我家の庭も春爛漫

 冬日に逆戻りしたかと思うと一気に真夏日になってみたり、狂った季節の4月も早今日で終わり。
 人間の一喜一憂とは関係なく季節の移ろいを敏感に感じとるかのように、我家の子猫の額ほどの庭にも、待っていましたとばかり季節の花達が我が世の春を謳歌している。

 庭や生垣に今咲いている花を「コラージュ」で紹介しよう
b0008825_21283659.jpg

 これだけではトランプの神経衰弱みたいだから、その中の幾つかご紹介しよう。

 オガタマ (「招霊(おきたま)とも書く)
b0008825_10143282.jpg

b0008825_10152334.jpg
 もう十数年前、屋久島に行ったとき、訪れた植物園でバナナの香りがする花に出会った。
 初めて出会った木で、そのバナナの香りに魅せられて、珍しさも手伝って挿し木苗を2本買って帰った思い出の木である。
 生垣にレッドロビンの間に植えているが、毎年この時期に白い花がたくさん咲き、バナナがあるのではないかと勘違いしそうなほど、バナナの香りを一面に漂わせている。
 通りすがりの人達は、瞬間立ち止まり、バナナの香りに酔いしれているようにも見える。

ヤマホロシ(ツルハナナスともいう)
b0008825_101781.jpg
 数年前近くを散歩しているとき、庭に見事に咲いているこの花に出会い、花の手入れをしていた」後主人に枝を分けてもらい挿し木したもの。花の色には白と紫がある。
 最盛期には、フェンスを埋め尽くす程の花が咲く。勢い良く蔓が伸びるので、その蔓をフェンスに誘引したり伸びすぎる蔓を剪定したりしなければならない。

チロリアンランプ(浮釣木(ウキツリボク)とも言う)
b0008825_10185513.jpg
 良く見ると、鮮やかな色で可憐な花であるが、いつもうつむき加減な控えめな姿に見える。さして手入れもしないが、この時期になるといつの間にかたくさんの花をつけている。
 この花も枝が勢い良く伸び、つい油断をしていると道路にはみ出てしまうのだが、花が可愛いせいか、クレームつけられるほどのことはなく大目にみてもらっている。

 
[PR]
by matutaka31 | 2013-04-28 21:30 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/20355520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tetsu807-2 at 2013-04-29 17:29
まさに理想の庭園です。そして、理想の菜園 理想がまだ
いくつか付きそうです。
Commented by matutaka31 at 2013-04-29 23:12
tetsu807-2さんへ
なんと言いましょうか、住み心地が良ければ良いと重っています。
フェンスの花は、自分はあまり見ることがないので、他所の人に楽しんで貰っています。(^。^)
菜園は今、夏野菜作りの真っ最中です。
Commented by hibochan at 2013-04-30 07:02 x
素晴らしいお花たち
手入れも大変でしょう。
残念ながら名前初めて聞く花のようでした。
我が家では つつじが見ごろ
Commented by matutaka31 at 2013-04-30 09:20
hibochan さんへ
なるべく手の掛からない花や木を選んでいます。(^。^)
それでも年2回は剪定しないと、空き家かと間違えられそうです。
やはり緑と花のある生活空間は、いいですね。
Commented by dojyou38 at 2013-05-01 09:42
珍しい、そして素晴らしい花をたくさん育てていますね。
傍を通る人たちもきっと癒されていることでしょう。
でも、それなりの手入れ・苦労があっての美しさの演出と思います。
Commented by matutaka31 at 2013-05-01 13:43
南側と西側の生垣は、太陽光線の影響で、花が全て道路側に咲きます。
そのため、私達家族が花を観賞する機会は少なく、通行人の方に楽しんでもらっています。
それでも、花があることは良いですね。


<< 八戸から二戸へ 福岡市原爆被害者の会定期総会で... >>