月26日。それから丸2年経過した今、北海道豊頃から襟裳岬を目指して歩いている。
b0008825_9533265.jpg

 先月1ヶ月間に歩いた距離は、180km、一日平均6kmとそれまでに比べると好調な足取り。シティーウオークや紅葉見物で遠出したことも好記録の要因だろう。
b0008825_9583037.jpg

 日本一周まで残り約5,300km、一日平均5kmのペースで歩き通しても凡そ3年かかってしまう。ジェット機だと3時間あまりで行ってしまう距離なのに、気が遠くなるような距離に感じてしまう。

 これから寒い季節になり身も心も縮こもってしまいそうだが、風の子というわけにはいかないが元気を出して、一日平均5kmは歩くよう心がけよう。


 さて、襟裳岬の想い出といえば、札幌勤務の頃2度魚釣りに行ったことだろう。
b0008825_10385123.jpg
襟裳岬

 何しろ釣り人があまり入らないところだから、ビール瓶みたいなアブラコ(アイナメ)が面白いほどつれ、「トランクの重荷で車のスプリングが折れるのではないか」と冗談を飛ばしたことを思い出す。

 当時は、歌謡曲「襟裳岬」に歌われたように、本当に何も無い街の印象しか残っていないが、今はどうなっているのだろうか・・・


 もう一度魚釣りを兼ねて観光旅行をしたい気もするが、叶わぬ夢になりそう。
[PR]
by matutaka31 | 2012-12-02 10:17 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/19598710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2012-12-03 08:06 x
襟裳岬歌にも唄われてますが海に続く光景が紹介されます。
一度訪れましたが濃霧
2011.2.18参加只今日向通過宮崎目指してます平均4kmかもしれません
Commented by tenpai8 at 2012-12-03 14:15 x
広い北海道、間も無く帰りの連絡船の汽笛が聞こえそうですね。私もどうやら、新年から北海道に上陸、帰り舟への乗船は、来年の暮れになるかも?狭い日本、長いですね!!
Commented by matutaka31 at 2012-12-04 08:54
hibochan さんへ
宮崎は温かくて、のんびり度ができるところです。
そんなイメージで、温かくして毎日歩いてください。
もう師走になりましたね。
Commented by matutaka31 at 2012-12-04 08:58
tenpai8 さんへ
今更ながら、北海道の広さを実感しています。
寒さにめげす、気持ちだけは温かくして、この冬を乗り切りたいものです。
雪解け時には、津軽海峡をわたって、陸奥を歩きたいものです。
Commented by dojyou38 at 2012-12-07 17:02
久し振りに森進一の襟裳岬聞かせてもらいました。
私は一度だけ、学生時代に襟裳岬を訪ねたことがあります。
太平洋に向かって岩礁が沈んでいる淋しい風景が印象的でした。
私は、いま下北半島を歩いています。
Commented by matutaka31 at 2012-12-08 23:12
dojyou38さんへ
当時、襟裳岬の歌を聞いた現地の人たちは、“何もないなんてひどい、良いところが一杯あるよ!”と怒ったそうです。
寒い中、歩くのは厳しいけれど、風邪を引かないよう頑張りましょう。


<< 福岡市 西公園の現状を憂う 福岡県瀬高町 清水寺の紅葉 >>