転倒・転落事故死の増加

  最近、転倒・転落事故死者数は年間7000人以上になり、2009年を境にして交通事故死者数を上回っていると言う。しかもその数は年々増加傾向にあり、高齢化社会の大きな社会問題になっている。
 先日、NHKの「ためして合点」で、人は何故転ぶか、その原因を掘り下げていたが、なかなか興味ある内容であった。
b0008825_8553363.jpg
 家庭内での転倒死亡事故現場のランキング)(東京消防庁調べ)で圧倒的に多いのがなんと居室(63.8%)、次いで階段(8.6%)、3位が廊下&玄関(7.2%)以下庭、トイレ&風呂と続くらしい。
 転ぶ原因は、そこにつまずく段差や物があるからで、このこと自体は高齢者だからと言うより、年齢に関係ない問題だと解説していた。

 勿論高齢者はバランス感覚がなくなり、立て直す脚力も劣ってくるので、転びやすいことには違いないがそれだけでなく、年齢に関係なく「ちょっとした段差につまずく」「何もない平らな場所で転びかける」ことが、転倒死に大きく関係していることが判明したと解説していた。
 それは、「ながら状態…」にあるらしい。
人が歩くと言うことは、足を「上げる」、「前に出す」という2つの動きを同時に行うが、例えばテレビを見ながら・・・、あるいは何かを考えながら・・・この動作を行うと、足の高さにバラツキが生じて、なんでもない障害物に足をとられてしまうのだという。


 私は、外に出た時特に注意するのは階段を下りるときであり、山歩きする時は下りる時で、登るときの数倍も足元に注意力を集中させるようにしているが、これからはこの「・・・ながら歩き」をしないよう心がけるなくては・・・。
 太極拳を始めてかれこれ8年になるが、あ~これが太極拳の効果だな~と実感することが幾つかある。 例えば何かに躓いて転びそうになることがあるが、そこでもんどりをうって転んでしまう場合と、咄嗟に体を立て直すことができる場合がある。その差は脚力とバランス感覚が備わっているかどうかによるところが大きいと思う。
 でも家の中では、このことは通用しそうにない。狭い居間には家具その他が一杯!転びそうな体を立て直す間もなく家具に頭をぶっつけてしまうかもしれないから・・・。
[PR]
by matutaka31 | 2012-12-12 23:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/19658332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kanmyougam at 2012-12-14 16:37
こんにちは、。
>太極拳教室、パソコン教室、ボランティア活動等々・・・頑張っていますね。
NHKの転倒・・のTV見ていました。
最近なんでもないことでつまずいて足の膝小僧をしたたか打ってしまいました。
思うにこんなことで重大な事故になったら大変・・・・。
真剣に予防を考えねばと思いました。
matutaka31さん・・・ 太極拳が効いていますね。
ゴルフではコースを可能な限り歩くことにしてます。
Commented by hibochan at 2012-12-15 08:14 x
最近転倒特に作業中三脚からの落下事故を耳にします
歳とともに感覚が鈍くなりつつあるようです。
自身動くのが好きで特にゴルフでは 歩くように努めてますがボールが右や左に必然的に歩くようになってます。
Commented by matutaka31 at 2012-12-15 11:28
kanmyougamさんへ
元気だった父が、92歳の時転倒、大腿骨骨折で96歳で他界するまで寝たっきりに。年をとってからの転倒・骨折は悲惨です。
転倒事故死亡事故が、居間がダントツとは意外でした。
Commented by matutaka31 at 2012-12-15 11:42
hibochan さんへ
2mの高さから転落で、人は死ぬそうです。
最近高いところに上ると、バランス感覚が鈍くくなったことを実感します。
<ボールが右や左に必然的に歩くようになってます。>
健康のため歩くのだと考えると、ゴルフの楽しみ方も変りそうですね。


<< 赤穂四十七義士祭 博多の街を彩るイルミネーション >>