ひょうたん池まつり

 昨日(5月11日)、私達同じ町内でボランティア活動をする「ひょうたん池花クラブ」とエコを推進するクラブ「ベスタ」の共催「ひょうたん池まつり」を無事終えることができた。
 早朝準備中に小雨が降りすっきりしない天気だったが、終わる頃にはからりと晴れ上がり、心地よい五月晴れの好天に恵まれ、およそ540人の来場者で賑わい、まつりは楽しい雰囲気で滞りなく終えることが出来てよかった。
b0008825_9392571.jpg

 終わった瞬間、ホッとする反面“疲れた!”が率直な感じであったが、来場者の笑顔を思うと心地よい疲れに代わり、一夜明けた今朝は“やってよかった”と、すっきり爽やかな満足感に浸っている。
 一方で、町内の皆さんに楽しんでもらえたかな~と、実行責任者として自問自答している。

 今回で7回目を迎えるこの「ひょうたん池まつり」は、町内で活動する二つのボランティアグループが目的をしっかり共有し、一緒にアイデアを出し合いながら、費用も自前の手作りの「まつり」であることを考えると、多少我田引水的かもしれないが、「Yes」のサインを出しておこう。
b0008825_1082682.jpg
花苗や家庭菜園用野菜苗の販売

 苗は、会員の手作りが主で、他は生産販売農場や糸島農高から仕入れてくる。鉢は、会員の家庭で不要になったものを提供しあった。

b0008825_1394974.jpg

 今年初めての試みとして、省エネ推進の一環として、グリーンカーテンコンテストを行うことにした。まつり当日参加者を募ったところ、既に14名の申し込みがあり、関心の高さが伺われる。
 申込み期限の7月までにどれくらいの参加者になるか楽しみ。(グリーンカーテンコンテスト受付)


b0008825_10203655.jpg
賑わうバザー会場

 主に、各家庭で不要になったもの、会員やその家族の手作り品を提供してもらい、格安でリユースしてもらう。毎年このコーナーは、特にご婦人方の人気が高いが、品集めに一苦労するのが悩みの種。

b0008825_10281074.jpg



 子供達の工作体験コーナーでは、コルク人形と手作り手帳を作って楽しむ






b0008825_10303979.jpg



ヨーヨー釣りを楽しむ







b0008825_1040629.jpg


≪竹とんぼを飛ばして遊ぶ≫
地元公民館館長に自らの手製竹とんぼを提供していただき、飛ばし方を教えていただいた。大勢の子供達が自慢の腕を競いながら大空に舞い上がる竹とんぼ遊びに興じていた。





b0008825_10414238.jpg

≪多肉植物の寄せ植え体験コーナー≫
 珍しい多肉植物を、鉢に寄せ植えを体験させるコーナー。なれない手つきで熱心に寄せ植えする子供達、その姿をじっと見つめる母親・・・、微笑ましい光景の連続。





 今年は手話ダンス、コーラス、みんなで体を動かそうなどのイベントを増やし、観客席に椅子を用意するなど、みんなで楽しむ時間帯を設けたのが好評だった。
b0008825_10581735.jpg

b0008825_1058592.jpg



大人に混じって、クラブ会員の子供さんも加わり、大喝采を受けていた。






b0008825_1125481.jpg


地元のコーラスグループの美声が一層会場の雰囲気を盛上げてくれた。
なぜだかパンダちゃんは首を傾げている・・・?。




b0008825_1141488.jpg



区役所の職員が応援に駆けつけ、パンダちゃんと一緒にみんなで体を動かそう・・・の体操指導。
青空の下、参加の皆さんも気持ち良く体操を楽しんでいた。




この他ピアノ連弾の飛び入りがある等、みんなで楽しいイベントを意識して工夫した結果、軽快なBGMの助けもあり、明るい雰囲気でまつりは進行した。

b0008825_17132145.jpg

 今回のまつりが楽しいまつりになったことは、目的をしっかり共有したみんなの協力即ち関係者一人ひとりの協力の結果以外のなにものでもない。
 それに加えて、支援していただいた町内会はじめ住民の皆さん、西部3Rステーション、西区サイトピア、元岡公民館等々関係者の皆さんの温かい支えがあってこそである。

 終わって感じたことは、「やってよかった!」、「当事者全員の協力に感謝!」、「そして協力いただいた皆様に感謝!」である。そして、もっともっと多くの人たちに喜んでもらえる「ひょうたん池まつり」をめざそう!だった。

[PR]
by matutaka31 | 2013-05-12 09:57 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/20428557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2013-05-12 22:00
「ひょうたん池まつり」の盛会、お慶び申し上げます。
来場者540人とは凄いですね。
フリーマーケットからコーラス・ダンスなど多彩なイベント。
準備が大変だったでしょう。
お疲れが出ないように休養してください。
Commented by tenpai8 at 2013-05-12 22:10 x
数年前・発足の頃に花菖蒲の植付後拝見した時と別世界が展開していて、地域活動の盛り上がりにビックリです。雷山の伏流水が生命を復活、人々に活力を呼び起こして、最高の地域の輪になりましたね!
Commented by matutaka31 at 2013-05-12 22:53
dojyou38 さんへ
有難うございます。
地域に密着した活動の大切さを実感しています。
この地域に無くてはならない祭りになるよう、しっかり根を下したいと
願っています。

Commented by matutaka31 at 2013-05-12 22:59
tenpai8 さんへ
地域の皆さんが喜んでくれることは、自身も幸せな気分に慣れます。
ボランティア活動は、楽しいことばかりではありませんが、心が充たされることの方が多いので、遣り甲斐を感じます。
今まで無事過ごせたことへの、せめてもの恩返しのつもりです
Commented by hibochan at 2013-05-13 07:01 x
手作りのまつり
盛会のようでおめでとうございます。
継続が何より今後の発展お祈りします。
Commented by matutaka31 at 2013-05-13 08:56
hibochan さんへ
有難うございます。
手作りのまつりは大変ですが、創る楽しみと達成感があります。
組織のしがらみが無いので、自分達の自由な発想で創りあげる
ことができるのが良いですね。
これからも、地域の人に親しまれる祭りをめざしたいと思っています。
Commented by よこはま at 2013-05-13 18:33 x
回を重ねて、ますます充実した催しに変わっていっていますね。
周りの方の協力が、きっとひとつの目標に向かっているのでしょうね。

相手に喜んでもらえる…これ以上の 報酬 があるでしょうか?
よかったですね
相手に喜んでもらう…自分を喜ばせる…心にきいてみると同じ(^-^)
Commented by matutaka31 at 2013-05-13 23:26
よこはま さんへ
心が通じ合うことの大切さ・ありがたさを実感する一日でした。
そして普段あまり気にしていないことですが、“相手に喜んでもらえる”ことの大切さを実感しました。
ささやかな生き甲斐を大切にしています。
Commented by 元気ばば at 2013-05-13 23:59 x
手作りイベントということがよくわかります。
須郷ですね
企画された方 大変だったでしょうね
Commented by siawasekun at 2013-05-14 01:17 x
ひょうたん池まつり、・・・・・・。
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

いろいろ見て、楽しめました。
ありがとうございました。

昨日も、とてもあたたかいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、深謝、深謝です。
Commented by tetsu807-2 at 2013-05-17 11:56
回を重ねるごとの大成功!その陰のご苦労が充分に察しられます。
私もある商店街のエリアを中心のお祭りで、少しだけ経験が
あるだけに共感を覚えます。その時の達成感を思い出しました。
Commented by matutaka31 at 2013-05-17 23:10
元気ばば さんへ
手作りのイベントは大変ですけど、実施するまでの過程も
楽しいですよ。
それより、なんと言っても達成感・満足感があります。
Commented by matutaka31 at 2013-05-17 23:12
siawasekun さんへ
地域の人たちとの触れ合いは、楽しいですね。
これからも、喜んでもらえる「まつり」をめざそうと思います。
Commented by matutaka31 at 2013-05-17 23:16
tetsu807-2さんへ
同じような経験をされたのですね。
準備は大変ですが、終わったときの達成感・満足感は
言葉では言い表わせませんね。
みんなが喜んでくれる・・・遣り甲斐を感じます。


<< 福岡市 舞鶴公園の芍薬 旬の味を満喫 >>