ペットボトルお茶

b0008825_14234686.png
 
 以前、「まな板を持たない若い主婦がいる」という話を聞いて唖然としたことがあるが、またまたそれを上回る記事を朝日新聞の「天声人語」で目にして、開いた口がふさがなかった。
 その一部を引用してみよう。

 
ある講演会で、若い母親が「お茶って自分の家で作れるんですか」ときかれた。「はい」と答えると、彼女は「私のお母さんがお茶を作っているところを見たことがない。いつもペットボトルのお茶を飲んできた」云々。 「お茶を入れる」という言い方を知らないらしい・・・とも。
 福岡県立高校の家庭科教諭が生徒にアンケートしたら、冬に家で飲むお茶を「急須でいれる」と答えたのは2割しかいなかった・・・と。授業では急須を直接火にかけようとする生徒もいたという。


 おそらく50歳代以上の日本人にとって、直ぐには信じられない話であろう。
 どうやら、われわれが気が付かないうちに、ペットボトルお茶の普及と共に、家庭でお茶を入れるという習慣がなくなっているようだ。
 確かに最近、ペットボトルお茶はのみ易く美味しくなった。私も外出先では手軽に手に入るので利用することがある。
 ところがある日、知人に「ペットボトルお茶の美味しさの秘密はアミノ酸添加にあることを知っているか」と聞かれ、今まで一度も表示内容を見たことのない自分の迂闊さに気付いた。
 早速、ペットボトルお茶を買ったとき見てみた。原材料名のほかに「ビタミンc」というのが目に付いたが、知人が教えてくれた成分は表示されていなかった。
 ビタミンCには自然のものと人工のものがあるが、表示は単に「ビタミンc」とあるだけ。ましてや他の微量成分は、一定量以下は表示義務がないので表示するはずがないのだ。
 着色剤、香料、甘味料、栄養素等々ペットボトルお茶に秘められた中身は、お茶代わりに毎日飲むには、一般消費者は知ることが出来ない怖さが潜んでいるようだ。
 ペットボトルお茶の中身を知る人は、めったなことにはそれを飲まないという。

 お茶一つとってみても、食品の生産・加工・流通過程の変化、更には食生活の変化の流れの中で、日本人の習慣が大きく変っていく現代、その利用は止むを得ない一面があるが、長い目でみた健康問題とりわけ子供の将来のことを考えると、これでいいのかと言いたくなる。
 一方、日本の食文化、とりわけお茶が取り持つ日本の文化そのものが失われていくのをみるのも忍びない気もする。
 時代の流れと言ってしまえばそれまでだが、便利さをお金で買う習慣は将来に大きなつけを残すことになりそうだ。もう、そろそろ終わりにした方が賢明と思うのだが・・・。
[PR]
by matutaka31 | 2013-02-01 11:43 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/19930488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2013-02-02 08:08 x
お茶は すきですがペットボトルは あまり飲んでません
大昔父がお茶を手もみしてたのは 記憶してます。
日本茶一服が至福の時
Commented by dojyou38 at 2013-02-02 17:22
<<直ぐには信じられない話であろう>>
全くその通りです。気にしていないうちに、世の中とんでもない方向に進んでいるようですね。
私は山に行く時も、自分でお茶をたてて魔法瓶で持って行きます。
今度ペットのお茶を飲むことがあれば、成分を良く見てみます。
良いことを教えていただきました。
Commented by matutaka31 at 2013-02-02 18:04
hibochan さんへ
我家でも、もっぱら緑茶です。
ペットボトルお茶は、長く保存しても悪くならないそうです。
それは添加剤のためだと言われています。
怖いですね。
Commented by matutaka31 at 2013-02-02 18:10
dojyou38さんへ
何気なく飲んでいるものが、実は人工添加物が潜んでいるとは、私も驚きでした。
消費者は、もっと賢くならなければなりませんね。
便利さをお金で買うのも程ほどにしないと、いずれわが身に還ってきますね。
Commented by sacromonster at 2013-02-04 07:43
ペットボトルのお茶は添加物が沢山入っているとは聞いていましたが
外出時に、時々買っています。
我が家では、鹿児島の養老園の鳳秀を
70度くらいのお湯でゆっくり出して、日本茶の奥ゆかしさを
味わっています。
娘婿のお母さんが、盆暮れに毎回送ってくださるので
鹿児島茶の美味しさに惚れ込んでいます。
ペットボトルのお茶とは全くお味が違いますよ。
天声人語を読んで、世の中の移り変わりの早さに驚いたり嘆いたり。
日本語の変化にも・・・カタカナ外来語多すぎ・・・に嘆いている者です。
Commented by matutaka31 at 2013-02-04 15:54
sacromonsterさんへ
我家も、もっぱら緑茶党です。
鹿児島の知覧茶も良く買って飲みますが、旅行したとき等、その地方のお茶を買って帰ることもあります。
これまで私が外出する時は、便利なペットボトルお茶を買っていましたが、これからはなるべく水筒持参を心がけようと思っています。
最近PRの洪水に流され、商品の良し悪しを見極める感覚が薄れているの気が付き、ハッとすることがあります。


<< 間もなく長万部に到着 蠟梅(ろうばい)哀れ >>