東日本大震災報道写真展

 福岡市天神「アクロス」で開催中の朝日新聞主催「東日本大震災報道写真展」、「3・11 思い、新たに。」とうたった写真展、どうしても見ておきたかったので、福岡市原爆被害者の会のボランティア作業の後、仲間と行った。

 2010年3月11日の大震災と津波による原発事故、あれからまる2年経った今私は、震災がもたらしたものを、そして当時の思いを持ち続けているだろうか、自問自答している。67年前の原爆被爆体験を風化させてはならないとの思いが、福島原発事故にも重なるから。
b0008825_11371582.jpg
 
会場入り口の看板には、
 「あの日に何がおきたのか、いま被災地はどうなっているのか、約50点の写真から、あらためて震災のもたらしたものを考え、復興に向けての思いを新たにしてほしいー。」
とあった。

写真展の構成は、
  第1部 あの時何が、 第2部 原発事故、 第3部 悼む、第4部 明日への4部からなっていて、
 いずれも現地の様子を生々しく映し出していた。




第1部 あの時何が・・・では、刻々と襲う津波に、為す術もなく全てが壊されていく生々しい映像が、・・・。あまりにも悲惨すぎて言葉にならない。

第2部 原発事故・・・では、爆発により無残な姿に変わり果てた原発、そして目に見えぬ放射能の恐怖が襲う被曝地の傷ましい様子が、・・・。特に自殺に追い込まれた酪農家が壁に書き残した文字が、原発事故の悲惨さを如実に物語っていた。

第3部 悼む・・・・では、亡き肉親や友人・知人を思い、ふるさとを思う人々の姿が涙を誘い、被災地の人々の心情を自分に置き換えると、言いようのない悲しみがこみ上げて来る。

第4部 明日への・・・では、復興へ逞しく力強く立ち向かう人々の姿が・・・、表面的な姿だけでなく気持ちが現れている写真に感動。

 数え切れない程の中から選び抜かれた報道写真だけに、いずれも被災地の状況をシビアに捉えた写真ばかりで、今まで目にしてきた映像とは異なる凄さで、見る人の心に震災の惨さを訴える。
 つい遠くの出来事のように思いがちな気持ちを戒める写真展だったと思うし、もっと多くの人たちに見てほしい写真展である。


 丁度花見の時期と重なったのが影響していたのかもしれないが、新聞で報道されていたにもかかわらず入場者数の少ないのが、もう既に風化しつつあるのではないかと気になった。

 
 ちなみに開催期間は、福岡会場3/28~4/8、北九州会場4/3~4/30
[PR]
by matutaka31 | 2013-04-06 12:01 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/20251486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2013-04-07 07:09 x
隣地区に双葉町の方が避難されてます
一日も早く故郷へとむ思います。
我が家でもまだ手つかずのところが数カ所あり修理と思ってますが
Commented by tetsu807-2 at 2013-04-07 17:18
[東日本大震災報道写真展]今、急きょ調べてみましたら、
明日の午後5時までだそうです。残念!!今日、天神まで
行ったのに知りませんでした。

Commented by matutaka31 at 2013-04-07 20:05
hibochan さんへ
遠くへ避難して故郷へ返れない人がいる人が、
まだたくさんいるというのに、人々の関心は薄れていく・・・。
マスコミの報道は、日に日にすくなって行きます。
最近の原発問題への空気が代わりつつあるのが気がかりです。
Commented by matutaka31 at 2013-04-07 20:08
tetsu807-2さんへ
そうでしたか。
もう一日早くアップすればよかったんですね。
これからもこの種の写真展はあると思いますので、
情報をキャッチしたら早目にお知らせしましょう。
Commented by dojyou38 at 2013-04-09 09:25
この写真展のこと全く汁ませんでした。
朝日を読んでいないし、最近天神に行く機会が少ないので。
地震の復興は歩みは遅いが復興しているようですが、
原発事故処理は先の見通しのない作業に莫大な資金がつぎ込まれているようで、
見るも聞くもむなしい気になります。
Commented by matutaka31 at 2013-04-09 14:08
dojyou38 さんへ
2年も経つと、当時の感覚が薄れていくようです。
この写真展で、改めて被災の悲惨さを思い知らされました。
最近の好景気に、原発反対の空気が変りつつあるのが
気がかりです。
Commented by taminamikawa1 at 2013-04-09 22:26
3・11東日本大震災(福島原発事故含む)から2年が経ちましたが、
改めて、こうして写真展を見て、震災の怖さを再認識されたことでしょうし、防災の必要性が望まれますね。
Commented by matutaka31 at 2013-04-09 23:08
taminamikawa1 さんへ
時の経過とともに人の関心が薄れるのは世の常ですが、
この種の出来事は、風化させないようにしたいですね。
この写真展は、そうゆう意味で有意義だったと思います。


<< 梅の木にセッコクの花が咲いた 間もなく青森市 >>