被爆68周年 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参加して


b0008825_14425322.jpg

 8月9日、今年も長崎市を訪れた。
 68年前のあの日と同じようにジリジリ照りつける日差しの中、被爆68周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に、思いを同じくする仲間と参加した。
 そこには暑さをものともせず集まった大勢の老若男女の姿があった。



 被爆者の高齢化(平均78歳)が進み、被爆体験を伝える人が少なくなる中で、原爆被害体験が風化することへの懸念がある一方、若者とりわけ学生姿が多いのを見るにつけ、若者による被爆の実相を伝え続ける新しい運動の芽生えを実感することができ、頼もしく感じた。

 通算8回目の参加になる今年の式典では、テレビや新聞では実感することが出来ない、今までに経験したことのない感動的な雰囲気を味わった。

 それは、長崎市 田上市長が訴えた「長崎平和宣言」の内容が今までになく具体的で参加者の心に響く内容であり、宣言の後、会場内は割れんばかりの大きな拍手が長く鳴り響いた。そして続く被爆者代表の「平和への誓い」、長崎県知事「来賓挨拶」の後にも同様の拍手が長く続いたことである。

 
田上市長の「平和宣言」の中で、私が最も感動した一部を要約して引用する
「ジュネーブで開催された核不拡散条約(NPT)再検討会義準備委員会で提出された核兵器の非人道性を訴える共同声明に日本政府は署名せず、世界の期待を裏切りました。
 人類はいかなる状況においても核兵器を使うべきではない、という文言が受け入れられないとすれば、核兵器の使用を状況によっては認めるという姿勢を日本政府は示したことになります。」
 そして、「日本政府には、被爆国としての原点に返ることを求めます」と。

 私が最も心をうたれたのは、三者が異口同音に、総理大臣を目の前に置いて、堂々と政府の態度を批判し、具体的な注文をつけたことである。
 今までにない、きっぱりと態度を表明した、まさに快挙と言っても過言ではない。

 これほどまでに、長崎県・被爆地を代表する3人が相次いで、総理の面前で政府を批判したことは今までになかったことで、今回の非人道性を訴える共同声明に日本政府が署名しなかったことに対する批判と同時に、原発再稼動や原発輸出の動き、更に憲法改正への取り組み等政府の最近の動きに対する批判の表れだと私は感じた。

 それと対照的に総理の挨拶は、何時もと相変わらず抽象的で参加者の心に訴える内容の乏しいもので、終わった後儀礼的な小さな拍手が瞬間起こっただけで、その内容の違いを際立たせる結果になってしまった。
 私はとても拍手する気にはなれなかったし、同行の仲間や周りの人たちも、期せずして同じ想いだったのだろうか拍手もせず静かに見守っていた様子で、「総理は何しに来たんだろうか?」との呟きが聞えた。

 式典終了後、祭壇前に進み、両親と兄そして亡くなられた多くの御霊に、お参りを済ませた。
b0008825_14553374.jpg

 その後、如己堂、永井隆記念館、浦上天主堂、山王神社を訪れ、被爆当時を思い出しながらこれからも被爆体験を語り継ぐ役割の大きさを心に刻んで帰ってきた。


 
[PR]
by matutaka31 | 2013-08-10 13:44 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/20836999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2013-08-11 06:54 x
長崎被爆68年風化が心配ですが
若者たちの頑張りに期待
二度ほど訪れましたが長崎の鐘 永井博士は 記憶に残ってます。
Commented by matutaka31 at 2013-08-11 09:34
中・高生の参加が年々増えていくように感じます。
小学校で被爆体験の証言をするときも、生徒達の
真剣なまなざしに感動させられます。
若者たちは、平和の尊さを真剣に学んでいるようです。
Commented by tenpai8 at 2013-08-11 10:07 x
matutaka31 さん、猛暑の中、ご苦労様でした。私達の同年齢が被爆者の平均年齢になったとは。風化に対する社会的関心が、東電の不始末問題も加わって、今年は大分本音が大きく感じられました。日本国が何を考えているのか、現実と正面直視を! と言いたいですね。
Commented by matutaka31 at 2013-08-11 11:01
tenpai8さんへ
帰ってから、自宅で式典の様子をビデオで見ました。
平和宣言の間中、テレビカメラは総理の表情をアップしていましたが、
総理の目が落ち着きもなく、目玉が終始キョロキョロしていました。
何を感じたのか、何を思ったのか、・・・本音をききたくなりました。
Commented by mamo6381 at 2013-08-11 11:56 x
matutska31sann へ、被爆68年記念式典参加ご苦労様でした。NPTの会議に署名しなかったのはけしからん話ですね。私は平和憲法論者ではありません。憲法改正は必要だと考えています。かつて学生時代「安保反対」を唱えて運動したことを振り返り恥ずかしく思ったことを覚えています。実際何人の人が安保条約を詠み理解していたのでしょう。今の憲法をつぶさに読み解くと、如何に矛盾に満ちたものであるかがよく解ります。
Commented by matutaka31 at 2013-08-12 14:02
mamo6381 さんへ
共同声明に署名しなかったことで、日本は世界の期待を裏切った
だけでなく、疑念を抱かせてしまったと思っています。
憲法改正問題については、政治家や一部の学者に任せるのではなく、もっと国民的議論が必要だと思います。

Commented by dojyou38 at 2013-08-13 17:44
私も「今回の非人道性を訴える共同声明に日本政府が署名しなかったこと」を
大変残念なこと思う以上に怒りさえ覚えます。
世界に先駆けて署名すべきを、しなかったことで日本は諸外国からも軽く思われるのではないでしょうか。
Commented by matutaka31 at 2013-08-15 07:42
dojyou38 さんへ
広島・長崎の原爆投下は、「仕方なかった」と言うに等しい行動
だと思います。
非核3原則も、核廃絶運動も、支持されなくなるでしょうね。


<< 知覧特攻展 車検制度 >>